慶雲館ギネス認定世界最古の温泉宿は秘境にあり!アクセス詳細『帰れマンデー見っけ隊!!』

(出典 : https://www.keiunkan.co.jp)

今回は、世界最古の温泉宿・

慶雲館(けいうんかん)を

クローズアップしたいと思います。

1300年の歴史を持ち、

名だたる武将や天皇までが

この温泉に入ったといいます。

そして、秘境の秘境たる

ゆえんは、そのアクセス。

首都圏に近くありながら、

たどり着くのはたいへんで、

ちょっとした冒険の旅に

なりそうです。

スポンサードリンク

慶雲館の歴史

ギネス認定世界最古の宿 西山温泉慶雲館 初夏TVCM

↑慶雲館テレビCM

「慶雲」とは、史上5番目の

元号からきており、その名の

とおり、慶雲2(西暦705)年に

建てられたそうです。

令和が248番目ですから

たいへん長い歴史という

のが分かりますね。

およそ1300年前ということで、

あのギネスブックでも

「世界最古の宿泊施設」として

登録されています。

↑ギネスブックの認定書。

(出典 : https://www.keiunkan.co.jp)

歴史的な区切りとしては、

高松塚古墳が作られたころ、

遣唐使が帰国したり、

平城京のプランが持ち上がった

ころです。

「慶雲」をウィキペディアを

検索すると、歴史の解説の中に

この慶雲館の創業が書かれている

ほどの、歴史ある宿なのです。

慶雲館のある西山温泉は、

その慶雲2年に、藤原鎌足の

息子であり、僧侶でもある

藤原真人が岩の間から

噴き出している湯を見つけた

ことが起源と言われています。

真人は四方を山に囲まれた

この地に道をつくり、

秘湯として伝えたそうです。

湯は、真人が発見して以来、

一度も枯れることなく

噴き出し続け、

今も源泉かけ流しの

豊富な湯量を誇っています。

天平宝字2年(758年)には、

46代孝謙天皇が京都より行幸し、

慶雲館に投宿、持病が全快した

といいます。

また、武田信玄、徳川家康

西山温泉を「隠し湯」として

訪れています。

そう聞くと、歴史マニアでなくとも、

歴史上の人物と同じ湯に入れる

魅力を感じますね。

スポンサードリンク

西山温泉・慶雲館に泊まる!

秘境の名湯にして、世界最古の宿・

慶雲館に泊まってみたい!と

思った方も多いと思います。

まずは予約・問い合わせの電話番号です。

0556-48-2111

そして気になるお値段は、

基本宿泊プラン

料金 18,360円(消費税込)~
※大人5名様ご利用時、

1室1名様あたり

高級旅館としては普通という感じ

でしょうか。

もちろんゴージャスなお部屋にすると、

このお値段以上になりますが、

そこは予算と相談ですね。

お部屋・北岳

(出典 : https://www.keiunkan.co.jp)

いざ出発!秘境への冒険!

西山温泉は、グーグルマップを

見る限り、まさに山奥の秘境です。

尾根を越えた谷沿いになります。

自動車で行く場合は

中央自動車道から

中部横断道

下部早川ICから約50分

もしくは

河口湖ICから約120分

だそうです。

道中は山越えですので

車窓の緑を楽しめそうです。

公共交通機関で行く場合は

やや大変。

静岡駅から
JR身延線
特急ふじかわ

9:41  11:40   13:40
↓     ↓   ↓

11:10  13:06   15:06

JR身延駅着

もしくは

甲府駅から
JR身延線
特急ふじかわ

12:37  14:36
↓    ↓
13:28  15:28

JR身延駅着

バスの場合は

バスタ新宿

9:45


13:16

身延駅停留所着

いずれも見延駅が第一目標です。

見延駅からは慶雲館の送迎バスが

出ています。(要予約)

13:40

14:50

ただし、この1本だけです。

電車もしくはバスが遅延しても、

送迎バスは定時に発車してしまう

ので、要注意です。

あとは、早川町の乗合バスが

運行しています。

身延駅から乗って終点の2つ前が

慶雲館のある「西山温泉」停留所です。

11:25  13:45  16:45 最終バス
↓   ↓   ↓
12:51  15:11  18:11

こちらも本数が少ないので、

頑張って間に合わせましょう。

もし、最終バスが出てしまったら

タクシーを使うことになりますが、

料金はおよそ15,000円かかる

そうなので、遠い山奥というのが

分かりますね。

旅気分を味わって

秘境という言葉どおりの

西山温泉ですが、到着までの

道のりがまさに旅、という

感じで、到着したらそれだけで

感激してしまいそうです。

日常を忘れたい人へ

お勧めしたい、そんな場所ですね。

以上、慶雲館の紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする