お笑い制作会社K-PROとは?なぜギャラがいい?スタッフに厳しい理由は?ライブ配信も『セブンルール』

(出典 : 児島気奈さんツイッターより)

今回は、12月3日オンエアの

『セブンルール』に登場した、

児島気奈(こじま・きな)さんが

主宰するお笑い制作会社・

K-PRO(ケープロ)

クローズアップしたいと思います。

関西の吉本興業に匹敵する、関東の

雄として、お笑い芸人さんたちから

絶大なる信頼を寄せられるK-PRO

どんな会社なのか、調べてみました。

スポンサードリンク

お笑いライブ制作会社K-PROとは?

K-PROは、自称「お笑いと結婚

した女」という、児島気奈(こじま・

きな)さんが、2004年、22歳の時に

お笑いのライブを制作・主催する

ために立ち上げた会社です。

「お笑いのライブ」は、多くの場合、

芸能事務所が主催して、その

事務所に所属するお笑い芸人が

出演するものとなっています。

たとえば、吉本興業の場合、

複数の劇場を吉本が所有して

おり、若手芸人がその舞台に

立つことができます。

しかし、東京を中心とした

関東のお笑い界は、芸能事務所が

主催するライブはほとんど

ありませんでした。

そのため、関東のお笑い芸人が

ライブに立つチャンスが

なかったのです。

そんな状況で立ち上がった

K-PROは、いわゆる芸能事務所では

ないため、事務所の垣根を超えて

芸人たちが集まることができる、

フリーの芸人でもエントリー

できるライブを主催しています。

若手のお笑い芸人たちに、

舞台に立ち、ライブで実力を

磨くことができるように、と

定期的に主催されるライブは、

多い時は月に50本以上あります。

(出典 : ウィキペディアより)

昨年2018年からは、本格的に

芸人のマネージメント業務に

力を入れ、所属の芸人を抱える

までになりました。

K-PROのライブはなぜギャラがいい?

ライブに出るお笑い芸人さんたち

から見たK-PROの特徴は、

ギャラがいいことだとといいます。

以前、吉本興業のギャラが不当に

安いとニュースになりましたが、

それなりに名前の売れている

芸人さんでも1回のライブの

ギャラは電車賃で消えてしまう

ほど少ないのだとか。

ニュースでも、「1円」と書かれた

明細をツイッターにあげた芸人さんも

いました。

しかし、K-PROでは「出てほしい

芸人にはいくらでも払う」を

モットーに、芸人さんの「価値」を

しっかり保証したいという姿勢を

貫いているそうです。

中には、赤字になるライブもある、

という中、それでもちゃんと

ギャラを払う姿勢は、むしろ、

芸人さんたちの方が

「こんなにたくさんもらえる

んですか?」と言うほど、

喜ばれているとか。

そんな経済状態を一番心配して

くれるのも芸人さんたちで、

彼ら自身が率先してお客を

呼んで盛り上げてくれる

のだそうです。

主催者の児島気奈さんは、

「全部、芸人さんたちの

おかげ」と、あくまでも

謙虚に話しています。

そんなギャラの世界すらも、

K-PROでは笑いのネタに

なっており、恒例ライブの一つに、

勝ち上がるたびに賞金が倍になる

『トッパレ』というものがあるとか。

(出典 : 児島気奈さんツイッターより)

その『トッパレ』で、ある芸人さんが

5,000円からどんどん勝ち上がって、

8万円まで行ったときは、さすがに

高いと思った児島気奈さんが、連覇を

阻止しようと強豪に次々声をかけた

という話もあったそうです。

スポンサードリンク

K-PROはスタッフに厳しい

手厚いギャラで芸人さんには

優しいK-PROですが、半面で

裏方のスタッフさんに対しては

非常に厳しかったそうです。

茶髪は禁止。

派手な服装やおしゃれは禁止。

芸人との親しい関係はご法度。

などなど、まるでお堅い大企業の

ようなルールを敷いていたと言います。

理由は切実なもので。若い女性が

一人でイベントを主催して奮闘する

姿に、世間の目が応援どころか

不審の目を向けることが多かったから

児島気奈さんは振り返っています。

それでもなんとか理解されたいと、

必死に作ったルールだったのです。

ところが、そんな厳しいルールにも

全く違反しない、「無欲」で「品行

方正」な人ばかりがスタッフに

応募してくるようになり、逆に

芸人さんたちが、お笑いの流行の

世界に乗っていけるのかどうか

心配するほど地味な会社になって

しまったとか。

さすがに現在はそこまで厳しくない

そうですが、お客さんに楽しんで

もらうことが一番である以上、

裏方のスタッフにはきっちりと

したけじめを徹底しているそうです。

スポンサードリンク

K-PROのお笑いライブ配信

K-PROは、ライブの面白さを

発信するために、積極的に配信を

始めています。

2017年、動画サイトのGYAO!と

提携して。お笑いライブを

全編配信する「KinG LIVE」を

スタート。

さらに2019年9月からは、

ParaviでK-PRO主催のライブの

定期配信をはじめました。

ライブに来れない人にもライブの

雰囲気が伝わることで、K-PRO

目指す、テレビにはないライブの

良さが広まってくれるといいですね。

以上、お笑い制作会社K-PRO

紹介でした。

ではでは~

お笑い制作会社K-PROを立ち上げた

児島気奈さんの記事はこちらです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする