デヴィ夫人の発言で判明する避妊・中絶後進国日本の手術は40年遅れで無知と女性の安全軽視

(出典 : https://news.yahoo.co.jp

デヴィ夫人の「不妊は9割9分中絶の

せい」というトンデモ発言が大炎上

しています。

デヴィ夫人は80歳。残念ながら

妊娠や中絶についての知識はアップ

デートされていない、情報弱者

なのでしょう。

しかし、デヴィ夫人の発言に

傷ついた多くの人もまた、

日本という国が妊娠や中絶、

不妊については国際的にみて

40年以上後れている事実を

知らなければならないと

思います。

ピルの承認に34年もかかった反面、

バイアグラはたったの6か月で

承認されるような国はほかに

ありません。

私たちは、私たち自身がいかに

情報弱者であるか、そしてはっきり

言って無知であるかについて事実を

知らなければならないのです。

そのきっかけになったとしたら、

デヴィ夫人の老害も糧に変える

ことができるはずです。

スポンサードリンク

デヴィ夫人の発言

テレビの生中継で事実無根の

暴言を吐き、さらにネットでも

「持論」をふりかざしたデヴィ

夫人は、多くの女性と男性を

傷つけました。

デヴィ夫人は、自分はカトリックの

信者なので中絶に反対なのだとも

言及していますが、キリスト教徒

だからといって苦しんでいる人を

さらに傷つけることが許される

わけがありません。

しかし、あえて弁護するなら、

デヴィ夫人は昭和15年生まれの

80歳、戦前生まれです。

その言動が無知や偏見に囚われて

いるのは、酷な言い方ですが

「老人だから仕方ない」のかも

しれません。

老人、というのは年齢に限らず、

新しいことを学べなくなった人

という意味です。

しかし、デヴィ夫人より若い人間で、

中絶に関して彼女よりも正しい情報を

持っている、と言い切れる日本人が

果たしてどのくらいいるでしょうか?

中絶について40年遅れている日本

(出典 : https://allabout.co.jp

残念ながら、中絶に関して

日本の医療は世界の標準から

40年以上後れているのが

実態です。

日本では、人工妊娠中絶を、

掻爬(そうは)法という手術で

行っています。

実は、中絶を手術で行うこと

自体が、国際的な見地から

見てすでに後れまくって

いるのです。

しかも掻爬法は、術前に処置が

必要で、痛みを伴う上、施術の

失敗によっては母体に危険を

もたらすことから、多くの国が

何十年も前からやめている

方法なのです。

デヴィ夫人の「不妊=中絶した人」

という見方は、こうしたところ

から連想されるタブー視でしょう。

ならば世界はどうしているのか?

先進国は経口薬で中絶を行います。

手術ではなく、飲み薬です。

フランスでは1980年代に認可

されている薬ですが、しかし

日本では、この飲み薬は

いまだに認可すらされて

いませんので、そもそも選択肢に

すら入っていないのが現実です。

手術にしても格段に後れています。

日本の主流である掻爬法は

とっくの昔の古いやり方であり、

現在は吸引法というのが一般的です。

吸引法は術前の処置もいらず、

使い捨ての細くて柔らかい

チューブを使うため、

金属の器具で文字どおり

「掻き出す」掻爬法より

ずっと負担が少なく安全なのです。

スポンサードリンク

中絶の痛みや負担は女性への罰でしかない

ならばなぜ、日本では、

より女性に負担のない方法が

普及しないのでしょうか?

それは中絶が不道徳である、

罪である、という考え方から

くる、女性への罰として、

女性が安全になることを

許さないからだと思います。

中絶すると将来妊娠できなくなる、

といって脅し、それでも中絶を

選んだ女性には身体的な痛みと、

心理的な罪悪感、そしてあさましい

ことに保険外としての費用の

全額負担という経済的な困難も

おしつける。

そうして女性を苦しめているのが、

この日本という国の実態なのです。

しかも、産婦人科医までが中絶を

希望する女性に対し、

『一生妊娠できなくなるかも

しれないけどいいの?』みたいな

脅しをかけることも少なくありません。

スポンサードリンク

中絶の安全は女性の権利

WHO(国際保健機関)の提唱する

「リプロダクツ・ライツ・アンド・

ヘルス=性と生殖における女性の

権利と健康」を日本社会は認め

ようとしていません。

しかし、中絶とは、身体的・

心理的・社会的のすべてにおいて、

女性の人生を大きく揺るがす

事態です。

性教育すら満足に受けられず、

性と妊娠・出産にあまりにも

無知なまま、日本人は性交渉の

可能な年齢に入ります。

その無知が、女性の生命と人生を

脅かしていることを、当の女性

自身も知りません。

しかも、自分の体を守ることが

不道徳である、罪であるとさえ

言われるのです。

デヴィ夫人の暴言は、彼女

一人が異常というわけでは

なく、この社会の多くの人が

いまだに持ち続けている

誤った現実を照らしたと

言えるでしょう。

スポンサードリンク

中絶についてもっと知りたい人へおすすめのサイト

こうした日本社会の無知に、

声を上げる産婦人科の医師も

多くなっています。

産婦人科医の遠見才希子

(えんみ・さきこ)さんは、

中絶に対し、現場の医療

従事者の間にさえ罪悪視

する傾向があると

指摘しています。

↑遠見才希子さん

(出典 : https://www.nhk.or.jp

「道徳のようなものと、医療を

ごちゃごちゃにしているところが

中絶はすごくあると思うんですよね。

まず医療者に一番大切なのは、

医療を安全に平等に必要な

すべての人に届けることだから、

そこが最初からごちゃごちゃで、

見失っているのが今の中絶医療

なのかなと思います」

「海外では女性の体を守ると

いうか、女性の体の健康のために

という視点があるので、薬剤が

出てきたら、薬剤切り換えという

国が多い。日本では薬があること、

その選択肢があることを知らされ

ていない。これはすごく問題だ

と思う」

遠見才希子さんの言葉は、

ひじょうに冷静だと思います。

道徳や宗教でなく、事実を

述べているからです。

遠見才希子(産科医師)の
記事はこちら↓

日本の後れた医療を憂える

遠見才希子さんは、

「セーフアボーションジャパン」

という団体を発足させ、

インターネットで知識を普及

させる活動をしています。

↑セーフアボーションジャパンのサイト

(出典 : https://safeabortion.jp/

中絶についての正しい知識を

知るために、すべての女性が

妊娠可能年齢になる前に知る

べきことが書かれています。

スポンサードリンク

WHO(世界保健機関)

「掻爬法は、時代遅れの外科的

中絶方法であり、真空吸引法

または薬剤による中絶方法

(Medical Abortion)に

切り替えるべき」

と勧告しています。

実際、欧米を含む先進諸国では

掻爬法はほとんど行われておらず、

掻爬法の実施率は、アメリカでは

0~4%、イギリスでは0%と

報告されています。

このことだけでも、もっと多くの

日本人女性に知ってほしいと

思います。

現在は、吸引法を行うクリニックも、

少数派ではありますが存在しています。

そうしたよりよい選択を女性たちが

行えるような社会であってほしい

ものです。

以上、デヴィ夫人の暴言から見た

日本の現実でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする