松岡みやびハープ奏者兼心理カウンセラーのお値段は?『嵐にしやがれ』

(出典 : https://ameblo.jp/miyabi1226/)

今回は、ハープ奏者と心理カウンセラー、二つの顔を持つ松岡みやびさんをクローズアップしたいと思います。

ハープの新しい奏法を編み出し、独自のメソードとして教えているかたわら、心理カウンセラーの資格も取得し、カウンセリングを行っている松岡さん。音楽とカウンセリングに共通点はあるのか、また、ハープ教室とカウンセリングのお値段はどのくらいのものなのか、調べてみました。

スポンサードリンク

目次

プロフィール

ハープ奏者として

心理カウンセラーとして

プロフィール

松岡みやびさんは1973年東京生まれ。

学習院女子高等科に在学していた時に、日本ハープコンクールに最年少優勝し、注目を浴びました。

のち、東京芸術大学を卒業。その後、東京大学の研究課程を修了しています。

従来の方法とは全く異なる独自のハープ奏法・みやびメソードを開発し、東京でハープ教室を開いています。生徒さんは全国から集まっているそうで、中には飛行機で来る人や遠く海外からも学びに来る人がいるそうです。

2014年に発行した『はじめてのハープ教本』は、ハープ界でも大きな話題となり、ハープの教本としては異例の売れ行きを記録したそうです。

(アマゾンのページへジャンプします)

この本は現在アマゾンでプレミア価格がついていますが、近く新訂版が出るそうなので、買いたい人はもう少し待つと良いかもしれません。

日本ハープコンクールアドバンス部門最年少優勝、プロフェッショナル部門最年少で最高位および審査員特別賞受賞。USA国際ハープコンクールでは日本人初の入賞。ジュネーヴ国際音楽コンクールでは、日本人初のファイナリストに選ばれ、世界のトップ3となるなど、輝かしい受賞歴を誇る実力者です。

一方で、2015年には心理カウンセラーの資格を取得。

メンタル心理カウンセラー・上級心理カウンセラーの資格をはじめ、NLPマスタープラクティショナー、FAP療法上級、催眠療法/ヒプノセラピーなどの資格と知識をもとに、音楽と心理学を合わせた独自のカウンセリングを行っているそうです。

ハープ奏者として

みやび・メソードとして、まったく新しいハープ奏法を開発した松岡さん。

そのメソードの「魔法」が公開されています。

魔法1. 指の力で弦を弾かない

一般的なハープ奏法は、指に力を入れて弦をはじくことで音を出すため、指の関節に負担がかかるほか、指先にマメができる、関節炎や腱鞘炎になることも普通にあるといいます。また、音も単調になりがちだと松岡さんは指摘。ハープが普及しない原因だとしています。

みやび・メソードでは、指に力を入れず、手首や腕全体で音を出します。同時に下半身の重心も移動することで、音量が豊かになるそうです。

松岡さんは「弾くハープ」から「歌うハープ」へと奏法を変えたのです。

魔法2.動物テクニック

みやび・メソードでは、手首と腕全体を動かして、多彩な音色や豊かな表現を可能にしています。

その技術の「型」に、動物の名前をつけて覚えるそうです。「キツネ」「ネコ」はては「オバケ」など、楽しい名前で数十種類の「型」を覚えられるようになっています。

魔法3.フェアリー弾き

演奏をする時の状況を、松岡さんは3つに分けています。

一つ目は、自分のためだけに弾く「素人弾き」。二つ目は多くの聴衆のために弾く「女王弾き」。そして3つ目が、たった一人の大切な人のために弾く「フェアリー弾き」。

フェアリー弾きでは、無心に弾くことを心掛け、呼吸を合わせてリラックスする、瞑想などの心理学的な技術を取り入れているそうです。

一種の音楽療法と言えるかもしれません。

みやび・メソードハープ教室では、松岡さんのマンツーマン指導による指導が受けられます。

不定期会員は、60分のレッスンで21,600円、毎月会員は、同じく60分のレッスンで16,200円です。

また、遠望から来る人のためのみやび集中コースでは、120分のレッスンで43,200円となります。

東京の教室に来られない人には、動画会員として、YouTubeで毎月配信されるコースが、月額16,200円で受講できます。

――私は昔、ギターを習っていたのですが、ハープの個人レッスンってすごいお値段ですね。ハープ本体もいいお値段なので、本格的にレッスンを受けようとすると、けっこうお金がかかりそうです。

ちなみに、↓アマゾンで売ってた本格的なハープは、お値段108,000円でした。

スポンサードリンク

心理カウンセラーとして

カウンセリングの技法も、「音楽」「脳科学」「心理学」の知識を合わせた独自の手法を用いるそうです。

対面カウンセリングでは、はじめに松岡さんがハープを演奏し、リラックスできる空間を演出、自分の心との対話を促します。

次に、ここでも動物が登場。3つの動物のタイプ別に分析をします。

・ライオン=人を支配する、他人を責めるタイプ。

・シマウマ=人と分かち合う、自分を責めるタイプ。

・サイ=人のことは気にしない、他人も自分も責めないタイプ。

この分類に脳科学のミラーニューロンという思考法を反映させます。

脳が、無意識のうちに相手の思考をマネしてしまうことで、自分の考えではなく、他人の思考法で考えてしまうことに、人間関係の苦痛や不安があると考えます。

このしくみを理解することで、人間関係を見直します。

また、無意識という領域で、知らずに支配されているさまざまな拘束や禁止などの障害を、「自分が~したい」「してもいい」というルールに置き換えるように導くこと

で、問題の解決を図ります。

これらのみやびカウンセリングコースは、松岡さんによる対面カウンセリングが初回120分で16,200円、2回目以降は90分16,200円となっています。

個人的には、対面カウンセリングの料金は本当にピンキリで相場がつかめないのですが、何回か通うことを考えるとこちらもけっこうお金がかかりそうです。

ちなみに、電話・スカイプ相談コースというものもあるそうで、料金は同じく90分16,200円ですが、遠方の人にはよさそうです。

まとめ

松岡さんの活動は、音楽であれカウンセリングであれ、人と接する、人に語りかけるもの、という印象がしました。

お値段はそれなりにかかりますが、実際に松岡さんのような、技術を持つ人とじかに会って語り合うことでしか得られないものがあると思います。

ネットが普及している今だからこそ、マンツーマンであることの価値が高まるのは意味があるのでしょう。

以上、松岡みやびさんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする