韓国と北朝鮮南北統一で日本を追い越す?文政権の経済発展の夢は実現不可能

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/)

韓国の文在寅大統領が、

ここにきて北朝鮮との

統一の意向を押し出しています。

南北が統一されて力を合わせれば

日本を追い越すことができるというのです。

しかし、それが本当に可能かと

言えば、残念ながら夢物語、

無理ということはわかっています。

それでも国民に向けて統一を

語るのはなぜか、見てみました。

スポンサードリンク

東西ドイツ統合とは規模が違う 南北差は20倍

統一と言えば、東西ドイツの統一が

お手本になるかと思います。

先進国だった西ドイツと、

経済的に遅れていた東ドイツですが、

統一の時の国力差=一人当たりGDPの

格差は西が東の2倍だったそうです。

それでも統一当初は東から流入する

労働者の急増で、西が混乱しました。

しかし、南北朝鮮の一人当たりGDPの

格差は、なんと20倍なのです。

逆に言えば、韓国が、自国の20分の1の

北と統一しても、経済力で世界第3位の

日本を追い越すことはできないということです。

むしろ、北側の安価な労働力が流入する

ことで、特に低賃金、低就職率の若者が

競争と犠牲を強いられる可能性が高いでしょう。

そうした負の側面と効果はあまり語られません。

韓国人は頭ではなく、ハートで考える。

論理や理性ではなく、感性で物事を

理解する。北朝鮮と一緒になって、

日本を超えることができれば

こんなに素晴らしいことはない。

これは素晴らしいことだから、

きっと実現するだろう。

これが韓国人の夢であり、

ただ、感覚的に文大統領の

考えを受け入れてしまう。

スポンサードリンク

韓国の若者は就職難

(若者の体感失業率は25%とさえ

言われている)に喘ぎ、

ヘル世代(地獄を味わう世代)と

呼ばれている。そうした中、

北朝鮮経済引き上げのため

韓国の資金を北朝鮮に投入すれば、

韓国の若者を犠牲にせざるを得ない。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

解決すべき問題を見ずにただ夢ばかり

見て行動すると、思わぬ危機を呼んで、

下手をすると韓国と北朝鮮がともに

沈んで中国の援助下に入る可能性も

あります。

韓国が中国の下につくのは、

日米がもっとも危惧するところです。

しかも、現在の北朝鮮にとって

最も重要なことは、米韓の軍事同盟の

存在です。韓国から経済支援が

あったとしても、米国や日本を

けん制する「新型戦術誘導兵器」の

実力行使は止めないでしょう。

北朝鮮は南北の統一に、

韓国と同じような夢は見ていないようです。

スポンサードリンク

SNSの反応

SNSの反応も、その点を

挙げているものが目立ちました。

「いつかは朝鮮半島は統一します。
ただ、どの様な統一かは、

文の路線では、韓国は北朝鮮に

組み入れられて、共産主義国家と

なる方向でしょうね。
中国が後ろ盾だから、

その分安心と考えるでしょう。」

「北はすでに、交渉相手を

アメリカと日本に絞っており、

文は蚊帳の外…。少し可哀そうだな…。

でも、北にとって、交渉相手は

GDP世界1位と3位の国で、

世界世論を動かすだけの力が

ある国と言う選択肢は間違っていない。」

「文は表情が変わってきた気がする。
冷静を装ってるけど目が泳いでる様な

自信なさげな表情な見える。
やってる事に無理があるけど戻るに

戻れないから余裕ないんじゃないか。」

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

スポンサードリンク

日本を追い越すという甘い夢

国内の失政は、反日という形で

国の外に目を向けさせ、

ガス抜きしてしのぐ。

しかしそれもいつまでできるか

分かりません。

実際、数字が韓国経済の失速を

明示しています。

文在寅政権になって生活が苦しく

なったという人が国民の60%近くに

達している。

一昨年までほぼ10年間、一年当りの

海外投資はほぼ80億ドル程度で

推移していたものが、

昨年は160億ドル強と倍増した。

 また、今年前半の海外勢の韓国投資も

ほぼ半減したようである。これでは

韓国の将来の競争力を奪い、

韓国経済の衰退を招くことは必須である。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

スポンサードリンク

この8月の間くらいは、反日で

騒いで盛り上がれるかもしれません。

しかし、一息ついて自分を見た時、

前よりも苦しくなった生活や、

海外へ流出してしまう投資、

それによる国内の弱体化が見えて

しまうはずです。

そうした現実と向き合わされた時に、

韓国国民はもっとも大事な時間を

反日の狂乱で失ってしまったことに

気づくでしょう。そして国民に

反日をあおることで、自分たちの

失敗を隠そうとした政府のやり方に

気づいたら・・・国内で暴動が

起きかねないと思います。

特に犠牲を強いられている若者たちの

高失業率は、社会の治安を脅かし

かねません。

内乱を引き起こすのは、働きたくとも

仕事に就けず、何もすることがない

まま力を持て余し、貧窮を味わう

若い人々だからです。

スポンサードリンク

3か月後、あるいは2020年に、

韓国がどのようになっているのか。

日米が韓国を含めた三国の足並みを

心配するのは、韓国が脱落することで、

そこから日米の情報がダダ洩れになる

こともあるのではないでしょうか。

反日が翻って文大統領へ矛先を

変える時は意外とすぐかもしれません。

以上、南北統一の夢と現実に

ついてでした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする