森島土紀子プロフしょうがの女神と料理専門店レシピや本『セブンルール』

(出典 : https://www.speakers.jp)

今回は、11月5日オンエアの

『セブンルール』に登場の

「しょうがの女神」こと

森島土紀子(もりしま・ときこ)さん

クローズアップしたいと思います。

しょうがが好きすぎてしょうが料理を

500点以上も考案し、しょうが料理の

専門店をオープン。

現在は3つのしょうがレストランを

経営しながら、しょうがの魅力を

書籍やメディアでひろめている

森島土紀子さんは、

「しょうがの女神」とあだ名

されています。

そんな森島土紀子さん

プロフィールのほか、レストランや

書籍の情報を調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

森島土紀子さんは1953年生まれ。

なんと今年62歳という美魔女です。

これも日々しょうがを食べている

からなのでしょうか、しょうがパワー、

恐るべしです。

子どものころからしょうがが

大好きだった森島土紀子さんは、

女子美術大学在籍中に学生結婚を

して、専業主婦になりました。

子育てが一段落した39歳のときに、

アパレル店「仕事着しょうが」

オープンします。

アパレルでも名前は既に

「しょうが」とついてるのは

さすがですね。

そして、しょうがを愛するあまり、

2年後には店を改装して、

しょうが料理の専門店「しょうが」

開きました。

その後さらに「生姜料理がらがら」と、

「祝茶房紅拍手」の2店をオープン。

現在はレストラン経営のほか、

料理教室を開催したり、レシピ本を

発行するなど、精力的にしょうがの

魅力をアピールしており、

「しょうがの女神」とあだ名されています。

しょうが専門店3軒

(出典 : https://www.hotpepper.jp)

行列のできるお店になったものの、

お客を待たせるのがいやで、

次々と新しい店を増やした

森島土紀子さん

しょうが料理の専門店は

現在3店舗あります。

場所は、神奈川県川崎市、

小田急線の新百合ヶ丘駅から

徒歩3分の新百合ヶ丘マプレです。

「しょうが」が2階、

「生姜料理がらがら」が1階に

「どんつる」が、しんゆり交流

空間「リリオス」内にあります。

いずれも人気店なので、

ネット予約をしていくのが

いいかもしれません。

営業時間

ランチ [火~金 ] 11:30~14:00(L.O)
[土]  11:30~14:30(L.O)
ディナー [火~土] 18:00~23:00

(FOOD L.O 22:00)

(DRINK L.O 22:30)

日曜は不定期営業

定休日 : 月曜定休

祝日の場合は翌日が休業日

しょうがの人気レシピ

お店で一番人気の

「しょうがチーズ春巻き」

作り方は以下になります。

材料(6本分)
春巻きの皮 3枚
裂けるチーズ 3本
青じそ 6枚
しょうが(せん切り)10グラム

作り方
1.春巻きの皮は半分に切り、

チーズを縦に半分に裂く。
2.春巻きの皮の上にチーズと

青じそ、しょうがをのせ、巻く。
3.油で揚げる。

おいしそうですね。

スポンサードリンク

レシピ本はおろしスプーン付

2011年発行の「冷えとり生姜

かんたんレシピ(国産おろし

スプーン付)」は、レシピよりも

付録のおろしスプーンの方が

メイン?という感じです。

(出典 : アマゾンより)

(出典 : https://www.value-press.com)

こちらの写真で森島土紀子さん

持っているのが、しょうがおろし

専用のおろしスプーンです。

これでしょうがをおろして

そのまま料理に混ぜられるのがミソ。

燕三条で作った本格的な逸品として、

本よりもスプーン目当てで買う人が

多いのも納得です。

レシピ本もこのスプーンを活躍させる

ものが掲載されているそうです。

(出典 : アマゾンより)

「改訂版 生姜三昧」は、しょうがの

だし、スープ、たれ、ソース、

シロップを紹介するバイブル的な

一冊です。

森島土紀子さんを見れば、

美味しく健康な毎日をという

キャッチも納得ですね。

(出典 : アマゾンより)

「しょうが女神の簡単おつまみ127」では、

飲みながら作れる簡単レシピが

127も登場。

しょうが入りのお酒もある決定版です。

スポンサードリンク

しょうがの効能

しょうがといえば、からだを温める

ものとして知られていますが、

森島土紀子さんによると、

熱があるときにしょうがを食べると、

体を冷やす効果もあるとか。

これからの季節には欠かせない

食材として、しょうがをもっと

知りたいと思いました。

以上、しょうがの女神こと、

森島土紀子さんの紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする