ホワイト国とは何か?除外賛成が9割の世論で韓国の懸念と日本への影響は?

日本製品の不買を訴える韓国のデモ

(出典 : https://anonymous-post.mobi/archives/11714)

日本は8月にも、韓国を「ホワイト国」から

除外する閣議決定を出すと言われています。

そもそも「ホワイト国」とは何なのか?

「ホワイト国から除外」すると何が

起こるのでしょうか?

韓国政府はホワイト国除外を

どう見ているのでしょうか。

日本への影響はあるのでしょうか。

世論の流れとともに見てみました。

スポンサードリンク

ホワイト国とは

現在、日本によって「ホワイト国」と

認定されているのは27か国です。

オーストリア、ベルギー、ブルガリア、イギリス、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、チェコ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペインスウェーデン、スイス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン

2004年に、アジア圏で唯一、

韓国も選出されたのですが、

これを除外しようというのが

最近の動きです。

では「ホワイト国」とはどんな国

なのでしょうか。そして認定されると

どうなるのでしょうか。

日本と同じように輸出のコントロールを

していて、世界の平和を脅かす貨物を

出さないことを徹底している国です。
これらの国は、それぞれが輸出管理を

徹底しているため、日本としても

必要最小限の規制に留めて輸出の

効率性を維持しています。

ただし、ホワイト国への優遇措置は

厳格に定義されており、例えば

ホワイト国を経由した非ホワイト国への

迂回輸出(ex.日本→韓国→北朝鮮)などは認められません。

(出典 : https://hunade.com/yushutukanri-whitekoku)

輸出された商品がその国の中で

軍事用に流れていないとしっかり

分かること、さらに第三国に流用を

しないと分かることを条件にして、

それがクリアできる国なら信用して、

日本側の面倒な手続きを一気に

省略しましょうという優遇措置、ですね。

リストを見ると欧米がほとんど

ですが、韓国がなぜ入っていたのか、

逆に気になります。

しかし、現実的に見て、

韓国は、国家間の条約を守らない国としても認識が広がっています。
条約は、各国の国内法に優先される

べき存在であり、国内法を利用して

条約を破ることはできないとされています。
やはり、世界各国が合意したルールすら

守れない国にホワイト国認定はおかしいです。

(出典 : https://hunade.com/yushutukanri-whitekoku)

製品が主に北朝鮮・中国に流れることも

もちろんですが、「約束を守らない」国・

韓国を日本は信用できないと表明

しているとも言えます。

スポンサードリンク

ホワイト国を外されるとどうなる?

(出典 : https://diamond.jp/articles/-/190955)

ホワイト国除外が天下の一大事の

ように言われていますが、

実はたいしたことないのでは、

という意見もあります。

たとえば、ホワイト国のリストに

台湾は入っていませんが、

何の問題もなく輸出入は行われています。

韓国も他のアジアの国と同じように

すればいいだけ、という考えです。

何も新しいことはないという意見は

ある面で正しいでしょう。

ただ、やり方によっては痛手にできるのが事実。

韓国に輸出する人は、契約ごとに

個別許可を取得しなければならなく

なります。許可に要する日数は

日本政府次第であるため、

審査期間を長くしたうえで

問題が見つかれば「不許可」と

の決定もできる仕組みです。

これまでは、ホワイト国に指定

されていたため、禁止リスト以外の

産品はほとんど「包括的に許可」を

受けていましたが、今後は、

契約ごとに個別許可が必要です。

客観要件の確認には時間がかかるため、

これを審査の名目にすれば、

許可までに要する時間を引き延ばせます。

日本政府の裁量次第となります。

https://hunade.com/yushutukanri-whitekoku

スポンサードリンク

さんざん待たせておいて不許可、

といういやがらせ?もできる、

ということでしょうか。

台湾やベトナム、タイなどとは

ニコニコと貿易しても、

韓国にはネチネチと重箱の隅をつつく、

というちょっと陰湿な手もないわけではありません。

また、除外という決定に、国から

企業へのメッセージがあると見る識者もいます。

日本政府は、韓国をホワイト国から

除外することで、韓国にいる製造企業の

撤退を促していると予想します。

これまでは、物価の低いアジア圏の中で、

唯一のホワイト国であったため、

先端素材を使う各種製造企業は、

韓国に進出するメリットがありました。

しかし、今後は他のアジアと同様の

扱いになるため、人件費の部分で

メリットが少ないうえに、煩雑な

手続きが必要になるので、撤退は

十分にあります。

そういう意味でも日本政府は

「さっさと韓国から撤退しろ」

というメッセージを出している

気もします。

ホワイト国の認定はずしは、

今後の韓国経済に致命的な影響を

与える可能性もあるのではないかと考えます。

https://hunade.com/yushutukanri-whitekoku

今回の「ホワイト国はずし」を、

日本政府が日本企業に宛てた

裏メッセージととれば、

政府の姿勢はかなり強硬であると

想像できます。

今は執行猶予の時間で、

早く動けという通達ともとれるのです。

スポンサードリンク

輸出制限と不買運動で利害が一致?

韓国では日本製品の不買運動が

盛んにおこなわれています。

ならば、ホワイト国から外れ、

日本からの輸出が減るのは、

韓国的にも願ったりかなったり

なのではないでしょうか。

輸出しない・買わない。

なんだか利害が一致しているようにも見えます。

ネットの書き込みも、むしろ日本製品

不買をあおるものが多いです。

・なんでもかんでも反日不買で、

経済破綻して勝手に滅んでくれよww

・んじゃ全て止めて見るか、二年位、

その後どう成ったか覗いたら百年前に

戻っていたなんてね。

・そしたら、日本の銀行からも

融資を受けるの止めたら?

・反日?大いに結構ww 日本製品は

全てボイコットしてください! 

食品・文化・文具・電化製品・車

など優良品はすべて日本製品ですよねww

・とっとと日本からの輸入を

全面禁止にすりゃいいじゃないか。
勿論、フッ化水素など3素材を含めてなw
日本製品に頼らない生活こそ世界一の

反日国家の面目躍如たるものが

あるんじゃないのか? 

いっそのこと日本に日本製品ボイコット

しますんで輸出しないでと言えば良いのにね。

・そんなに不買不買と云うなら、

三品目含め、日本から韓国への全ての

輸出停止しても問題無いね。文句無いよね?

・不買運動、どんどんやってくれ!!!
近い将来、不買しようにも日本製商品が

入らなくなるのだから

(出典 : https://www.youtube.com/watch?v=Fi4xkpIolQI)

スポンサードリンク

日本が輸出に煩雑な手続きを

課すことと、韓国の日本製品

不買運動は、まあ確かに利害が

一致してますね。

それが現実的かどうかはともかく、

日本政府もその辺をたかくくって

見ているような気がしてきます。

公募意見韓国除外に9割賛成

「ホワイト国」から韓国を除外する

ことに関して、一般の見方はどうなのでしょうか。

手続き簡略化の優遇を受けられる

「ホワイト国」から韓国を除外する

ことについての意見公募が24日深夜、

締め切られる。

寄せられた意見は3万件を超え、

9割以上が除外に賛成する意見だった。

政府関係者によると、通常の意見公募で

寄せられる意見は数十件程度で、

3万件を超えるケースは極めて異例だという。

(出典 :https://www.yomiuri.co.jp/world/20190724-OYT1T50284/)

スポンサードリンク

政府にとっても想像以上に大量の

意見だったようですが、

その実に9割が賛成というのは、

政府としても見逃すことはできないでしょう。

しかし韓国側は、世論が不買運動を

展開する傍らで、24日に「ホワイト国」の

除外撤回を日本に意見書提出しています。

政府的には不買運動には与しない

ということでしょうか。

韓国政府は24日、輸出先として

信頼できる「ホワイト国」から

韓国を除外する日本政府の方針について

「不当な輸出規制強化だ」と

強い遺憾を表明し、

撤回を求める意見書を日本政府に提出した。

成允模・産業通商資源相が発表した。

日本政府はホワイト国除外方針に関し、

24日に意見募集を締め切るため、

期限に合わせ意見書を送った。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000041-jij-kr)

スポンサードリンク

まとめ

私自身は韓国人の友人がいるので、

すべての人が報道されるような

過激な反日一色ではないと思っています。

しかし、国家間の問題としては、

こう何度も約束を反故にされ、

レーダー照射のような一触即発の

事態も招いておきながら、

ホワイト国としての優遇は受け

続けたい、日本は謙虚になるべきだ、

という論調には同意できません。

今までの互恵状態を破られた以上、

日本は毅然とした態度を取り、

国際法に100%準拠したうえで、

正々堂々と「ちゃぶ台返し」をすると

いいと考えています。

日本だって怒ることはあると世界に

向けて公表するのはよいことだ

と思います。

スポンサードリンク

というか、むしろ今までよく我慢したと思います。

今後、日韓の間が壊滅的に悪くなって

しまうとしたらそれは悲しいですが、

それでもお互い冷静に歩み寄る方法は

外交の中にあるはずです。

「赦す気がないなら謝罪を求めてはいけない」

というヨーロッパ人の論理は非常に鋭いです。

日本と韓国にはこの論理が不足しているのではないでしょうか。

以上、「ホワイト国」の周辺についてでした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする