宿木カフェ&レストラン 保護猫シェルターとイタリア料理&バー

今回は、保護猫シェルターの

猫カフェと、本格イタリア料理

レストラン、バーなど、

いろいろな顔を持つ

宿木カフェ&レストラン

クローズアップしたいと思います。

やりたいことの一つ一つが

集まって今の形になったという、

オーナーの吉永由美さん&

マッシモ・ペテノさん夫妻が、

猫の街・谷中でオープンさせたのは、

宿木カフェ&レストランという

名の、ちょっと変わったお店でした。

猫と触れ合う猫カフェですが、

里親さんとのマッチングの場

でもあり、お料理がおいしくて、

本格的なバーでもある。

そんなお店に至った二人の思いを

見てみました。

スポンサードリンク

プロフィール

吉永由美さんは、子ども時代から

大の動物好きで、将来は保護猫を

殺処分から救う活動をしたいと

強く思っていたそうです。

同時に、飲食店で働きながら、

いつか自分の店を持ちたいと

夢見ていました。

高校卒業後にオーストラリアへ

留学し、現地のカフェで働き

ながらバリスタなどの資格を

取ります。

このとき出会ったのが、

今の夫であるイタリア人の

マッシモ・ペテノさんでした。

マッシモさんは、イタリアや

オーストラリアのレストランなどで

10年以上働いていたベテランで、

バーテンダーやバリスタの資格も

持っていました。

吉永由美さんは、さらに

イタリアへも留学。

イタリアならではのスローフードや

郷土料理を学びます。

現在、宿木カフェ&レストラン

地ビールや食材を提供してくれる

人々との人脈も築きました。

宿木カフェ&レストランとは

(出典 : https://kaiten-portal.jp)

そして二人は満を持して、

日本でお店を開くことを決めます。

この時、やりたいことがいろいろと

頭に浮かんだといいます。

猫カフェで保護猫のシェルターを

作りたい、本格的なイタリア料理が

食べられるようにしたい、

カフェ・バーもしたい、

猫の街と呼ばれる谷中でお店を

持ちたい。。。

できあがったプランは、今までにない

お店のビジョンでした。

吉永由美さんマッシモさん

やりたいことすべてが互いに補い合う、

特色あるお店が、2018年夏に

宿木カフェ&レストランとして

オープンしたのです。

スポンサードリンク

猫カフェと本格イタリア料理

(出典 : https://kaiten-portal.jp)

いわゆる猫カフェの多くは、

資金繰りに苦労して閉店することも

多い業態だといいます。

ただ「好き」というだけでは

行き詰まると思った吉永由美さんは、

自分たちのできることを全部

詰めこんだ場所を作ろうと決めました。

一般的な猫カフェは1時間いくら

という料金制ですが、宿木カフェ&

レストランでは、1ドリンク、

1フードのオーダー制としました。

そのかわり時間を気にせず猫たちと

触れ合うことができる、

新しい仕組みの猫カフェになりました。

保護猫の譲渡は、猫と人間のお見合いを

積極的に行なって、1匹でも多くの猫を

救いたいという思いで運営されています。

しかし、お店やSNSに里親の条件は

書かれていません。

人と猫をつなぐのだから、そこは言葉で

伝えたい、という思いがあるからです。

また、年齢や性別などの条件で里親を

断ることもしていないそうです。

すべては猫が幸せになることがいちばん

里親候補の人には実際にお店に足を

運んでもらって猫との相性を見て

決めるといいます。

また、料理も本当においしいものを

食べられる、猫の存在を抜きにしても

レストランとして自立できるものを

出すことに決めました。

人気メニューはトマトのラグーパスタ

(1,300円)や、モッツァレラ

インカロッツァ(1,200円)などの、

イタリアの家庭料理。

コーヒーは100%アラビカ豆使用の

カプチーノなど、本格派の品ぞろえです。

また、10種類のジャムとアンティパストは、

シチリア島の知人から仕入れ、無添加

無香料の8種類のフレーバービールは

ベネチアの業者から特別に卸して

もらったりと、レストラン&バーという

形でも妥協はしていません。

↑イタリア直輸入の激レアフレーバービール

(出典 : http://catravan.fun)

吉永由美さん&マッシモさんは、

初めてのきっかけは猫に会うため、

2回目はおいしい料理を食べるため

きてくれたらうれしい」と語っています。

スポンサードリンク

今後の展望は

吉永由美さん&マッシモさんは、

次の目標として早くも2号店の

出店を考えているそうです。

お店が増えれば、保護できる

猫の数も増やせるから、という

のが理由だそうです。

自分たちの持っているスキルを、

保護猫のシェルターという

業態といろいろ掛け合わせて、

飲食店に限らずに、人と動物の

関係を築く新しい場所にしたいと

思っているといいます。

猫の街・谷中に幸せな猫のお店が

増えるといいですね。

以上、宿木カフェ&レストランと、

オーナーの吉永由美さん&

マッシモ・ペテノさん夫妻

紹介でした。

ではでは~

ネコノミクスの経済効果と実例や関連サービス

招き猫のお菓子

てしま旅館の猫庭の保護猫活動とグッズ販売等で寄付支援

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする