日本製品不買運動パフォーマンスの矛盾韓国本音は「昼は反日、夜はアサヒ」

(出典 :https://bunshun.jp)

このところ連日続いている、

韓国国民による日本製品の不買運動。

しかし、矛盾も多く、

歴史的に見ても「またやってる」感しか

しないのは、かえって日本人を

冷静にさせる「喜劇」でもあります。

そもそも中身ぶちまけパフォーマンスに

使っている商品は、

まさか強奪して手に入れたの?

いやいや、このパフォーマンスのために

わざわざお買い上げ下さっているわけで、

ある意味ありがとう~だったりします。

市民も市民ですが、政治もどうか

しちゃってます。

文氏は15日、政府の会議で

「結局、日本経済により大きな被害が

及ぶことを警告する」

と述べた。

「日本に警告する」とは、なんとまあ

「上から目線」であることか。

 「警告する」などという言葉が

出てくること自体、韓国は自分の

置かれた立場を分かっていない。

もちろん、韓国の大統領に

日本経済の心配をしてもらう必要は

まったくない。日本は輸出管理を

強化して何も困らないが、

困っているのは自分たちではないか。

韓国はいまや国を挙げて、

上から下まで狂乱状態と言っていい。

それくらい、官僚から大統領まで

責任ある人たちの発言が常軌を逸している。

まるで「床にひっくり返って泣き叫ぶ子供」

のようだ。いったいどうして、

こうなってしまったのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/ ヤフーニュースより

まあ、結局「反日」といえばどんな

八つ当たりも正当化されるんでしょうね。

日常生活でムシャクシャしたら

「反日」でスッキリ発散。

なんて感情的で幼稚な

思考法でしょう。

不買呼びかけが始まって初の週末、

ソウル市陽川区の住宅街にある

スーパーでは

「日本製品を販売しません」

と記された掲示が貼られ、

人気だった4缶1万ウォン(約920円)の

サッポロビールが姿を消していた。

店長はこう話す。

「売り上げが減っても、日本が

『貿易報復』を撤回するまで続ける」

買い物をしていた主婦(70)も支持する。

「隣国同士仲良くしないといけないが、

けんかを仕掛けたのは日本。当然の対応」

https://dot.asahi.com/ アエラdot

韓国に友好的な?朝日系列のアエラでさえ、

その狂乱ぶりを日本に広めています。

マスコミがあおるのはいつものこととして、

実際、韓国人のすべてが暴徒化したわけでは

ないので、中には冷静な意見もあるはずですが、

そっちは報道しないのでしょうか。

かと思えば、同アエラDotでは

こんな微笑ましいニュースも。。。

だが、同じ週末、ソウル市江南区の

複合施設で開かれた

「ソウル酒フェスティバル2019」

の会場は、日本酒の試飲を楽しむ

韓国人の若者らで大賑わいだった。

入場者は過去最高の約7千人で、

2日間で販売予定だった日本酒や焼酎が

1日で完売。

主催者は「影響は全くありません」

と断言した。

https://dot.asahi.com/ アエラdot

まさに「それはそれ、これはこれ」です。

実際、識者によれば、韓国の日本製品

不買運動は、もはや一種の「祭り」みたいな

もので、何かというとヤンヤヤンヤと

やるけど、実際に「効果が出た」

ためしはないのだとか。

しかん万が一?ビールの不買が成功しても

日本から韓国への輸出総額6兆円に対し、

ビールの占める割合は30億円程度。

ユニクロとか無印とかも入れて

がんばっても、実は大して効果が

ないんですね。

さらに過去には、思わずウケタフイタの失笑を

買った、オカモト不買運動も。

言わずと知れたコンドームの会社ですが、

過去に旧日本軍にコンドームを卸していた

という「罪」で不買運動が起きたのですが、

そこはオカモトの世界に冠たる技術力。

韓国でシェア1位の良質な製品は

微動だにしなかった、なんて話もあります。

そんな失敗だらけの歴史を持った不買運動が

今回に限って成功する・・・わけがありません。

その証拠に、自分たちの社会の矛盾点に

気づいている、冷静な市民たちもいるのです。

反日運動と日本製品の人気を揶揄する

笑い話として

“昼は反日、夜はアサヒ(ビール)”

と言われています。

味も美味しく、輸入ビールの中で

アサヒが一番人気があるからです。

日本製品を撤去しても販売店の

売り上げが下がるだけですよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/

ヤフーニュースより

まあこんなものです。

「愛国」なんてポーズにすぎないことは

かの戦争を体験した日本人もよ~く

分かっています。

大部分の市民にとって、

そんなことはどうでもいいのです。

不買運動が政府主導であることは

日本も、そして賢明な韓国国民自身も

分かっているのです。

しかし不利益をこうむるのは

当の韓国人であり、ここは

同情にたえません。

「知り合いがレクサスに乗って

いますが、今朝、前の両輪に

押しピンが刺さっているのを

見つけたそうです。

私も日本のことは嫌いですが、

日本車のオーナーも韓国人なのに、

どうして他人の財産に害を

及ぼすのか分かりません。

みなさんも気を付けてください」

https://jbpress.ismedia.jp/ J pressより

もう、とんだとばっちりです。

中にはキムチを塗りたくられた

日本車もあったそうですが、

オーナーが気の毒というか、

それではただの暴徒だろうと

しか言えません。

政府の失策や、国内の不公平、

不景気などのストレスがたまるたびに、

韓国政府は「反日」「愛国」を

振りかざして

市民のガス抜きを行なうことが

常とう手段になっていると思います。

メディアなどを通じ、不買運動を

あおり、愛国心といって混乱を

美化する。

今回も慰安婦基金の解散、徴用工、

レーザー照射など、度重なる

政府の失策から現在の事態を

招いた、そのことから国民の

目をそらすための、政府の

いつものやり方が出ているに

すぎません。

ま、そのうち収まるでしょう。

日本はやることやってあとは

そっと見守っていれば良いと思います。

以上、韓国の日本製品不買運動の

ちょっと笑えるお話でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする