松田共司・米司兄弟(やちむん)の経歴と松田共司工房の通販はいくら『世界はほしいモノにあふれてる』

(出典 : http://uchill.jp

今回は、11月19日オンエアの

『世界はほしいモノにあふれてる』

登場した、やちむん(焼き物)の職人、

松田共司(まつだ・きょうし)さん・

米司(よねし)さん兄弟

経歴と松田共司工房の製品の通販に

ついて見てみました。

同日オンエアの琉球ガラス

ついての記事は↓こちら

ページの最後に『世界はほしい

モノにあふれてる』に登場した

ものの記事をまとめてあります。

ぜひ読んでみてください。

スポンサードリンク

やちむん職人の松田共司さん米司さんの経歴

やちむんとは、沖縄の方言で

「焼き物」を意味します。

お茶碗やお皿などの、日常的に

使われるものから骨壺まで、

陶器全般をやちむんと呼ぶ

そうです。

そのやちむんの世界でも、

読谷北窯(よみたんきたがま)

呼ばれる窯元を共同で運営して

いるのが、松田米司さん

松田共司さん兄弟と、

與那原正守さん、宮城正享さんの

4人です。

↑13連の「北窯」。

(出典 :https://www.hibinokurashi.com

↑弟の共司さん。

(出典 : https://www.hibinokurashi.com

↑兄の米司さん。

(出典 : http://www.mingei-okumura.com

お二人はそっくりですが、双子の

ご兄弟ということで、二人三脚で

やちむんの道を歩んできた方たちです。

ともに1954年に、沖縄県読谷村に

生まれました。

1974年、20歳の時に那覇市首里の

石嶺窯の工房に弟子入りし、

作陶を学びます。

1990年に独立し、13連の登り窯を

読谷北窯として設立。読谷北窯の

伝統を継承しています。

1994年には日本民藝館展に入選し、

やちむんの知名度アップに貢献。

その後も多くの個展を開き、

2002年にはアメリカ・ロサンゼルス

でも出品して、新しいやちむん

世界を広げています。

読谷北窯 松田共司工房の製品の通販

みんげい おくむら

(出典 : http://www.mingei-okumura.com

「みんげい おくむら」は、無名の

職人が作った実用的・民衆的工芸品を

民藝と名付けた柳宗悦の言葉を店名に

した、手仕事のセレクトショップです。

読谷北窯 松田共司工房の製品たちを

通販しています。

スポンサードリンク

楽天ショップ

楽天ショップでも、

読谷北窯 松田共司工房

製品を買うことができます。

普段使いの低価格の食器から、

芸術品としての高価なやちむん

まで、さまざまな作品が

販売されています。

以上、やちむんを製作する、

読谷北窯 松田共司工房

松田共司さん・米司さん兄弟

紹介と、通販情報でした。

ではでは~

フィリグリーとは?

マルタの画像や作り方に

日本の平戸細工の歴史

シードルとは?

おすすめ日本産とフランス産に

本格料理&シードルのレストラン

ベルギー輸入アウトドア家具の

価格お値段はいくら?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする