船越英一郎元妻松居一代の連れ子を息子として養子縁組『スカッとジャパン』

(出典 : https://web.archive.org)

今回は「2時間ドラマの帝王」

「世界一崖の似合う男」と呼ばれる、

あの船越英一郎さんの家族について

クローズアップしたいと思います。

ぱっと主演作は思い出せないけど、

2時間ドラマにはいつも出ている

気がする・・・

いつもクライマックスには崖の上に

立っている気がする・・・

(出典 : https://www.iza.ne.jp)

そんな独特の存在感を持つ

船越英一郎さんですが、

女優の松居一代さん

結婚~離婚をしています。

船越英一郎さん

松居一代さんの間に

お子さんは生まれませんでしたが、

松居さんの連れ子だった、

当時13歳の息子さんとは特別な

関係を築いているそうです。

再婚相手の男性が、女性の

連れ子を殺めてしまうという

悲しい事件が続いた

今日この頃ですが、

船越英一郎さんの愛情は

本物でした。

スポンサードリンク

松居一代さんとの結婚~連れ子との養子縁組

2001年、船越英一郎さん

42歳の時に、当時45歳だった

松居一代さんと結婚しました。

船越英一郎さんは初婚でしたが、

松居一代さんは再婚で、連れ子の

息子・隆一さんが13歳の時でした。

芸能界のおしどり夫婦と言われ、

2006年には毎年11月22日の

「いい夫婦の日」にちなんだ

『パートナー・オブ・ザ・イヤー』も

受賞しています。

しかし、息子さんは、

子どもでも大人でもない、

とても微妙な年ごろだった

こともあり、

「新しいお父さん」が

決まったことに、いろいろと

考えたかもしれません。

それでも、船越英一郎さんは、

隆一さんをとてもかわいがり、

息子として養子縁組をしています。

血はつながっていなくても

親子として2人はつながったのでした。

息子の就職活動を応援

隆一さんの成長に、

船越英一郎さん

よき父親として伴走して

きました。

自身の仕事が多忙であっても、

受験に失敗したときは手厚く

サポートし、就職活動の時も、

全面的に協力。

みごと第一志望の会社に

内定が決まると、男泣き

したそうです。

血はつながっていなくても、

船越英一郎さんはまさに

隆一さんのよき父親だった

のです。

スポンサードリンク

息子の言葉が離婚の決断に

しかし、松居さんとの結婚生活は

いろいろと障害が続き、

やがて、隆一さんが独立する

までは、という空気になって

いきました。

船越英一郎さんにとって

決定的だったのは、愛する

隆一さん自身から、

「お母さんから離れた方が

いいんじゃないか」と言われた

ことだったそうです。

実の息子同然に育ててきた

隆一さんの言葉だったからこそ、

船越英一郎さんはそれを重く

受け止め、離婚を決意したと

言われています。

そうして息子さんが家を

出て行くのに合わせる

ように、妻との離婚を

進めることになった

そうです。

船越英一郎さん

松居さんは翌2016年に

離婚が決まりました。

スポンサードリンク

血はつながっていなくても家族に

最近のニュースでは、女性の

新しい交際相手が、女性の

連れ子を殺めてしまうという、

悲しい事件が続きました。

動物行動学で言われる「子殺し」

という現象が原因とされる

そうした行為は、あくまでも

動物的な本能の話で、

血がつながっていなくても

子どもを愛する人は

たくさんいます。

船越英一郎さんもまた、

血のつながらない子どもと

養子縁組をするほど、

愛情を注いでいました。

しかし、離婚は避けられ

ませんでした。

それでも船越英一郎さんは、

「お母さんと離婚しても、

自分の息子でいてほしい」

語ったそうです。

船越英一郎さんの愛情深さが

伝わってくるエピソードですね。

実は、船越英一郎さん

松居さんの間には、女の子が

授かっていたそうなのですが、

残念なことに胎内で心臓が

止まっていたことが

分かり、流産していた

そうです。

なので船越英一郎さんに、

血のつながった子どもはいない

ことになります。

だからこそ、隆一さん

大切にしたい気持ちが

あるのではないでしょうか。

「家族」という枠の中で、

凄惨な事件が相次ぐ中、

船越英一郎さん

エピソードは「血」よりも

濃い絆を示している

と思います。

それは、子どもにとって、

もっとも必要な愛情であり、

血がつながっていなくても

家族になれる、という人間の

すばらしさだと思うのです。

以上、船越英一郎さんと、

養子縁組した息子の隆一さん

紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする