性犯罪者に対する化学的去勢とは?実施国とその方法・効果はあるか

(出典 : https://news.nicovideo.jp)

12月18日、元TBS記者の山口敬之から

性被害を受けたとしてジャーナリストの

伊藤詩織さんが起こしていた民事裁判で、

伊藤詩織さんが勝訴しました。

悪質な性犯罪が繰り返される中、

性犯罪の厳罰化を望む声や、

性犯罪者に対する去勢を論じる

声が上がっています。

すでに法制化して去勢を行って

いる国もあります。

そこで、薬物を使用する化学的去勢

ついて、実施している国の事情や、

その効果、あるいは限界とともに、

日本での導入に関する意識調査を

見てみました。

スポンサードリンク

化学的去勢とは

化学的去勢とは、薬剤の投与・

服薬によって、男性ホルモンの

一種のテストステロンを抑制し、

性欲を減退させるものです。

抗男性ホルモン薬と呼ばれる薬の

MPA(メドロキシプロゲステロン

酢酸エステル)が使用されます。

このMPAは、避妊薬の一種として

一般に販売されているものでもあり、

去勢専用の薬ではありませんが、

投与中は男性ホルモンを抑制します。

投与をやめれば男性ホルモンは

元に戻るので、恒久的な去勢、

あるいは断種には至りません。

化学的去勢を実施している国

現在、化学的去勢を実施している国と

地域は、アメリカの8つの州と、カナダ、

ドイツ、オランダ、ポーランド、スイス、

デンマーク、スウェーデン、フィンランド、

ノルウェー、モルドバ、韓国です。

いずれの国でも、刑事罰ではなく、

治療という前提に立っており、

身体を欠損する刑ではないとしています。

アメリカでは、性犯罪者本人の

希望に対して行われる場合と、

懲役刑との自由選択で行われるもの、

あるいは刑務所からの出所の条件として

化学的去勢を課している州があります。

スポンサードリンク

化学的去勢の方法

化学的去勢は、上記の薬剤・

MPAを注射、あるいは錠剤の

服用によって投薬します。

これにより、男性ホルモンが減少、

睾丸が委縮し、性腺の機能を

停止させ、性衝動を抑えます。

化学的去勢の効果と限界

化学的去勢を施された受刑者の

中には、「人生が変わった」と、

その効果を実感する者もいると

いいます。

アメリカ・オレゴン州の調査では、

化学的去勢を受けなかった

性犯罪者の再犯率が20%近かった

一方で、化学的去勢を受けた人

からは再犯者が出なかったという

データもあります。

また、日本でも行われている、

認知行動療法という心理学的

治療よりも効果が大きかったと

いいます。

韓国でも、化学的去勢によって、

性的欲求が大きく抑制された

という結果が出ています。

反面、化学的去勢の限界も

あります。

性犯罪というものが、性欲よりも

むしろ支配欲やコントロール欲

基づいていることが多く、

そうした犯罪者に対し、性欲を

抑えても完全な抑止にはなりえ

ないというものです。

こうした事例には、前述の

認知行動療法による、

認知=考え方の歪みの是正の

方が有効と言われています。

スポンサードリンク

化学的去勢の日本での導入に対する意識調査

化学的去勢は、すでに複数の国で

導入されていますが、日本での導入は

ありえるのでしょうか。

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の

男女1,664名を対象に行った

意識調査では、

男性の55%、女性の67%が性犯罪者の

化学的去勢に賛成するという結果が

出ました。

年代別では、男性がすべての年代で

5割台の賛成を得ており、

40代が最多でした。

女性は年齢にかかわらず6割台が賛成で、

特に30代では74%が賛成しています。

さらに、回答者を子どもを持つ人に

限定してみると、化学的去勢

賛成する割合が男女ともに増加して

います。

20~30代女性でとくに80%に上る

のは、未成年者への性犯罪に対して

厳罰化を望む声と言えるでしょう。

(出典 : https://news.nicovideo.jp)

スポンサードリンク

厳罰化と被害者保護を

アンケートでは賛成が過半数となった

化学的去勢ですが、日本で導入される

ようになるかどうかは未知数です。

精神科医の香山リカさんのように、

明確に反対を表明している心理学者も

います。

しかし、そもそも立件自体が非常に

難しく、被害者がセカンドレイプに

さらされる日本の現状では、まずは

立件のハードルを下げることが

急務でしょう。

その上で、有罪となった性犯罪者に対し、

化学的去勢を行うか否かを考えるのが

順番ではないかと思います。

勇気をもって、大きな困難に立ち向かい、

声を上げる被害者が、無理解なバッシングを

受けたり、人格を貶められたりすることの

ない社会を強く望みます。

以上、化学的去勢とその是非に

ついてでした。

性犯罪の刑が軽い?

去勢できない理由に

ついてはこちら

性犯罪・性嗜好障害とは?

治療法や料金は

『ETV特集 性犯罪をやめたい』

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする