金野千恵プロフと建築が街や世代と共生するあり方『デザイン トークス+』

(出典 : http://te-co.jp)

今回は、3月26日オンエアの

『デザイン トークス+』

出演した

金野千恵(こんの・ちえ)さん

クローズアップしたいと思います。

プロフィールの他、

金野千恵さんが友人と

立ち上げた

建築会社teco(テコ)の手掛けた、

「共生」をテーマにした建築を

見てみました。

スポンサードリンク

プロフィール

金野千恵さん

1981年生まれ。

2005年に東京工業大学工学部

建築学科を卒業した後、

スイスの連邦工科大学に

奨学生として留学しました。

のち、東京工業大学に復学し、

2011年に工学博士号を取得。

11年以降は大学院の助手や

客員研究員、非常勤講師など、

学際的な活動を務めています。

2015年に、友人の

アリソン理恵さんとともに

一級建築士事務所 t e c oを

設立。

梃子(てこ)のように、

小さな力で大きなものを

動かすことをモットーに

ビジネスの世界に打って出て、

住宅や公共施設などの設計を

数多く受注しました。

t e c oは、一般の住宅

以外に、福祉や介護の場と

なる建物の設計に多く

かかわっているのが特徴です。

地域になじみ、利用者だけ

でなく、地域のいろいろな人が

気軽に集まれる半・公共の場と

しての空間をデザインすることを、

イタリアのロッジアという

半屋外の屋根のある空間や、

ネパールのパティという

軒先のスペース、さらに日本の

涼み廊下などに着想を得て、

設計しています。

街と共生し、世代が共生する作品

住宅「向陽ロッジアハウス」

金野千恵さん

が2011年に手掛けた新築住宅が、

東京の郊外にある戸建て住宅の

「向陽ロッジアハウス」です。

(出典 : http://te-co.jp)

庭と建物の間を、ロッジア

呼ばれる屋根付きの半屋外

空間がつないでいますが、

このロッジア自体には特別な

機能はなく、ただなんとなく

いられるという、開放的な

場になっているのが特徴です。

(出典 : http://te-co.jp)

(出典 : http://te-co.jp)

ロッジアに家の人と地域の人が

集まり、食事をしたり遊んだり

できるようになっています。

スポンサードリンク

訪問介護事業所「地域ケアよしかわ」

埼玉県吉川市にある

吉川団地の商店街の一角を、

訪問・介護事業所として

リニューアルしたもので、

2014年に完成した物件です。

(出典 : http://te-co.jp)

金野千恵さんにとって、

初めて福祉にかかわった仕事と

なりました。

テーマは、

「地域の人が集まれる空間」。

訪問介護のスタッフが待機する

事業所であると同時に、公園に

面した場所柄を生かし、高齢者・

一般の人の別なく、気軽に

集まれる場になることが

求められました。

(出典 : http://te-co.jp)

こちらも偶然ですが、イタリアの

ロッジアのように、屋根付きの

屋外空間があります。

(出典 : http://te-co.jp)

外に長い椅子を作り、それを

中まで続けて入りやすい効果を

出した設計になっています。

訪問介護のステーションと

いうことで、最初は高齢者の

利用を考えていたそうですが、

軒先に子どもたちが集まる

ようになり、高齢者と子ども

たちの交流が自然と生まれた

ことは、金野千恵さん自身に

とっても意外な「使われ方」

だったそうです。

しかも、子どもたちの中には

夜までここで過ごす子がいて、

親の帰りの遅い子が夕ご飯の

時間になっても一人でいる

ことに気づいたことから、

ボランティアや事業所の

職員が子ども食堂を立ち上げるに

至ったといいます。

まさに、地域の「場」として、

地域に存在する問題点にも

気づかせてくれる建物と

なったわけです。

スポンサードリンク

「幼・老・食の堂」

訪問介護事業所

「地域ケアよしかわ」の経験を

生かしたのが、2017年に設計した

「幼・老・食の堂」です。

(出典 : http://te-co.jp)

こちらは、設計当初から高齢者と

子どもを対象とした福祉サービス

拠点として計画されました。

高齢者向けには、看護小規多機能

型居宅介護施設と呼ばれる、

在宅の高齢者の訪問・

デイサービスや宿泊を手掛ける

場として、また、子ども向けには

企業主導型保育所として、社員の

子どもを中心とした預かり

サービスを行う場として、

これらを収束して「食」を

提供する場所となりました。

道路に面した1階は、さまざまな

世代の人が集うように、地域に

開かれた食堂になっていて、

この「場」の在り方が、そのまま

街につながるように設計され

ました。

高齢者施設、子ども向け施設、

と縦割りにするのではなく、

いろんな人がいられる空間で

あってほしい、というのが

金野千恵さんの求める

在り方なのです。

(出典 : http://te-co.jp)

(出典 : http://te-co.jp)

金野千恵さんは、建築家と

して、住宅の専門家、施設の

専門家といった、何かの専門家に

なりたいとは思っていないと

いいます。

逆に、特定の分野から飛び出して、

新しいことに挑戦し、さまざまな

ことを包括的に手掛ける

ジェネラリストとしての建築家で

ありたいそうです。

建物の使われ方は、一つだけ

ではありません。高齢者施設が

子ども食堂にもなったように、

建築家でさえ思いつかなかった、

新しい使われ方がある、

ということが、建築に新しい

世界を広げてくれると

金野千恵さんは思っている

そうです。

以上、一級建築士の

金野千恵さんと、

その作品についてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする