宮沢汰佳(高校生仏師)の経歴は?高校はどこ?個展の開催や進路『マツコの知らない世界』

(出典 : https://tv.yahoo.co.jp)

今回は、『マツコの知らない世界』

登場した、高校生仏師の宮沢汰佳

(みやざわ・たいが)さん

クローズアップしたいと思います。

現在高校2年生ながら、300体近くの

仏像を作り続けてきた宮沢汰佳さんは、

キャリア10年の仏師として、個展の

開催もしたほどの実力者です。

そんな宮沢汰佳さんの仏像との

出会いや、現在通っている高校、

そして気になる今後の進路に

ついて見てみました。

仏像はいくら?仏師になる方法と

年収についてはこちら↓

スポンサードリンク

宮沢汰佳さんの経歴

宮沢汰佳さんは2003年

生まれ。

現在16歳ですが、なんと赤ちゃんの

頃はお墓が大好きで、お墓に行くと

きゃっきゃと喜んでいたそうです。

仏像との出会い

そして3歳の時。

「お墓が好きな変な子」と母親が

言うと、母親の友人が「ならば

こういうのがすきなんじゃない?」と

仏像の写真集をくれました。

その中に載っていた千手観音の

写真を見た瞬間、

「なんてカッコイイいんだ!」と

宮沢汰佳さんのハートはズキュン!と

射貫かれたのだとか。

たった3歳で仏像の魅力にハマった

というのもなかなかすごいですよね。

渋い子どもです。

そして5歳の時には、幼稚園でねんどを

使って十一面観音を初めて作りあげました。

その記念すべき処女作の出来には

先生もびっくりして、壊さずに

飾ってくれたのだそうです。

それ以来、あちこちのお寺を回り、

仏像を見ることがいちばんの幸せと

いうほど、仏像にのめりこんできた

といいます。

(出典 : ツイッターより)

高校はどこ?

宮沢汰佳さんが通っている高校は、

長野県の長野俊英高等学校だそうです。

好きな教科は美術と国語。

逆に、体を動かすのは大嫌いという

分かりやすい文系人間です。

年ごろからいっておしゃれにも

興味が出るかと思いきや、

いまどき珍しいボブカットの

髪型は、仏像マニアの

みうらじゅんさんを真似たと

いうくらいで、どこもかしこも

仏像の世界にどっぷり漬かって

いるんですね。

実は筆者はこの髪型を見て

最初は女の子なのかと思っていた

のですが、男の子と知ってびっくり

しました。すみません。

家に本堂がある!

今まで10年間作り続けてきた

仏像たちは、宮沢汰佳さん

の家の、本堂と呼ばれる部屋に

安置されています。

(出典 : https://www.mbs.jp)

なんと、密教の修験者のいでたちの

宮沢汰佳さんが、毎朝ここで

般若心経を唱えているそうです。

仏師というか、お坊さんのようでも

ありますね。

すでに修行僧の風格が漂っています。

スポンサードリンク

ツイッターも仏教色!

宮沢汰佳さんはツイッターでも

仏像と仏教の言葉にあふれて

いました。

最後はなんと密教の真言を唱えて

います。高校生なのに、どこで

覚えたのでしょうか、気になります。

そして、立体造形だけでなく、

2次元の絵画もかなり上手です。

それにしてもどこを見ても仏像と

仏教の教えだらけで、男子高校生の

アカウントというよりは、名のある

お坊さんのつぶやきに見えてきて

しまいます。

こんな高校生がいるなんて、

本当にびっくりです。

スポンサードリンク

仏像の個展を開催

そして2020年2月には、今まで作って

きた仏像を公開した個展「高校生仏師

たいがのミホトケ」展を開き、大盛況

だったそうです。

(出典 : https://www.mbs.jp)

トークイベントも開き、たくさんの

来場者の前で仏様の魅力を堂々と語る

宮沢汰佳さん。その姿はもう立派な

「仏師」のふるまいです。

17歳にしてこのオーラはいったい

どういうことなのか、とても気に

なりますが、世の中には、生まれ

落ちてすぐの時から自分が生涯

かけてやるべきことを知っている、

迷いのない人間もいるのだなと

感心するばかりです。

スポンサードリンク

卒業後の進路は未定?

まあ間違いなく仏師になるであろう

宮沢汰佳さんですが、高校2年生の

現在、進路については迷っている

そうです。

卒業後、進学はせずに有名な仏師に

弟子入りするか、それとも大学に

進学して仏教と仏教美術をより

深く学ぶか。。。

とはいえ、どちらの道を選んでも、

二つの流れに分かれた川が下流で

また合流するように、結局は仏師に

なるのですから、ブレはないですね。

むしろ、大学に進学して、

大学卒業後に弟子入りする、

というぐあいに、両方の道を修める

のもいいのではないかと思います。

何しろまだ17歳の高校生です。

時間はたっぷりあるのですから、

迷うことはないと思います。

スポンサードリンク

「仏師になるということは、

幼稚園の頃から変わらない自分の

願いです」

と語る宮沢汰佳さん

「人々の祈りの拠り所となる

仏様をつくっていけたら良いなと

今では思っています」

と確かな気持ちを抱いて迷うこと

なく進む姿が、何やらとても尊い気が

して、彼ならば人の心をいやす仏像が

きっと作れる、と思いました。

以上、高校生仏師の宮沢汰佳さん

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする