読んでほしいのは『コウノドリ』ではない!産婦人科を知りたい人へ『透明なゆりかご』

こんにちは。漫画大好き辰巳です。

今回は沖田×華著『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』を紹介します。

妊娠・出産=幸せとは限らない現実を、勇気をもって知りたい人におすすめします。

ところで、質問です。

お父さんとお母さんが愛し合って、望まれて子どもが生まれてくる。お母さんが命を懸けて我が子を産む。産婦人科には命の誕生の素晴らしい奇跡と幸福がある――

と思っていませんか?

だとしたら『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』に大きな衝撃を受けるでしょう。

それらが産婦人科の「光」だとすれば、本作が描くのは、産婦人科の「闇」だからです。

産婦人科医を主人公にした漫画と言えば鈴ノ木ユウの『コウノドリ』がドラマ化もされ有名ですが、私が思うに『コウノドリ』は男性視点の「光」の産婦人科、対して『透明なゆりかご』は圧倒的に厳しい現実としての女性視点の「闇」の産婦人科ではないかと考えるのです。

言い換えれば安心して読めるのは『コウノドリ』、安心して読めないのが『透明なゆりかご』です。

その差は題名からしてもう真逆です。

『コウノドリ』といえば言うまでもなく、赤ちゃんを運ぶ幸福の鳥コウノトリからのネーミングですが、『透明なゆりかご』とは妊娠中絶によって摘出された胎児の「カケラ」を入れるプラスチックの小さなケースのことなのです。そこにあるのは「死」なのです。

産めない、と選択され、この世を見ることなく「始末」される胎児たち。その命のカケラを拾ってケースに収める。それが主人公=作者の仕事だったのです。

あらすじ――重い現実

第1巻に収録されている物語は、人工妊娠中絶。不倫の果ての出産で病院で大喧嘩する男女。病院の玄関口に捨てられていた新生児とその母親の女子高校生。家庭内暴力、妊娠が分かったとたん、連絡がつかなくなった彼氏を頼れず、ひとり中絶を決意する主人公の同級生。母親の交際相手に日常的に強姦されていた小学生の女の子。

主人公=作者が看護師見習いとしてアルバイトをしていた産婦人科医院で出会ったのは、望まれた子どもたちの誕生という幸せとは真逆の現実です。かわいくシンプルな絵柄ですが、内容はものすごく辛いことばかりで、産婦人科の仕事の過酷さが次々と連なります。

辰巳の感想――よかったね、ではすまない妊娠と誕生

さらにつらいのが、その重すぎる現実を背負うのがいつも女性であること。つらい決断を独りで決め、独りで耐え、身体的にも精神的にも深く傷を負うのはいつも女性であることです。男性はごくごく軽い気持ちでセックスして、それっきりという事案のなんと多いことか。

中絶され、透明なゆりかごに収められる胎児たちに、主人公はあえて窓越しの景色を見せ、童謡を歌いながら処置をし、蓋を閉めます。

「胎児はエタノールにはいると、鮮やかな朱色になって光り輝く」「もう死んでいるのにキレイだ」

こんな現実を描けるのは、実際に体験した作者だけでしょう。このセリフだけでも、この漫画が世に出るべきだと強く思います。これはすべての人に知ってほしい現実ですが、しかしほとんどの場合、隠され、人知れず、淡々と消されていく。その「消される」事実を知ってもらいたいのです。

「日本の三大死亡原因って知ってる?」

ドクターに聞かれて主人公は「3位 心疾患、2位 脳血管疾患、1位 悪性新生物(ガン)」と、教科書通りの答えを言います。しかし答えはバツ。本当の1位はアウス=人工妊娠中絶と言われるのです。

「この世に出てきて『おめでとう』って言ってもらえない子がこんなにいるなんて思わなかった」。

現実として日本の人工妊娠中絶は多い傾向にあります。その現実を見ない、知ろうともしないで日常を生きている人が、残念ながらほとんどである社会に、この作品は事実を淡々と見せていきます。その事実に向き合う覚悟を決めたうえで、ぜひこの作品を読んでほしいと思うのです。

作品情報――受賞、ドラマ化

2018年第42回講談社漫画賞少女部門を受賞しています。

また、NHK総合ドラマ10にてテレビドラマ化もされました。重い現実を扱うゆえ、民放では腰の引ける作品だと思いますが、NHKが果敢に挑んだ結果、文化庁芸術祭大賞、2018年のギャラクシー賞月間賞、第56回ギャラクシー賞上期奨励賞を受賞など、おおきく評価されています。

ドラマの公式サイトはこちら↓

https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/

作者・沖田×華とは・・・

「以前から病院を舞台にしたドラマや漫画に違和感を感じていた」という作者は、なかなかにハード人生を歩んできたようです。

学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、アスペルガー症候群の上に、場面緘黙症と過眠症を患い、首つり自殺までしたことがあるという、そうとうに生きづらいであろうと思われる人です。それでも、自分自身が経験し、違和感を持ったという世界を扱った本作でブレイク。他人事ながらよかったねとしみじみ思わずにいられません。本作ではそうした本人の障害には触れられていませんが、障害をテーマにした『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』、『ニトロちゃん:みんなと違う、発達障害の私』なども発表しています。

*******

『透明なゆりかご』

沖田×華(おきた・ばっか)著

KC Kissコミックス 講談社 2014年~連載中

*******

以上、『透明なゆりかご』の紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする