一覧

杉山輝子・雅則親子が帯広満寿屋商店で地産地消パン作り東京どこで買える?

地産地消でパンを作り続け、年商10億円ものチェーン店となった満寿屋商店のパンは、材料すべてが地産地消。昔ながらの素朴なパンに、親子三代の努力が実っています。首都圏では、東京へアンテナショッブを出しており、十勝の恵みを100%活かした貴重な味を届けてくれます。材料へのこだわりと東京店のデータを調べてみました。

岡田桂子kakigoriほうせき箱店主が氷の聖地奈良の仕掛け人

奈良を「氷の聖地」にした岡田桂子さんのかき氷愛が、地域を活性化させました。 ユニークな見た目と味で、季節ごとに変わるメニューには多くの人が行列を作ります。 地元の氷室神社でのお祭り再現や、ホテルとのコラボイベントなど、「kakigori ほうせき箱」がいかにして氷とともに人気を得たのでしょうか。