渡部陽一 ゆっくりトークを最近バラエティで見ないのはなぜ?

今回は戦場カメラマンの渡部陽一(わたなべ・よういち)さんをクローズアップしたいと思います。

渡部さんといえば、あの独特のゆっくりトークが印象的ですが、彼はなぜゆっくり話すのでしょう?

そして一時期に比べ、バラエティ番組への出演が減ったように見えるのはなぜ?

多忙な日々を送る渡部さんの近況を見てみました。

目次

プロフィール

どうしてゆっくり話すの?

最近バラエティに出ないけどなぜ?

「知ってほしい」から

プロフィール

渡部陽一さんは1972年生まれ。

明治学院大学に入学したころ、文明と隔絶したピグミー族に会ってみたいと思い、アフリカへ旅行に行きます。その時はカメラマンになるという意思はなく、単純に、きままに渡航したのでした。

しかし、1993年当時のアフリカは、ツチ族とフン族の衝突が激しく、100万人以上の民間人が虐殺される内戦状態でした。渡部さんは何も知らずにその最前線に行ってしまいます。

移動中に少年兵の襲撃にあい、暴力を振るわれた上にすべてを略奪されるという死線をくぐる経験をした渡部さん。しかしそんな恐怖の経験はその土地にあっては「日常」だったのです。

帰国したのち、そのことを伝えたいと思ったものの、日本とあまりにかけ離れた世界のできごとは、日本人にはピンとこない、遠い世界のことにすぎませんでした。

ならば、写真で伝えることはできないか。そう思った渡部さんは戦場カメラマンという仕事を選んだのでした。

渡部さんは、世界各地の紛争地や内戦地帯、災害に見舞われた場所などを駆けめぐり、その現場を写真に撮り続けています。

↑ソマリアで渡部さんが撮影した写真です。

戦場は当然危険です。渡部さんは「生きて帰ること」という、シンプルにして重要なことを信条にしているそうです。そして被写体の人々が危険にさらされれば、撮影をやめて助けるとか。緊迫した写真より、自分を含めた人の命をいちばんに考えているのです。

あまりご自身のプライベートは話されませんが、既婚者だそうです。戦場カメラマンの妻というのはとても大変なことだと思うのですが、ご家族のためにも生きて帰る人であってほしいと思います。

また、昔はフィルムカメラをだったそうですが、現在はデジタルカメラを使用しているそうです。電源の問題はあるでしょうけれども、その分たくさんの写真が撮れる利点を採っているのでしょう。

どうしてゆっくり話すの?

世界各地をめぐれば、英語も通じない世界はたくさんあります。

しかし全く通じない言葉でも、ゆっくり落ち着いて話すと意外と通じることに渡部さんは気づいたと言います。あのゆっくりトークは、自分が危険な人間でないということを伝えるための重要な話し方だったのです。確かにゆっくり、落ち着いて話す渡部さんには敵意を感じません。

そしてその話し方がテレビという媒体に登場した渡部さんを一躍有名人にしたのも事実。

2010年頃から渡部さんは積極的にテレビの仕事を引き受けました。それは、一人でも多くの人に「戦場カメラマン」という仕事を知ってもらうため、そして写真をとおして世界を知ってもらうためでした。バラエティなどに出演するときでも渡部さんは自分の写真を1枚でも見せることで、世界を伝えようとしていたと言います。

↑ソマリアの少年兵。

最近バラエティに出ないけどなぜ?

そんな渡部さんですが、最近テレビにあまり出演されていません。

何本かレギュラー出演している番組はありますが、一時期のような出ずっぱりではなくなっています。

その理由は渡部さんの公式サイトにありました。

ほぼ毎月、どこかの国へ撮影に出かけているのです。

そして帰国すると、各地で講演会を行なっています。

つまり、戦場カメラマンとしての仕事が忙しくて、バラエティに出るヒマがない、ということなんですね。

知名度が上がってギャラも多くなれば、それをカメラマンとしての仕事の活動資金に充てる、講演会で多くの人に海外の様子を伝える。そのことに渡部さんは大忙しなのでした。

しかし、この春からはNHKの語学講座『テレビでアラビア語』にレギュラー出演されています。「通訳を介さずに、アラビア語で取材ができる」ことを目標にされているそうです。あくまでも本業メインなんですね。

↑イラク

↑アフガン

↑インド

↑インド

知ってほしいから

渡部さんの活動は危険な地帯での撮影だけでなく、それを人々に伝えて初めて成り立つものです。

数々の講演を行うのも、そのため。

そして、書籍という媒体でも発信をされています。

↑子ども向けの本も出版されています。

バラエティに出演して知ってもらう、写真を通して知ってもらう、講演などで知ってもらう。。。渡部さんの活動は、すべて世界の出来事を知ってもらうためという、1本の柱に貫かれています。

これからも、世界への目として、私たちに真実を伝えてほしいですね。

以上、渡部陽一さんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする