西宮冷蔵水谷洋一の雪印事件内部告発と娘・真麻さんの悲劇 カンパの方法

(出典 : http://www.nishirei.net)

今回は、あの雪印食品による

牛肉偽装を内部告発した

水谷洋一さんの過酷なその後と

現在をクローズアップしたいと

思います。

雪印という巨大企業による

2億円詐取の事件に

たった一人で立ち向かって

内部告発をした水谷洋一さん

しかし結果は、国土交通省よる

水谷洋一さんへの営業停止処分、

また、相次ぐ取引先の撤退など、

勇気ある告発に対してあまりに

ひどいものでした。

日本社会の闇と病みを

目の当たりにし、娘の真麻さんに

まで被害が及んだにもかかわらず、

戦いを続ける水谷洋一さん

努力を知りたいと思いました。

スポンサードリンク

雪印牛肉偽装事件とは

2001年、日本は狂牛病(BSE)の

問題に揺れていました。

感染が疑われる肉は膨大な数に

上りましたが、それらすべてを

廃棄することは、業界への

大ダメージが予想されました。

そこで国は、国産牛へ補助金を

出すことで、酪農家への打撃を

減らそうとします。

この補助金を詐取したのが

雪印食品でした。

外国産の安い牛肉を国産肉と偽り、

補助金で国に高く買い取らせる

ことによって、2億円近い金額を

得たのです。

その犯罪を内部告発したのが

老舗の倉庫業者・

西宮冷蔵社長の水谷洋一さんです。

それにより、雪印の企業ぐるみの

犯罪が世に明らかとなりました。

内部告発への非情な結果

しかし、事件は予想もしなかった

であろう方向へ進みます。

企業の悪を世に知らしめた

水谷洋一さんの勇気ある

行動に対し、

国は、事件を起こした雪印食品

だけでなく、告発した水谷洋一さん

までも「隠ぺいに協力した」として、

営業停止処分を科したのです。

すると、他の取引先企業が

相次いで西宮冷蔵との取引を

打ち切り、勇気ある告発をした

水谷洋一さん西宮冷蔵

大打撃を受けてしまいます。

勇気をもって不正を告発した

人間に対し、国も取引先も

あまりに冷淡でした。

結局、大企業の言いなりになって

犯罪に目をつぶらねば生きて

いけないのか。ダメなことを

ダメといった人間が逆に

ひどい仕打ちを受けるのか。

巨大企業に楯突いた者はこうなる、

という見せしめのような反撃が、

政官財から束になって

襲い掛かったのです。

西宮冷蔵は2002年に

休業状態に陥りました。

娘・真麻さんの悲劇

正直者がバカを見ることは

あってはならない。

水谷洋一さんは負けません

でした。

JR大阪駅前で告発を続け、

カンパを募りました。

消費者運動の関係者や、

多くの人の善意で、

2004年に西宮冷蔵

再出発を果たします。

しかし、事件は西宮冷蔵

水谷洋一さんだけでなく、

水谷洋一さんの家族にまで

凶事を起こしました。

西宮冷蔵が休業させられ、

金策が尽きた結果、

次女の真麻さんは私立高校への

進学を断念、公立高校への

進学を余儀なくされます。

追い詰められた家庭の

状況でストレスを負った

真麻さんは非行に走り、

高校を中退。精神的に

不安定になり、17歳の時、

飛び降り自殺を図って

しまいました

一命はとりとめたものの、

頚椎損傷で麻痺が残り、

重度障碍者として車いすでの

生活となってしまいます。

水谷洋一さんは内部告発が

家族にこのような形で災いを

なしたことに、はじめて後悔を

覚えたといいます。

告発した者が割を食う。

告発したらつぶされる。

水谷洋一さんの窮状は、

日本社会にそうした空気を

作っていきました。

さらに理不尽は続きました。

2013年に、顧客から

冷凍野菜を税関抜きで通し、

「密輸」するよう

求められたのです。

水谷洋一さんは拒否し、

契約を解除しました。

大口の取引相手だったため、

会社の業績は見通しが

立たなくなり、残る取引先も

逃げるように去り、西宮冷蔵

全社員を解雇せざるを

得ませんでした。

倉庫を人に貸してしのぎますが、

固定資産税を滞納、賃料を

差し押さえられてしまいます。

スポンサードリンク

西宮冷蔵を支援するには・カンパの方法は

↑告発を続け、カンパを募る

水谷洋一さんと真麻さん。

(出典 : https://www.nikkansports.com)

水谷洋一さんは今も戦っています。

2012年、その軌跡が、

社会派ドキュメンタリー映画

『ハダカの城 ~西宮冷蔵・

水谷洋一~』として

映像化されました。

これにより、内部告発の

その後を知った人々が

いちだんと増えました。

現在、水谷洋一さんは、

真麻さんの世話をしながら

週に1度は街頭に立って

チラシを配り、カンパを

募っています。

全国から約1,500万円が

集まったそうですが、

借金返済や固定資産税に

充てるため、6千万円は

必要だそうです。

水谷洋一さんは「共感して

くれる取引先と、食の安全を

追究したい」と言います。

カンパの振込先は

西宮冷蔵の電話 0798-35-1234

問い合わせてほしいとのことです。

スポンサードリンク

まとめ

水谷洋一さんの勇気が、

この社会の事なかれ主義や、

長いものには巻かれろ的な

悪しき体質にさいなまれた

ことは、この社会では

犯罪も許されるということを

示していると思います。

勇気の告発をした人が

守られる、そんな当たり前の

ことがなされない現状では、

今後も偽装や隠ぺいが

続くでしょう。

この国の未来がとても

暗く見えて悲しくなりました。

何千人もの雇用を抱え,

多額の税金と献金を納める

大企業に対しては、たとえ

犯罪を犯しても罰することは

できない、という「事実」が

見えた気がします。

しかし、それでも戦い続ける

勇気ある水谷洋一さん

すべてを任せきってもいけない

と思うのです。

このBSE偽装事件以来、私は

雪印の商品を買ったことは

一度もありません。一度もです。

私なりの抵抗のつもりですが、

たとえ一人一人は弱くても、

大勢が集まって行動すれば、

制裁を下すことはできると

信じています。

以上、社会の理不尽に

立ち向かう西宮冷蔵社長

水谷洋一さんの紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする