松田清春さん(琉球ガラス)の経歴とガラス工房清天の通販はいくら『世界はほしいモノにあふれてる』

(出典 : https://story.nakagawa-masashichi.jp

今回は、11月19日オンエアの

『世界はほしいモノにあふれてる』

登場した、琉球ガラスの職人・

松田清春さんと、ガラス工房清天

製品の通販についてクローズアップ

したいと思います。

第2次大戦後のモノ不足の中、

アメリカ軍の捨てるビールや

コーラの瓶を再利用して

作られた琉球ガラス

再生ガラス独特の色や気泡などを

含む、人の手仕事のぬくもりのある

ガラス製品として、近年有名に

なっています。

番組に登場した、ガラス工房清天

松田清春さんの経歴と、

ガラス工房清天が製作する製品の

通販について調べてみました。

同日オンエアのやちむん

ついての記事は↓こちら

ページの最後に『世界はほしい

モノにあふれてる』

に登場したものの記事を

まとめてあります。

ぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

ガラス工房清天の松田清春さんの経歴

(出典 : https://www.hibinokurashi.com

松田清春さんは、祖母がガラス

づくりの職人、父が販売スタッフと

して働いていたこともあり、子供の

ころから琉球ガラスが身近にある

暮らしをしていたといいます。

そして、中学校を卒業した翌日に、

ガラス工場に就職。

「1日も早くガラスの仕事を始め

たかったから」

と当時の熱意を感じさせますが、

しかしあっけなくガラス工場を

退職し、異業種に転職してしまった

そうです。

転職回数はなんと20回以上!

それでも最後はガラスの世界に

戻ってきた松田清春さんは、

1997年に、ガラス工房清天

読谷村に設立したのでした。

(出典 : https://www.hibinokurashi.com

工房には、いくつもの扇風機が

ありますが、暑い沖縄でさらに

熱い炉に向かう、ガラスづくりは

重労働。

それでも、4~5人の若いスタッフが

いて、毎日技術を磨いて琉球ガラス

継承しているのが、心強いですね。

松田清春さんは、毎日30分を

後進の練習の時間にあてて、

職人が琉球ガラスの伝統を正しく、

早く習得できるようにしているの

だそうです。

松田清春さんの作るガラス製品は、

芸術品でも1点物でもありません。

毎日使う日用品として、

日々使われるものを作っています。

「『作品ではなく商品』という

気持ちで作ってますよ」

と語る松田清春さんガラス工房

清天は、通りから中が見える

オープンな仕事場で、和気あいあいと

ガラスを作っています。

琉球ガラスの歴史である、廃瓶などを

使った再生ガラスの製法を貫いて、

現在でもすべての製品を再生ガラスで

制作しているそうです。

ガラス工房清天の製品の通販

みんげい おくむら

(出典 : http://www.mingei-okumura.com

「みんげい おくむら」は、無名の

職人が作った実用的・民衆的工芸品を

民藝と名付けた柳宗悦の言葉を店名に

した、手仕事のセレクトショップです。

ガラス工房清天の、再生ガラスを

使った日用品としての製品たちを

通販しています。

スポンサードリンク

MADE IN RYUKYU オンラインショップ

(出典 : http://www.madeinryukyu.jp

沖縄の伝統工芸品を県外へと

発信するMADE IN RYUKYUでは、

琉球ガラスや、琉球藍、やちむん

と呼ばれる焼き物やウージ染めの

工芸品を販売しています。

スポンサードリンク

楽天ショッピング

(出典 : https://search.rakuten.co.jp

お手軽なところでは、楽天ショップ

でも、ガラス工房清天の製品を

買うことができます。

人気の品なので売り切れることも

あるようですから、見つけたら

即買い、ですね。

以上、琉球ガラスを製作する、

ガラス工房清天松田清春さん

紹介と、通販情報でした。

ではでは~

フィリグリーとは?

マルタの画像や作り方に

日本の平戸細工の歴史

シードルとは?

おすすめ日本産とフランス産に

本格料理&シードルのレストラン

ベルギー輸入アウトドア家具の

価格お値段はいくら?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする