日本、サムスンに半導体材料輸出を許可するも韓国側は非難継続SNSの反応

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/)

日本は8日、韓国に対し、半導体

材料の輸出を1件許可しました。

規制後初の輸出となります。

しかし韓国では、この許可の情報を

受けてもなお、日本からの経済攻撃は

続いているとして規制を非難する

態勢を崩していません。

スポンサードリンク

日本政府の「輸出許可」の意図は

日本政府が7月4日に打ち出した、

フッ化水素、フォトレジスト、

フッ化ポリイミドの3品目に対する

輸出規制は、強化された審査に

約90日かかるだろうと予想されていました。

今回許可の下りた案件が、いつから申請を

出していたのかは不明ですが、

長期の取引実績のあるサムスン系列

会社であると推測されています。

世耕弘成経済産業相は

「我々の措置は禁輸ではなく、

正当な取引には(輸出手続きの)

恣意(しい)的な運用はせずに

厳格な審査を踏まえて許可を出す」

と強調しています。

日本の規制は経済攻撃ではなく

厳正で公正な審査であると

内外に公表した形になりました。

スポンサードリンク

韓国からの非難止まらず

一方、今回の輸出許可の情報を

受けたにも関わず、韓国の日本非難は

止まっていません。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/)

李洛淵(イ・ナクヨン)首相は

日本政府の決定を韓国に対する

経済攻撃だと規定し、

「世界指導国にふさわしくない

不当な措置であり、自由貿易最大の

恩恵国として自己矛盾」と批判した。

その上で「韓国政府は日本の経済

攻撃が原状回復されるよう外交的

努力を強化する」と付け加えた。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000036-jij-kr)

強化措置に関しては「不当な処置で、

自由貿易の最大の恩恵国として

自己矛盾している」と批判。

今後は素材・部品産業の国産化を

進めていく決意も示した。 

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000036-jij-kr)

スポンサードリンク

と、許可が下りた案件については

事実を伝えるのみで、非難の姿勢は

変わっていないのが問題です。

国内外に対し、振り上げたこぶしの

下ろし場所がなくなったよう

にも見えます。

いずれにしても、審査を経れば

輸出入に問題はないと示した

日本に対し、韓国側もいたずらに

反日を長引かせれば、政府間の

あつれきは強くなるでしょう。

スポンサードリンク

SNSの反応は

今回の輸出許可を受けて、SNSでも

いろいろな意見が上がっています。

「きちんと審査した結果が白なら

輸出はするのに何をそんなに

騒いでいるんですか?という

冷静な我が国のスタンスが

頼もしい限りです。」

「正規の手続きをも済ませば、

取引頑張ってできると言うことで、

経済報復や規制ではないと他国に

わかるようにしたのは良いこと

だと思います。
ですが、許可してもいまだに報復だの

制裁だの、撤回を求めるだのと因縁を

ふっかけてくるのなら、いっそ禁輸に

してあげれば良いと思います。」

スポンサードリンク

「今回の件は、規制管理の厳格化の

一環としての内容なので、問題が

無かったなら適切な対応だと思います。
でも、制裁措置を発動する時は、

情け容赦無い制裁でメリハリ

付けください。
その時は、韓国経済破綻に

繋がる制裁を!」

「韓国側が「こちらが厳重に抗議

したから日本がビビッて許可を

出した」と勘違いする可能性があるな。

これからも日本は強く出れば折れる国なのだと。

今後も告げ口や不買運動をすれば

日本は折れるとますますエスカレート

させる気がする。我々の勝利と勘違い

しているのでは?とても不愉快」

「自分たちの抗議行動が結実した

とでもいうのでしょうね。日本は

はなから管理手法の変更と言い

続けていたことを忘れて。
これで図にのるようだったら

審査期間を百日とするか禁輸と

するかの対応をお願いします。」

「この後の反応は容易に想像出来る。
「日本が自分の誤りを認めた!

韓国の外交が勝利したのだ!」
…だから、最初から輸出管理を

厳しくするだけだって言ってたでしょ?
これで調子に乗って、徴用工

訴訟の差し押さえ資産現金化を

加速してくれると、その時こそ

本格的な制裁の名分が出来る。」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000036-jij-kr

スポンサードリンク

ともあれ、日本が出した

今回の許可を

「韓国の戦いの勝利」

と韓国政府が宣伝した場合、

韓国国民がどれほど政府に

感謝するでしょうか。

むしろ、国内の経済問題の

無策から国民の目をそらす

ために日本という敵の存在が、

韓国政府にはまだ必要なの

ではないかと思います。

この問題が長引いてほしい

のは韓国政府かもしれません。

スポンサードリンク

日本の次のカード

世耕弘成経済産業相は8日の

会見で、今回の輸出許可について、

さらに条件を付けています。

7月4日に規制を強化した

半導体関連3品目以外にも、

「厳格なチェックのなかで、

(半導体関連の)3品目以外にも

具体的な不適切事例が出てくれば、

徹底的な再発防止策を講じたい」と発言。

28日に発動される輸出優遇国

グループA(旧ホワイト国)からの

除外に続く「第3弾」の規制強化を

示唆しました。

武器転用の恐れがあるために

国際的に厳しい輸出管理が求められる

品目で短納期の発注が繰り返される

といった「不適切な事案」があれば、

半導体関連3品目と同じく韓国向けの

「包括許可」の対象から外す

ことなどを示唆した。

具体的な品目は明かさなかったが、

韓国側に適切な輸出管理をするようクギを刺した形だ。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000046-asahi-bus_all)

スポンサードリンク

今回は公正に許可を出したけど、

「不適切」なことをすればさらに

規制します、という条件を示しました。

アメリカが韓国に防衛費の負担

増大を求めていることもあり、

日本も強気に出る余地がある

ということですね。

悪く言えばアメリカのお墨付きです。

しかし、アメリカがあくまで経済

レベルの話にしぼっている半面、

日本と韓国の間は、経済の問題に

政治家が首をつっこんで

かき回している状態です。

今回の許可で韓国が「それはそれ、

これはこれ」という考え方を

持てなければ、問題は当分解決を見ないでしょう。

以上、日本の輸出許可おりたよ~

というニュースでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする