ピコ太郎のアイドル嫁・子供は?NHKにも登場今何してるの?『うたコン』

(出典 : https://avex.jp/pikotaro/)

今回は、「PPAP」

(ペンパイナッポーアッポーペン)

世界的大ヒットになったピコ太郎が、

現在何をしているのか、

クローズアップしたいと思います。

2016年に、古坂大魔王がプロデュースする

「ピコ太郎」というキャラクターが誕生。

YouTubeにアップした

「PPAP」(ペンパイナッポーアッポーペン)

「なんか日本のヤクザがド派手な格好して

ヘン歌を歌ってる?」と話題になり、

再生回数1億回を超える大ヒット。

同年には、アジア最優秀動画賞を受賞するなど、

破竹の勢いでヒット街道を飛ばし

一躍、世界で有名な日本人となりました。

日本国内では

「一発屋?」

とも言われましたが、

どっこいいろいろ活動しています。

そんなピコ太郎さんの活動を

見てみたいと思います。

スポンサードリンク

PPAPのヒット後に結婚してた 嫁は?子どもは?

(出典 : https://komatsudayohei.jp/finance/65074/)

ピコ太郎さんは、PPAPのヒットのあと、

2017年にグラビアアイドル・安枝瞳さんとの

結婚を発表しています。

なんと15歳年下の超かわいい女性です。

(出典 : https://www.excite.co.jp/news/article/Prtimes_2017-11-20-14827-725/)

もともと、「芸人界きってのアイドル好き」

公言していたピコ太郎さんですが、

みごとアイドル女性と結婚していました。

とはいえ、二人の交際は4年越し。

つまり『PPAP』が大ヒットする前から、

そして売れた後も付き合っていたことになります。

以前と以降でガラッと生活も変わったと

思われるピコ太郎さんですが、

それでも変わらず交際を続けたのは

いかに本気だったかの現れでは

ないでしょうか。

そして、翌2018年6月には第1子の

女の子が生まれています。

めでたくパパになったピコ太郎さんは、

2019年発表の『完PAPA宣言』

その気持ちを投影しています。

スポンサードリンク

NHKにも登場

2018年夏には『NHKみんなのうた』で

「Can you see? I‘m SUSHI」という

新曲を発表しています。

Can you see? I'm SUSHI~NHK Minna no Uta ver(NHKみんなのうたバージョン)~ / PIKOTARO (ピコ太郎)

天下の公共放送・NHKは、

スキャンダルなどを嫌い、

出演者を選ぶ際に品行方正と言いますか、

独自の基準を設けているという噂もあります。

真偽はともあれ、

NHKの、さらにマジメな子供向け番組で

楽曲を披露したというのは

ある意味ステータスにもなるものです。

もちろん、YouTubeにも動画をアップ。

世界に向けて、日本語と英語をまぜた

インターナショナルな歌詞になっています。

ピコ太郎さんは

「寿司の国なのに寿司の曲があまりにも少ない」

という理由でこの曲を作ったとか。

世界の人に寿司を知ってもらい、

歌ってほしいとコメントしています。

スポンサードリンク

今何してるの?

現在、ピコ太郎さんは

PIKO 10 PROJECT

を進行中です。

新作MVを6月から次々と

YouTubeにアップ。

新たな作風を展開しています。

第一弾は2019年6月14日公開の

『完PAPA宣言』

PPAPA (完PAPA宣言) Interpreted by Miho Hashimoto / PIKOTARO (ピコ太郎 通訳 橋本美穂)

さだまさしさんの『関白宣言』をカバーした

アンサーソングで、

去年、誕生した娘さんの誕生日に合わせて

配信されました。

おなかの中の赤ちゃんが

パパに向けたメッセージというこの曲は、

素敵な父の日ソングでもであり、

ピコ太郎さんの本音の気持ちが

こめられているような、

意外と、かなり真面目な?曲になってます。

コメント欄には

「まさかピコ太郎で泣くとは思わなかった」

「涙腺崩壊」

など、

ピコ太郎さんの真摯な気持ちに

感動する人が続出しています。

『PPAP』とは真逆の

泣ける歌です。

YouTubeの再生回数も、

1週間で50万再生を突破。

日本語の歌を英語の訳詞が追いかける

二か国語になっており、

世界を舞台に活躍する

ピコ太郎さんならではという感じです。

スポンサードリンク

第2弾は6月19日公開の

『WA-DO-ANBE!』(ワドアンベ!)

WA-DO-ANBE! /PIKOTARO(ピコ太郎)

「日本一難解な日本語ラップ」という

この歌はなんと全編津軽弁。

歌詞に英語訳が付いてますが、

「共通語訳もつけてくれ」

と、津軽以外の日本人には

非常にナゾな楽曲です。

これはカラオケにアップされても

ゼッタイに歌えない自信があります。

第3弾は6月26日に公開された

『I’m standing』

I'm standing / PIKOTARO (ピコ太郎)

こちらは歌詞がすべて英語で

日本語が全く出てきませんが、

小学生でも覚えられるといいますか、

「このまま英語の教材にしちゃえ」

というコメントに納得の

しかしとてもシュールな曲です。

前衛劇ですか?

という感じで、『PPAP』

いちばん近い感じがします。

スポンサードリンク

まとめ

一発屋かと思われたピコ太郎さんですが、

プライベートも新作MVも絶好調ですね。

今回調べてとても安心しました。

もうこのままピコ太郎として、

世界を相手に突き進んでほしいです。

グローバル化とか、オリジナリティとか、

世の中はいろいろ言ってますが、

ピコ太郎さんはそれらを

もうしっかりと持っているのです。

日本のタレント界を見回しても

まれなる人材だと思うので

どうかこのまま日英二か国語の

ピコ太郎アートを続けてほしいと

感じました。

以上、ピコ太郎さんの現在の紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする