末廣三知代さん(東急ハンズ)は結婚してる?祖父の盆栽や母の遠距離介護がヒントに『セブンルール』

(出典 : https://tv.yahoo.co.jp)

今回は4月7日オンエアの

『セブンルール』に登場した、

末廣三知代(すえひろ・みちよ)さん

クローズアップしたいと思います。

DIYグッズとユニークな品ぞろえで

根強いファンを抱える東急ハンズ。

その渋谷スクランブルスクエア店で、

グループリーダーを務める

末廣三知代さんは、

「アナログな売り場づくりの仕掛け人」と

番組で紹介されました。

勤続21年のバリバリキャリア

ウーマンの末廣三知代さん

ですが、結婚はされている

のでしょうか。

渋谷店と新宿店での勤務をとおして、

自転車売り場以外はすべて経験した

という、売り場一筋のつわものの

印象でしたが、売り場づくりの

ヒントは「家族」にあったようです。

スポンサードリンク

結婚はしているの?旦那は?

末廣三知代さん

現在、44歳。

結婚されており、旦那さんと

都内で二人暮らしだそうです。

(出典 : https://tv.yahoo.co.jp)

番組紹介にあった、この画像の

男性が旦那さんではないかと

思われます。

お子さんがいるかどうかは分かり

ませんでしたが、44歳という年齢を

考えると、お子さんがすでに独立

されているかもしれませんね。

祖父の盆栽がヒントに

売り場づくりが本当に楽しい

という末廣三知代さんですが、

そのヒントは意外なところから

ひらめいているようです。

2015年に東急ハンズ渋谷店の

ハンズカフェで行なわれた、

期間限定イベントの一つは、

末廣三知代さんが提案した

盆栽カフェでした。

それまでも「人工衛星カフェ」、

「深海ラボカフェ」、「恐竜カフェ」

などユニークなテーマとコラボして

きたハンズカフェですが、盆栽カフェ

なかなかない発想だと思います。

末廣三知代さんが、盆栽カフェ

思いついたのは、おじいさんの趣味の

盆栽からだったそうです。

いやいやしかし、盆栽とカフェを

くっつけてしまうのはなかなか

できない発想ですよね。

内容は、盆栽職人による剪定の実演や、

学芸員によるトークショー、盆栽に

関するパネル展示の他、盆栽そのものの

販売も行なうという、まるで美術館で

行われるイベントのようなものだったとか。

カフェとしても、盆栽のラテアートが

かわいい抹茶ラテや、盆栽パフェ、

盆栽ティラミスなど、不思議なメニューが

そろったそうです。

(出典 : https://www.fashion-press.net)

↑右が五葉松の盆栽を描いたラテアート。

(出典 : https://www.fashion-press.net)

「樹脂粘土で盆栽用ジオラマ

パーツをつくろう」という

ワークショップでは、小さな自然を

イメージしたパーツづくりも。

こういう手作りのための道具が

そろっているのが東急ハンズの

魅力ですね。

スポンサードリンク

母の介護が仕事の「気づき」に

順風満帆に見える末廣三知代さん

お仕事ですが、2012年からお母さんの

介護のために、片道8時間かけて

東京から愛媛県の実家まで通っている

そうです。

お仕事も忙しいのに、休日は遠距離

介護となると、途中で燃え尽きて

しまう人も出そうな状況ですが、

そんな中でも末廣三知代さん

思いがけない仕事のヒントを得る

ことができると考えているそうです。

8時間の移動の間は、情報誌などで

新しい商品の情報を仕入れ、

新商品として取り扱いを決めたり

するのだとか。

まさに休む間もなくという感じですが、

末廣三知代さんにとってお母さんの

存在は、仕事を頑張るための

モチベーションだといいます。

介護も決して深刻になることなく、

むしろゲームをクリアする感覚で

楽しみながらこなしていく。

それが次の仕事にプラスの効果を

生んでくれるのだそうです。

末廣三知代さんのバイタリティは、

なかなか真似できない、すごいもの

だと思います。

仕事も介護も、互いに影響しあい

ながら、良い効果を生み出すものに

できるのは、末廣三知代さん

強さの表れでしょう。

(出典 : https://style.nikkei.com)

スポンサードリンク

ネット通販が隆盛する中、お客と

対面して商品を売っていく在り方は、

アナログかもしれません。

しかし、末廣三知代さんのような、

バイタリティ溢れる人と出会い、

物を売ることが好きという店員さんと

あれこれ話しながら物を選んで買うと

いうことは、自分では全く知らなかった

新しいことを知るきっかけや、

お買い物の未知なる楽しさがあると

思います。

東急ハンズのような、こだわりの

ある店なら一層、その分野が好きという

店員さんの「モノ愛」に影響を受け

ながら楽しんで買い物ができる、

アナログの醍醐味を感じさせて

くれる場所であってほしいものです。

末廣三知代さんがいる渋谷スクランブル

スクエア店で買い物がしたくなりますね。

以上、東急ハンズの敏腕リーダー、

末廣三知代さんについてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする