遠見才希子(産科医師)のプロフと結婚は?不妊治療と出産を経た現在の病院は『ドキュメント72時間』

(出典 : https://www.mashingup.jp)

今回は、4月17日オンエアの

『ドキュメント72時間』に登場する、

産婦人科医の

遠見才希子(えんみ・さきこ)さん

クローズアップしたいと思います。

遠見才希子さんは、医学生時代から、

中高生に向けた性教育の講演を行い、

全国を回っています。

そんな遠見才希子さん自身、結婚後に

不妊に悩み、不妊治療の結果、子どもを

授かりました。

今回オンエアされる

『ドキュメント72時間』は、

非常に反響の大きかった回を再編集した

ものですが、放送から6年を経た現在、

遠見才希子さんが勤務する病院などを

調べてみました。

スポンサードリンク

遠見才希子さんのプロフィール

遠見才希子さん

1984年生まれ。

2005年に2浪の末、聖マリアンナ

医科大学に入学しています。

入学してほどなく、性教育と、

中高生に対して同世代の仲間(ピア)が

性の相談を受けたりアドバイスをする

ピア・エデュケーションのことを知り、

興味を持ったそうです。

行動力のある遠見才希子さんは、

すぐに『NPO法人カタリバ』の

スタッフとして性教育の活動を

始めます。

モットーは「もっと気軽に楽しく、

そしてまじめに性を考える場」を

作ること。

これが中高生に圧倒的な支持を受け、

口コミで依頼が殺到するほどの

反響を得ます。

遠見才希子さんは、えんみちゃん

ニックネームで、翌年2006年には

単独で性教育の講演を開始しました。

講演は現在も行なっており、

全国・300か所以上で実施しています。

講演の依頼はこちらのURLから

2009年、大学4年生の時に、

中高生向けの性教育の書籍とDVD教材の

『自分と相手を大切にするって?

~えんみちゃんからのメッセージ~』

出版しています。

また、2011年には、初めての著書、

『ひとりじゃない 自分の心とからだを

大切にするって?』を出版しています。

同年に大学を卒業し、研修教育に

定評のある千葉県の亀田総合病院で

研修医としての勤務をはじめました。

2014年収録の『ドキュメント72時間』

この頃のもののようです。

まだショートヘアで、現在のトレードマークの

お団子ヘアでないのが初々しいですね。

(出典 : 本人ブログより)

その後、遠見才希子さんは、2018年に、

7年務めた亀田総合病院を退職して、

大学院に進学します。

研究のテーマは人工妊娠中絶や性暴力に

ついてということですから、なかなか

ハードですね。

このころは、横浜東口クリニックで勤務も

していたようです。

遠見才希子さんは結婚してる?子どもは?

(出典 : https://www.mashingup.jp)

遠見才希子さんは、『ドキュメント72時間』

収録年と同じ、2014年に30歳で結婚しています。

旦那さんに関しては情報がありませんでしたが、

「めちゃくちゃ働いてた」という頃のことなので、

職場結婚かもしれませんね。

しかし、お子さんにはなかなか恵まれず、

産科医の遠見才希子さん自身が不妊治療を

受ける立場になったそうです。

そして2018年にやっと女の子を授かりました。

この経験について、遠見才希子さんは、

「不妊を体験したことは、産婦人科医として

本当に貴重な経験だったと思います。

『結婚して何年目? お子さんは?』なんて

何気ない一言が、当人にとっては辛い。

ほしいけどできない、ということを身をもって

体験できたのは、大きいですね」

と語り、つらい体験も自分の糧にされた

ようです。

同じ悩みを抱えて病院に来る女性にとっては

力強い味方ですね。

スポンサードリンク

遠見才希子さんが現在勤務する病院は?

遠見才希子さんは現在、

対馬ルリ子女性ライフクリニック新宿

勤務されています。

女性医師9名と、カウンセラー5名が在籍する、

女性のためのクリニックで、女性の悩みを

受け止めているのです。

↑対馬ルリ子女性ライフクリニック公式サイト

(出典 : http://w-wellness.com/)

住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-14-1

伊勢丹新宿店 B2F
電話番号

03-6273-1220(予約不要)
休診日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

もちろん、性教育の講演も、出産後

3か月からすぐに再開し、現在も

続けているそうです。

また、2019年には雑誌FRaUに

記事を執筆。「22歳の彼が避妊をして

くれなかった…女子高校生のリアルな

性の現状 ~安全に「アフターピル」を

入手できるようにするために~」と題し、

女性にとって必要な情報の発信を

されています。

この記事は同誌の

「2019読まれた記事Best10」の

第8位にランクインしました。

中高生の性教育だけでなく、大人に対しても

広く性の情報を伝え、また、安心して

医療が受けられるように活動されている

「えんみちゃん」こと遠見才希子さんが、

もっと多くの人に知られるといいなと

思いました。

以上、女性医師の遠見才希子さん

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする