加藤桃子女流棋士のカップがスゴイ!かわいい画像とプロフも『将棋フォーカス』

(出典 : ユーチューブより)

今回は、日曜10時から放送の

『将棋フォーカス』で聞き手を

務める女流棋士の

加藤桃子(かとう・ももこ)女流三段

クローズアップしたいと思います。

加藤桃子さんは、男女の垣根のない

「奨励会」に所属し、12年もの間、

将棋を指してきた人ですが、

2019年に奨励会を退会し、4月からは

「女流棋士」となりました。

現在は『将棋フォーカス』で聞き手を

務めていますが、

「将棋よりも加藤桃子さん

巨乳の方が気になる!」

という、素直な視聴者もいて、

そのバストとかわいい笑顔が話題に

なっています。

問題のカップはどのくらいなの

でしょうか?

将棋一家に生まれ育ったプロフィールと

ともに見てみました。

スポンサードリンク

加藤桃子さんがかわいい!

奨励会という、棋士の団体に12年間も

いた加藤桃子さんですが、入門した

のが早かっただけで、現在の年齢は

25歳と若いです。

(出典 : ウィキペディアより)

柄物のスカートがかわいいですね。

将棋ということで、

当然和服姿もあります。

(出典 : ツイッターより)

また、ペンギンのキャラクターの

「コウペンちゃん」が大好きで、

コウペンちゃんカフェに何度も

足を運んでいるとか。

大好きなフルーツパフェを前に

↓この笑顔!

(出典 : ツイッターより)

厳しい勝負の世界にいる人とは

ちょっと見えませんね。

しかも、実は自己肯定感が低くて、

落ち込みやすいということで、

「エライ!」と言ってくれる

コウペンちゃんが励みになって

いるのだそうです。

また、フルーツも大好きで、

対局の前日に気合を入れるために

食べたり、

対局後にも「よくがんばった!」と

自分をほめて食べたり・・・

結局いつも食べているところが

またかわいいですね。

愛称はこれもかわいく

「カトモモちゃん」だとか。

明るい笑顔とともに将棋の世界を

盛り立てています。

加藤桃子さんの胸のカップは?

そしてかわいい以上にネットで

話題になっているのが、

加藤桃子さんはけっこう胸が大きい

ということ。

男性視聴者は対局の解説よりも、

バストの方に気を取られてしまうようです。

どのくらい大きいのでしょうか。

(出典 : http://toro.2ch.sc)

むむ、これは確かに立派なバストですね。

(出典 : http://miraclemilk.blog.jp)

下の画面に邪魔されてますが、

ぴったりしたニット姿の

加藤桃子さんのバストラインに

注目です。

(出典 : http://mtm35.online)

これは日曜朝から眼福です。

もちろん公表されてはいませんが、

ネットでは、E~F、あるいは

Gカップかも!と話題になっています。

スポンサードリンク

加藤桃子さんのプロフィール

加藤桃子さんは1995年生まれ。

将棋のキャリアは長いですが、

まだ25歳の若さです。

加藤桃子さんのお父さんは、奨励会に

在籍していた加藤康次さん、

お母さんもアマ有段者で、

1990年代には「パソコン通信による

将棋サークル」のメンバーだったという、

どちらに似ても将棋の強い家系です。

そんな加藤桃子さんは5歳で将棋を

覚え、小学校1年生から将棋大会に

出場するようになりました。

めきめきと腕を上げた加藤桃子さん

ですが、女の子ということもあって、

男女の垣根のない、厳しい勝負の

世界である奨励会に進むか、

それともソフトな女流棋士の道に

進むか、悩んだようです。

結果は、奨励会入りとなり、男性に

混ざって勝負するかたわら、

2011年には初代女流王座に輝き、

16歳にして女流タイトルを獲得します。

奨励会でも実力は発揮され、

2014年には女性としては

史上3人目の、奨励会初段と

なりました。

また、女流王座戦でも優勝、

女流2冠を達成します。

マイナビ女子オープン戦では、

第7期から第10期まで、女王を

連覇するなど、10代にして

華々しい活躍をしました。

2019年、24歳の時に、12歳の入会

以来、12年間在籍した奨励会を退会し、

4月から女流棋士となりました。

奨励会には年齢制限がありますが、

加藤桃子さんの気持ちとしては、

そのギリギリまで戦いたいと思う反面、

勝負のプレッシャーが厳しく、

ストレスで体を壊したことで、

退会を決断したそうです。

やはり勝負の世界は厳しいのですね。

ちなみに、同年の奨励会では、

西山朋佳3段が勝ち上がり、史上初の

女性4段プロ棋士誕生か?という

局面がありました。

残念ながら既定の勝率を挙げられず、

僅差でプロを逃してしまいましたが、

ぜひ女性のプロ棋士も誕生して

ほしいですね。

もちろん、加藤桃子さんにも、

今後の将棋の普及と隆盛のため、

がんばってほしいと思います。

以上、女流棋士の加藤桃子さん

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする