児島気奈(K-PRO)の経歴とお笑いライブへの思い今の芸人に感じる足りなさとは? 『セブンルール』

(出典 : https://trendnews.yahoo.co.jp)

今回は、12月3日オンエアの

『セブンルール』に登場した、

K-PRO代表の

児島気奈(こじま・きな)さん

クローズアップしたいと思います。

自称「お笑いと結婚した女」という、

お笑いにすべてを捧げる

児島気奈さんは、なぜそこまで

お笑いのライブに情熱をかける

のでしょうか。

お笑い芸人に向き合う真摯な

姿勢と、だからこそ感じる

「足りなさ」。

そして今後の目標について

調べてみました。

スポンサードリンク

経歴 児島気奈はお笑い芸人だった

児島気奈さんは、小学生の

時からお笑いに目覚め、

高校時代には、テレビ番組を

録画しまくり、自分で編集まで

していたといいますから、

相当のマニアです。

また、お笑いを通じて文通して

いた相手に誘われて、お笑い

ライブの裏方の手伝いをする

ようになって、お笑いのライブの

世界にのめりこんでいたそうです。

さらに、大学時代には、お笑いが

好きすぎて、自ら芸人にもなっています。

トリオもピンも経験しますが、

残念ながらあまり売れなかったようです。

しかし、この時の経験が、ウケる

ことの大変さや、スベった時の

心臓に悪い気持ちの実体験に

つながり、現在の活動に生きて

いるそうです。

芸人としては花咲かなかった

児島気奈さんですが、それでも

お笑いの世界から離れることはなく、

21歳の時に自主ライブを開催、

お笑いの舞台を作る道へと

方向転換します。

翌年2004年、22歳にして、

お笑い制作会社「K-PRO」を

立ち上げ、ライブを主催する

ことで新進のお笑い芸人に

舞台を提供することになりました。

現在、児島気奈さんは37歳

ですが、結婚や子どもの話題は

ありません。

「自分はお笑いと結婚したから」

と言い切るほど、お笑いの世界に

生きているのです。

児島気奈のお笑いライブへの思い

年間に50回以上のライブを主催する

児島気奈さんは、自身も養成所の

講師や、イベント大会の審査員を

務めたりと、忙しく活動しています。

(出典 : https://gakumado.mynavi.jp)

テレビに出演する機会も少なくなく、

裏方でありながら表の仕事もこなして

いるわけですが、その時も、ライブの

面白さを伝えたい、という気持ちで

いるそうです。

テレビのバラエティ番組も好き

だけど、生のライブで見る面白さとは

ぜんぜん違う。芸人さんとお客さんの

距離が近く、芸人さんがお客さんの

目の前でネタを披露する迫力が

伝わってくる。

また、お客さんがみんな笑うことで

一体感が生まれる。そうしたことが

テレビにはない、ライブの良さ

だからだそうです。

スポンサードリンク

児島気奈が今のお笑い芸人に感じる「足りなさ」

K-PROを立ち上げて15年に

なる児島気奈さんには、

イマドキの若手芸人に変化を

感じているといいます。

まず、「売れるための目標を

さだめている」人が多いこと。

もちろん、芸人なら売れるために

並々ならぬ努力をするのはみんな

同じです。

しかし、かつて児島気奈さん

お笑いの世界に入ったばかりの

ころは、「芸人とは生き方だ」と

言われ、全身全霊・寝ても覚めても

芸を考え、芸の道を極めようとする

人たちの世界だったのです。

それが今はお金を稼ぐ手段、職業の

一つとして適度な距離感を持っている

人が多くなったのだそうです。

売れるためにはどんなステップを

経て行くか。ドライに計画を

立てて進む人が増え、

「××歳までに売れなければ辞める」と

さっぱりしている人が多い。

児島気奈さんにとってそういう

「きちんと計画された道」のある

人生は、まじめでスマートなものに

映るのです。もっとがむとゃらに、

泥臭くあがいてもいいのではないか。

そう思うとき、きれいでまじめな

生き方はもったいない、と思うのだ

そうです。

スポンサードリンク

今後の目標

児島気奈さん

はあくまでもライブの世界に

生きている人です。

だからこそ、ライブや劇場から

お笑いのブームを起こしたいと

思っているそうです。

これまでのお笑いのムーブメントは

テレビから発信されてきました。

それを、ライブの劇場から起こしたい。

ライブの世界からお笑い界を盛り上げて

いきたいと思っているといいます。

そしてもう一つは、お笑い芸人さん

たちがお笑いのギャラ一本で生活

できるようにしたい、ということ。

一時期、吉本興業のギャラが不当に

安いというニュースが話題になり

ましたが、そこそこ名前の売れている

芸人さんでも、お笑いのギャラだけ

では生活できない実態を変えたい、

お笑い芸人の業界そのものへの

挑戦にも、児島気奈さんは果敢に

いどんでいます。

以上、お笑い制作会社K-PRO代表の

児島気奈さんの紹介でした。

ではでは~

児島気奈さんが主宰するお笑い

制作会社K-PROの記事はこちらです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする