金魚すくいのコツと方法に練習キットもあり名人の極意とはお祭り・縁日に

(出典 : https://kingyoen.net/)

前編の記事はこちら

『ドキュメント72時間』で紹介された、

金魚の釣り堀・寿々木園と金魚の飼い方の記事も併せてどうぞ。

後編では、奈良県大和郡山市の

金魚すくいのプロが教える、

ズバリ「金魚すくいのコツ」を

調べてみました。

このコツを覚えれば、

今年の夏は金魚すくいの

チャンピオン確実です。

いくつかのポイントごとに見ていきましょう。

スポンサードリンク

金魚すくいのコツ

1.ポイの裏表を確認する

(出典 : https://kingyoen.net/)

金魚をすくう「ポイ」には、実は裏表があります。

表は枠の上まで和紙が張られている面、

裏は和紙と枠に段差ができている面です。

コツは表を使うこと。

裏を使うとのりが取れてしまいます。

2.おわんは水面に浮かばせる

おわんは手で持たず、中に水を半分くらい

入れた状態で浮かばせます

こうすると、水から出した金魚を

すぐにおわんに入れることができ、

ポイにかかる負担が減ります。

3.大きい金魚はパス。水面近くの小さい金魚を狙う

プールには、目玉商品ともいえる、

大きな金魚がいますが、

これはあくまでも客引き金魚。

普通のポイではすくえないものも

入っているのです。

これを狙うと強い力で

一気に紙を破かれることも

多いのです。なので、

動きの少ない、小さい金魚を

狙うのが正解です。

スポンサードリンク

4.ポイは、さっと水中に入れる

ポイは、水の抵抗を減らすために

ななめに持ってさっと、

全面を一度で水に入れます

少しずつ入れると、

水に濡れているところと

そうでないところができて

その部分が弱くなるからです。

方向は必ず、金魚の頭から

金魚の逃げ道をふさぎ、

金魚が逃げようとしたところで

おなかの下にポイを入れて

ななめに流すように動かし、すくいます。

水面に出す時には、金魚を

枠に近いところで支えましょう。

4.秘技!尾びれはずし

金魚が尾びれをバタつかせると

和紙が破れやすくなります。

なので、金魚をすくい上げる時に、

金魚の尾びれを枠の外に出した

状態ですくえればベストです。

(出典 : https://iko-yo.net/articles/1426)

スポンサードリンク

名人の極意

名人の域に達すると、

1匹をすくうのにかかる時間は

たったの2、3秒。

ポイヘの負担もほとんどかからない、

一瞬の動きですくい上げるそうです。

そんな名人が「極意」とするのは、

金魚にやさしいすくい方

さっと一瞬ですくって、

金魚自身が気が付かないうちに

おわんに移す。

このレベルに達するのは難しいかも

知れませんが、

ポイを斜めに動かしてすくう、

これだけでも成果は違ってきます。

あとは練習あるのみ。

といっても、お祭りで練習するのは

無理だし、大会に出られるレベルに

なるにはどうしたらいいのか。。。

そんな時には

「金魚すくい練習セット」

ゲットしましょう。

前編ではやまと錦魚園を紹介しましたが、

金魚すくい大会対応練習用セットを

売っている業者さんをもう一軒、

ご紹介します。

スポンサードリンク

金魚すくい本舗公式サイト

(出典 : http://www.kingyo-shop.jp/)

こちらでは、

「金魚すくい用金魚・道具フルセット」

として、

・金魚350尾
(小赤295尾、黒出目金40尾、姉15尾)

・ビニールプール

(幅100cm×奥行65cm×高さ30cm)
(空気入れ付き)

・ポイ …200枚
(注文の際に紙の号数を指定)

大会仕様は5号。

・ひも付き袋2号100枚

・エアーポンプ
・エアーホース(1m) 2本
・エアーストーン 2個

・カルキ抜き

・岩塩200g

・すくい取り容器 2個

・金魚すくい網

・金魚移し用ザル

と、まさに金魚すくいのすべてが

そろったセットが販売されています。

気になるお値段は、12,285円

これまた意外と安いですね。

至れり尽くせりのこのセットで

どんどん練習しましょう。

金魚の飼い方はこちらの記事で

紹介しています。

金魚の釣り堀・寿々木園と金魚の飼い方の記事も併せてどうぞ。

スポンサードリンク

まとめ

金魚すくいの道は奥が深かったですね。

こんな極意を知ってしまったら

お祭りで気合が入りまくって

怪しいヒトになってしまいそうです。

さらには自宅で練習することも

できるとは思いませんでしたが、

金魚すくい全部入りのセット価格が

意外と安く感じたのは私だけでしょうか。

あいにくプールを広げられるほど

広いスペースがないのですが、

かなり気になる金魚道。。。

ハマったら抜け出せなくなるかも

しれない魅力がありますね。

以上、今年の夏に役立つかもしれない

金魚すくいの極意でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする