富士屋ホテル伝統カレーの歴史!レトルトもありいくらで食べれる?『趣味どきっ!』

(出典 : https://asp.hotel-story.ne.jp)

今回は、140年もの歴史を持つ、

富士屋ホテルのホテルカレー

紹介します。

最古の記録は大正4年という、

まさに伝統のホテルカレー。

創立当時は外国人用の本格ホテル

だったため、当時は珍しかった

洋食が出されていました。

現在も、カレーライスは

いちばんの人気メニューです。

また、レトルトも販売されていて、

全国に味を伝えています。

現在も残る当時のレシピが伝える

「富士屋のカレーライス」の

味の秘密を調べてみました。

富士屋ホテルのメインダイニング「ザ・フジヤ」

富士屋ホテルは、日本で初めての、

外国人を対象にした洋風ホテルで、

1878(明治11)年創業の老舗です。

ヘレン・ケラーや、チャールズ・

チャップリンなど外国の賓客の他、

昭和天皇や皇族も宿泊したことがあります。

メインダイニングの「ザ・フジヤ」では、

当時は非常に珍しかったフランス料理が

出されていました。

↑創業当初のザ・フジヤ。

(出典 : https://asp.hotel-story.ne.jp)

↑現在の「ザ・フジヤ」

(出典 : https://www.fujiyahotel.jp/meal/)

「ザ・フジヤ」には、創業当時から

伝わるレシピがあり、

特にコンソメスープが有名ですが、

カレーのコースも人気があり

現在に至るまで続いています。

ビーフカレーは単品で2,290円

チキンカレー2,200円

他にシーフードカレー、

蟹カレー、ポークカツカレー、

伊勢海老カレーなどがあります。

伊勢海老カレー。

(出典 : https://asp.hotel-story.ne.jp)

ザ・フジヤはディナーは要予約、

ランチは予約なしでも入れますが、

予約で埋まってしまうことが多いので、

いずれも予約するのが確実です。

カジュアルレストラン「ウエステリア」のカレーコース

「ウエステリア」は、メイン・ダイニングの

「ザ・フジヤ」よりは気楽に洋食を

楽しめるレストランで、

子ども連れでも気軽に利用できます。

ランチにはカレーのコースがあり、

ビーフカレーコースは4,480円

シーフードカレーは5,050円です。

こちらも大人気なので、予約がおすすめです。

味の秘密はコンソメと天然水、そしてフォーク

普通のカレーはブイヨンを使っていますが、

富士屋ホテルの名物カレーの味の秘密は、

ルーに溶かされているコンソメにあります。

ザ・フジヤ名物料理のコンソメスープが、

カレーにも使われており、

出汁として隠し味になっているのです。

本格的なコンソメスープは、

調理にひじょうに手間がかかるので、

最近は高級フレンチレストランでも

なかなか出ませんが、

富士屋のカレーにはそのコンソメの

味が生きています。

また富士屋ホテルでは、

ホテル所有の水源から汲んだ

天然水が使われているのも特徴です。

富士屋ホテルに足を運ばないと

味わえない味は、水もまたオリジナルなのです。

そしてもう一つ面白いのは、

富士屋ホテルではカレーを

フォークで食べるということ。

これも140年の伝統なのですが、

理由はナゾです。

年間30万個以上売れているレトルトカレー

そんな名物カレーを自宅で味わえる、

ホテル自社製のレトルトカレー

販売されています。

ビーフカレー、チキンカレーの2種類。

(出典 : https://asp.hotel-story.ne.jp)

年間30万個以上も売れている

大人気のレトルトです。

味は甘口に近い中辛で、

ココナッツミルクを使って

まろやかさを出しているのが特徴です。

「伝説のビーフカレー」

「伝統のチキンカレー」

ともにお値段は810円

他に、

「カレーランチセット」5,065円

もあり、こちらはビーフとチキンの

カレーを2個ずつと、

トマト、にんじん、胡麻、和風の

4種のうち2種類を選ぶドレッシングが入ります。

オンラインショップ富士屋ホテル倶楽部で購入できます。

カレーは洋食か和食か?

日本初の洋風ホテルの富士屋で

カレーライスが登場した当時、

カレーライスはあこがれの洋食

だったのだと思います。

それが100年の時代を経て、

現在は国民食と言われるまでに

普及し、インド本来のカレーとは

異なる形になりました。

そんな歴史を感じさせる伝統の

ホテルカレーが、富士屋ホテルには

残されているのですね。

一度ぜひ味わってみたいものです。

以上、富士屋ホテルのカレーライスについてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする