マスクが品切れ売り切れいつまで?楽天 アマゾン ヤフオク メルカリで高騰ツイッターの反応

(出典 : http://idsc.tokyo-eiken.go.jp)

新型コロナウイルス肺炎

脅威を受けて、市場では

マスクの値段が高騰して

います。

ネットでも、通常の10倍

近い価格で出品されている

など、問題も上がっています。

そうした現状と、実はマスクでは

コロナウイルスの予防はできない

という事実もお伝えしたいと

思います。

スポンサードリンク

ドラッグストア 100均ショップ コンビニは売り切れ

ドラッグストアや100均

ショップ、コンビニなど、

街ではマスクが軒並み

品切れになっています。

入荷しても一人一箱などの

購入制限がかけられたり、

品薄だったりして、需要に

供給が追い付いていません。

ツイッターでも、マスク

入手できなかった人たちの

つぶやきがたくさん上がって

います。

マスクだけでなく、除菌スプレーや

消毒用アルコールなども売り切れて

いるようです。

こうなると、コロナウイルスでは

なく、一般の風邪や、インフルエンザ

などにかかってしまいそうです。

アマゾンも在庫なし プライム出品は高騰

街で買えなければネット通販で、

と考えますが、ネットでも

マスクは高騰しています。

アマゾンの在庫はほとんどありません。

↑業者出品のものは、100枚入りの

箱で3万円超えも珍しくありません。

↑こちらの本格防護マスクは

25枚入りでなんと100万円です!

スポンサードリンク

楽天も品薄・高騰

↑こちらは150枚入りで19,800円。

↑こちらは100枚入りで、

15,999円です。

↑最近はやりのブラックマスクは

23,300円でした。

アマゾンも楽天も、通常の10倍

近い値段がついているものが

ほとんどでした。

今後どうなるのか見当もつかない

状態ですね。

スポンサードリンク

ヤフオク、メルカリも高額取引に

ヤフオクでマスクを検索すると、

こちらは店舗とは対照的に、

大量の出品がありますが、

オークション価格はうなぎ

のぼりです。

↑入札は12、価格は8,750円まで

せり上がっています。

メルカリの出品も高騰していますが、

次々と売れています。

ヤフオクもメルカリも、高額でも

手に入れたい人が多いことが

分かります。

通常価格で千円程度の箱マスクが

7~8千円で転売されていますが、

それでも落札・購入されています。

あまりの高額と品薄状態に、

昭和のオイルショックを連想する

人や、高騰に対しても一時的な

ものと冷静な意見はありますが、

残念ながら少数派です。

しばらくはこの状態が続く

のでしょう。

スポンサードリンク

自作する人も

SNSには、家族のために

マスクを自作しているママの

つぶやきもありました。

手作りマスク(大人用・子供用)

アマゾンで材料が揃うネットの

無料型紙と作り方動画を記事に

しましたので参考にしてみて

ください。

マスクではコロナウイルスの予防はできない?

実は、市販の一般的なマスクでは、

コロナウイルスの予防法としては

あまり有効ではありません。

むしろマスクは、すでに感染症に

かかってしまった人が、せきや

くしゃみをして他の人に

移さないために必要なものなのです。

それでもないよりはマシ?

というのが、実態です。

マスクをしていても、マスク

触った手で、目や口を触って

しまえば、感染はあり得ます。

なので、マスクとともに、

手洗いをしっかり行うことが重要です。

コロナウイルスの感染力は

はしかやインフルエンザより

低いですし、致死率も、

猛威を振るうインフルエンザ

よりは低いです。

デマや恐怖心に踊らず、

冷静に対処したいものです。

以上、品切れ・高騰する

マスクについてでした。

↓別記事もご参照ください。

正しいマスクの着け方や手洗い消毒

国内での危険度の見極め方

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする