木下レオン(直導)のプロフと結婚は?居酒屋経営から占い専業へ仏道修行も『占ってもいいですか』

(出典 : https://www.king-reon.jp)

今回は、4月22日オンエアの

『突然ですが占ってもいいですか?』

登場した、

占い師の木下レオンさん

クローズアップしたいと思います。

木下レオンさんはどんな人なのか?

居酒屋の経営者から専業の占い師に、

さらに仏道へ入り修行の道を選んだ

半生と、自身を占って的中させた

結婚についての運命などを調べてみました。

スポンサードリンク

木下レオンさんのプロフィール

木下レオンさんは1975年生まれ。

本名は木下直導(きのした・

なおみち)さんと言います。

本名も占い師にぴったりという

感じのお名前ですね。

福岡県の占い師一家に生まれて、

幼いころから占いのための教育を

受けて育ったそうです。

しかし、高校卒業後には平凡な

サラリーマンになります。

その職場で同僚たちを占ってあげていた

ことが好評だったことで、回り道をした

ものの、占い師になることを決めたと

いいます。

驚くべきは、自らの脱サラの時期を

占いで判断し、ベストのタイミングと

なる30歳で退職、自営業の道に入った

のだそうです。

木下レオンさんは結婚してるの?

木下レオンさんは結婚に関しても、

自らを占って決めたそうです。

ただし、占いの結果は、「離婚する」と

いうもの。

それでもあえて結婚を選び、そして幸か

不幸か占いは当たり、バツイチに。

現在は独身のようですが、あるいは占いに

よって新しい運命が開かれるかもしれませんね。

居酒屋を経営してお客に無料占いをしていた

脱サラした木下レオンさんは、すぐに

占い師になったわけではなく、会社を

立ち上げ、地元福岡で居酒屋の経営を

始めました。

その時の店名が「居心地屋REON」

(いごこちや・れおん)。

(出典 : https://retty.me)

現在のお名前と同じ、「レオン」を付けて

いました。

ここで、接客のかたわら、お客さんに無料で

占いを始めたそうです。

それが評判を呼び、占い目当てで来店する

お客も増えたとか。

(出典 : https://www.youtube.com/)

当時、テレビ取材を受けた際の画像ですが、

本名の直導さんの名前で占っていたようです。

占い「も」できるオーナーシェフという

感じですね。

その後、居心地屋REONを閉店し、

スリランカ出身のシェフが料理を作る

スリランカ料理店「居酒屋アラジン」に

リニューアルしました。

(出典 : 食べログより)

しかし現在は居酒屋アラジンも閉店し、

占い業一本に絞っています。

サラリーマンから脱サラして飲食店の

オーナーに、というと、どこか平凡な

半生に聞こえますが、転機には必ず

占いが関わっている木下レオンさん

やはり運命は占いをする方向へと

導いていたのですね。

スポンサードリンク

占い師・木下レオンとして

現在、木下レオンさんは、

福岡と東京に拠点を持って、

占い業をしています。

芸能人の依頼も多く、スケジュールは

満席とのこと。実力のある占い師として

評判が立ち、依頼が次々飛び込んでいる

ようです。

木下レオンさん自身は、東京の事務所に

常駐し、占い・鑑定を行っています。

残念ながら新型コロナウイルスのために、

対面での占いは自粛しているそうですが、

電話あるいはテレビ電話での占いは

受け付けているとのことです。

占いは完全予約制で、電話受付のみです。

<電話番号>

03-6886-6655

<営業時間> 10時〜17時

<料金>
20分 5.000円
40分 10.000円
60分 15.000円

新規の予約の受付時間は

土日20時~21時の間で、

博多の事務所が受注している

そうです。

博多本社:092-408-3850

この他に、木下レオンさん自身が

依頼者の希望する場所まで出向いて占う、

個人密談鑑定もあり、こちらは料金8万円

からとお値段高めですが、芸能人や経営者

といった人たちに人気があるそうです。

現在 仏道へ入り修行を

占いの精度をさらに上げるべく、

木下レオンさんは今、仏道に入り、

修行の日々を送っています。

(出典 : インスタグラムより)

護摩焚きや滝行などをとおして、

自らを高め、占いの力を増す日々。

きっとさらに「当たると評判の」

占い師になってくれることでしょう。

以上、占い師の木下レオンさん

ついてでした。

ではでは~

木下レオンの鑑定依頼の方法と

料金、パワーストーンブレスの

販売については↓こちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする