松下武史(マツタケ採り)のレストランはどこ?まつたけ小屋・梅松苑の宿泊田舎体験『BACKSTAGE』

(出典 : YouTubeより)

今回は、11月8日オンエアの

『BACKSTAGE バックステージ』

出演された、マツタケ採りの名人・

松下武史(まつした・たけし)さん

クローズアップしたいと思います。

マツタケの生産量で日本一を誇る、

長野県松川町。

マツタケは人工栽培ができないので、

山に自然に生えているものを採るの

ですが、地面から高く突き出て傘が

開いているのは、見つけやすいけど

食べごろを過ぎたもの。

採るのは地面から1~2センチだけ

顔を出している、素人にはとても

見えない状態のものになります。

松下武史さんはマツタケ採りの

キャリア40年のベテランですが、

松下武史さんの師匠にあたる

寺澤二六雄(ふむお)さんも、

80歳にしていまだ現役。

番組では、2人の師弟対決が

放映されました。

(出典 : https://prtimes.jp

秋になると、松下武史さん

経営するレストラン・コテージで、

採れたてのマツタケ料理が堪能

できるそうですが、場所はどこに

あるのでしょうか。

調べてみたら、キャンプや宿泊、

田舎体験のできる立派な施設でした。

以下に紹介します。

スポンサードリンク

松下武史さん経営の「まつたけ小屋 梅松苑」

松下武史さんが、採れたての

マツタケを提供しているのは、

まつたけ小屋梅松苑という

ところでした。

(出典 : http://baishoen.com/

長野県の南部・松川町生田地区に

あり、松川町の指定管理施設にも

なっている、本格的なレジャー

施設です。

マツタケの秋に限らず、1年を

通して、キャンプや、コテージ

宿泊、田舎体験などができる

場所だそうです。

↑まつたけ小屋梅松苑の公式サイト

(出典 : http://baishoen.com/

まつたけ小屋梅松苑のアクセス

〒399-3302

長野県下伊那郡松川町生田6009

【電話】0265-36-7100

【FAX】0265-36-7102

【営業時間】9:00 ~ 17:00

【メール】alps-baishoen@ch-you.ne.jp

スポンサードリンク

「まつたけ小屋 梅松苑」のランチ

まつたけ小屋梅松苑では、

手打ちの信州そばを楽しめる

ランチ営業もあります。

↑ざるそばと、生田の味セット。

(出典 : http://baishoen.com/

秋にはマツタケの料理が出る

かもしれません。

【ランチタイム】11:00~14:00

(蕎麦が無くなり次第終了)

【定休日】水曜日・第4木曜日

「まつたけ小屋 梅松苑」に宿泊

まつたけ小屋梅松苑を本格的に

楽しむなら、通年使用できる

コテージがいいでしょう。

(出典 : http://baishoen.com/)

データ

全4棟(貸別荘タイプ)
1棟に5名まで宿泊できる

コテージ
8畳2間 / ダイニングキッチン /

洗面所 / 風呂 / トイレ /

駐車場1台

5名まで1棟1泊
通常 1棟1泊18,000円(税込)
TV付は+1,000円(税込)
ハイシーズン 1棟1泊20,000円(税込)
TV付は+1,000円(税込)

6名以上の追加料金
1名につきプラス3,000円(税込)

また、キャンプ場には、星空が

見えるドームテントがあり、

きれいな星空を眺めて楽しむ

ことができます。

ドームテント利用料

1棟(通年) 1泊 13,000円(税込)
1棟ハイシーズン(GW・8月)

1泊 15,000円(税込)

スポンサードリンク

「まつたけ小屋 梅松苑」で田舎体験

南信州の山間にある

まつたけ小屋梅松苑では、

季節ごとにさまざまな

田舎体験ができます。

春は山菜取り。

夏は魚のつかみ取りや

流しそうめん。

秋はもちろんマツタケ料理。

冬はイノシシやシカの肉を

使ったジビエ鍋。

いつ行っても楽しめそうですが、

やはりいちばん人気はマツタケの

ようです。

マツタケシーズンには、700人

以上のお客さんが来場して、

採れたてのマツタケを堪能して

いるそうです。特に、炭火で

焼く「焼きマツタケ」が絶品と

いいます。

やはりマツタケの季節に訪れて

みたいですね。

以上、松下武史さんの経営する

コテージ、まつたけ小屋梅松苑

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする