新型肺炎コロナウイルス予防法はインフルエンザと同じ!正しいマスクの着け方や手洗い消毒を徹底

診察を待つ人であふれる武漢の病院

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

新型肺炎コロナウイルスの予防法は

日本でも4人目の感染者が

発見された新型コロナ

ウイルスですが、効果的な

予防法はあるのでしょうか。

マスクをつけて外出している

人が多く見られますが、

マスクは果たして有効な

予防と言えるのか。

私たちにできることを

調べてみました。

スポンサードリンク

正しいマスクの着け方

まず、一般的なマスクについて

ですが、結論から言うと、

予防法としてはあまり有効

ではありません。

その点では、風邪もインフル

エンザも同じで、予防には

基本的にならないといいます。

逆にマスクは、感染症にかかって

しまった人が、他人に移さない

ようにするために必要な

アイテムなのです。

それでも、ないよりはマシ。

正しい使い方をして、

感染の拡大を防ぐことが

大切なのです。

いくつかのポイントは

しっかり押さえて使用

しましょう。

マスクに触った手で目や鼻を触らない

風邪も新型コロナウイルスも、

基本は接触で感染します。

なので、せっかくマスク

防御したのに、そのマスク

触った手で目や鼻を触って

しまうと、菌をつけてしまう

ことになります。

マスクの着けっぱなしはダメ

マスクは1日に何度も取り

換えるもの、と思ってください。

風邪やインフルエンザ、肺炎の

症状が出ている人と接したら、

マスクは汚染されたものとして

捨てましょう。

同居の家族に病人がいるなど、

濃厚接触がある場合は、

1回ごとにマスクを付け替える

くらいの用心が必要です。

マスクは着け方も大事

(出典 : https://news.yahoo.co.jp)

↑の写真のように、

鼻が出ている着け方は

アウトです。

(出典 : http://idsc.tokyo-eiken.go.jp)

↑のイラストのように、

鼻から口までしっかり覆い、

なるべく隙間を作らない

ようにしましょう。

多少息苦しいかもしれませんが、

そこはガマンです。

スポンサードリンク

正しい手洗いのしかた

予防という点では、

マスクよりも頻繁な手洗い

大事です。

外出から帰ってきたときや、

自分がせきやくしゃみをした

後は、手洗いを徹底します。

手洗い前に注意

手を洗う前には以下に

注意しましょう。

・爪を短く切ります。

指先や爪の間は洗いにくく、

菌が残りやすい場所です。

・時計や指輪などを外します。

こちらも、しっかり洗うために

必要なことです。

また、

・指の間
・親指の周り
・手首
・手のしわ

などは意識しないとよく

洗えず、汚れが残ります。

手洗いの重点ポイントと

して覚えましょう。

手洗いのしかた

1.手を流水で濡らし、

せっけんをつけ、手のひら、

手の甲をよくこすります。

2.指先と、爪の間をしっかり

こすります。

3.指の間をこすります。

4.手首まで洗います。

くわしくは、ガチャピンと

ムックが解説してくれる↓の

動画を見てください。

ガチャピン・ムックの正しい手洗い方法

ガチャピン・ムックの

正しい手洗い方法
東京都福祉保健局監修

スポンサードリンク

手で触るものは消毒

接触感染は手で触ることで

菌が付着するケースが多い

ので、手でよく触る場所は

消毒が必要です。

ドアノブや水道の栓、

パソコンのマウスや

キーボード、そして

スマホなどは要注意、

消毒用エタノールなどで

こまめに消毒しましょう。

咳エチケットとは

万が一、自分が保菌者になって

しまった場合は、他の人に

移さないようにすることが

重要です。

咳エチケットを守って感染を

広めないようにしましょう。

↑アニメ『進撃の巨人』を

モチーフにした感染症予防の

ための咳エチケットの解説

(出典 : https://news.yahoo.co.jp)

マスクをするのはもちろん

ですが、マスクなしの状態で

咳やくしゃみをするときは

ティッシュやハンカチで

口と鼻を覆い、しぶきが

飛ぶのを防ぎます。

また、ティッシュなどが

ない場合は、袖や上着で

覆います。手で覆うと、

そのあとに触ったところに

菌を付着させてしまいます。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスも予防はインフルエンザと同じ

ここまでの解説を見て、

インフルエンザと同じだと

思った人、そのとおりです。

新型コロナウイルスも、

咳やくしゃみなどのしぶき

から感染する飛沫感染や、

長い時間同じ部屋にいる

などの濃厚接触が原因

だからです。

感染力という意味では、

新型コロナウイルスよりも、

インフルエンザの方が強いと

言われています。

新型コロナウイルス

感染が今後どのようになるか、

予想はできませんが、

一見して症状のない場合でも、

潜伏期間中である可能性は

あります。

今のうちからしっかり対策を

とることで、大規模な感染

拡大を防ぎたいものです。

自分も感染している?

不安な時の問い合わせ先や

検査法、治療法はこちら

新型コロナウイルス肺炎の

感染力と国内での危険度の

見極め方はこちら

マスクが品切れ、価格高騰

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする