松本貴行プロフ三浦祐太朗の恩師ライフセービングとは?海ではどうやって救助を要請する?

(出典 : http://www.seijo100th.info)

三浦友和・山口百恵夫妻の実息である

三浦祐太朗くんは、成城学園在籍時に

ライフセービング部に所属していました。

しかも、ライフセービング部は、

三浦君が恩師・松本貴行とともに署名を

集めて部として立ち上げた、

思い出深い活動だったそうです。

そもそもライフセーバーとは、

どんな人たちなのか?

また、万が一、海などでおぼれたときは、

どうやってライフサーバーに助けを

求めたらいいのか?

松本先生の活動とともに、

見ていきたいと思います。

松本貴行さんプロフィール

(出典 : http://www.jla.gr.jp/student/news59.htm)

松本さんの生年月日などは分かり

ませんでしたが、三浦祐太朗くんの

担任だった時代から、ライフセービングの

活動にかかわっていたようです。

三浦くんは松本先生の影響で、

高校入学後にライフセービングを

始めたそうです。

といっても始めから部があった

わけでなく、三浦くんは学校に

部の設立を認めてもらうために

署名を集め、みご承認された

いいますから、大変な熱意ですね。

松本さんはその署名を今でも

大事に保管していました。

そうして、成城学園ライフセービング

クラブ(高等学校水泳部ライフ

セービング部門)が始まったのです。

また現在、松本先生は、

財団法人日本ライフセービング協会

副理事長も務めています。ライフセービング

教育本部で学生たちで構成する学生委員会を

束ねており、若い人材の育成に力を注いでいます。

ライフセービングとは?

(出典 : https://jla-lifesaving.or.jp/lifesaver/)

ライフセービングとは、海などでの

水の事故を防ぐための活動のことです。

このライフセービングのエキスパートたちを

ライフセーバーと呼びます。

赤と黄色がシンボルカラーの帽子や

服装でビーチに立ち、パトロールなどをして、

おぼれた人などがいれば最速で急行、

浜まで担ぎ上げて、救急活動をする

人たちです。

体力はもちろんですが、自身の泳ぎの

能力に加え、救急活動のノウハウまで

幅広く習得しています。

救助のデモンストレーションのほか、

ビーチフラッグスや、スプリントなど、

浜辺での競技も行うので、これらの

競技を見た人は多いのではないでしょうか。

成城学園ライフセービング部の活動

三浦さんが始めたクラブは現在も続いており、

日曜には湘南海岸で実地トレーニングも

しているとか。

松本先生は彼らを引率し、おおいに期待を

寄せいてます

「今日は一年生も来ています。成城学園の

場合は、付属中学の水泳部から入ってくる

子が多いですね。高校では土曜日にプール

練習を行い、日曜日には海に来て練習を

しています

高校生にしては練習環境が整っていると

思うので、いろいろな意味で結果が

出せるようになってほしいです」

高校生の海練習には付き添いが

不可欠なので、引率の先生のご苦労も

大きいと思うが、15~16歳から学校の

中で本格的にライフセービングを

学べるのは貴重なこと。楽しみながら

ライフセービングについての知識を

深め、技術を習得していってほしい。

(出典 : http://lifesavingweb.com/ls-clubs/2014_univ-club2.html)

(出典 : http://www.jla.gr.jp/student/news59.htm)

同じく湘南でライフセービングの

練習をしているのは大学生が多い

そうですが、その中で高校生の存在

は光っていると言います。

早くから訓練を積んだ彼らの存在は

頼もしいですね。

海でおぼれた!どうやって救助を要請する?

そんなライフセーバーさんたちの

心強い活動があって、海のレジャーが

楽しいものになるわけですが、

海には危険があることを忘れては

いけません。

浅い浜辺でも「離岸流(りがんりゅう)」

という、沖に向かう強い流れがあり、

それにつかまってしまうと大人でも

自力での脱出は困難と言います。

あるいは、足がつった、水を飲んだ、

など、おぼれる理由はたくさんあります。

そんな時、ライフセーバーさんたちに

自分のピンチを伝える方法があるのです。

助けてサイン

「助けてサイン(ヘルプ・シグナル)」

と呼ばれ、おぼれた本人や、周囲で

発見した人が、片手を左右に大きく

振るものです。おぼれている本人が

片手をあげると沈んでしまうので、

できれば周りの人が行なうのがよい

とされています。

水難事故をなくすために

海で遊ぶのは本当に楽しいことです。

しかし、人は海では簡単に事故にあいます。

泳ぎに自信のある人でも、あっという間に

流されたり、浮上できなくなったりする。

そんな海の怖さを知ったうえで、

いざというときはプロの

ライフセーバーさんたちに助けを求める

心づもりで、海のレジャーを楽しみたいですね。

以上、三浦祐太朗さんの恩師、

松本貴行さんとライフセービングに

ついての紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする