濱津隆之にオファー殺到『カメラを止めるな!』でブレイク! 次の作品は?

今回は、インディーズ映画『カメラを止めるな!』で大ブレイクした濱津隆之さんをクローズアップしたいと思います。

ひげ面で、妙にハイテンションな、不思議なおじさんというかんじの濱津さんはどんな役者さんなのでしょうか。オファーが殺到しているそうですが、次なる役はどんなものなのか。調べてみました。

目次

プロフィール

大抜擢!『カメラを止めるな!』

ドラマ出演が続々決定。次なる役は?

濱津隆之とは――プロフィール

1981年生まれ、と聞いてまずびっくり。ひげ面のせいでしょうか、40代くらいの方だと勝手に思ってました。すみません。

大学時代に学園祭を仕切った経験からパフォーマンスの世界に惹かれ、卒業後に吉本興業のタレント養成所・NSC東京校に入ります。最初はお笑いの道を目指していたそうです。

その後、俳優に転向。小劇場などの舞台に立ったり、短編映画に出演したりします。そして、監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのオーディションに参加した際に、上田慎一郎監督の目に留まり、映画『カメラを止めるな!』の主演・日暮隆之役に抜擢されました。

プライベートでは、音楽鑑賞が趣味だそうですが、一時期はDJをしていたということもあって、かなり本格的のようです。

大抜擢!『カメラを止めるな!』

『カメラを止めるな!』、通称「カメ止め」は、予算300万円のインディーズ映画作品ながら、2018年の公開以降口コミで評価が広まり、全国公開に昇格、210万人を動員するヒット作に化けました。

濱津隆之さん演じる主人公・日暮隆之は、穏やかな顔と狂気の顔を持ちあわせる難役でしたが、映画の評価とともに濱津氏の演技への好感もうなぎのぼり。ついに第42回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、第28回東京スポーツ映画大賞でも主演男優賞にノミネートの快挙を成し遂げました。これは平成最後のシンデレラ・ボーイ?伝説ではないでしょうか。一気に人気俳優への階段を上りました。

ちなみに、演じる俳優をあらかじめ想定して脚本を書く「当て書き」だったので、役名がご本人と同じ「隆之」なんですね。

この作品で、ひげ面をほめられたとのことで、以降もひげをのばし続けているそうです。チャンスと幸運を運んだ、しあわせのヒゲ?かもしれません。

また、ひげといっしょに印象深いのが、歯並びの悪さ。「芸能人は歯が命」の真逆を行く、掟破りの歯並びがかえってめずらしさを呼びますが、なんと歯医者さんにもさじを投げられて、矯正するには器具でなく手術が必要、と言われてしまったそうです。絶望的な状態みたいですが、それもまた、役者としての個性にしてしまったのはお見事です。

ドラマ出演が続々決定

一躍時の人になった濱津さんの話題性を狙って、続々とオファーが来た濱津隆之さん。

2019年3月には『NHKスペシャル 詐欺の子』で、実話をもとにしたドキュメントパートに、詐欺グループの親玉というアクの強い役どころで出演。

春スタートの連続ドラマでも、2本の作品にキャストインし、早くも話題になっています。

1本は、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演ドラマ『ミラー・ツインズ Season1』

第1話から登場し、物語の謎を招くミステリアスな役どころです。

照明の加減でしょうか、いわゆる「どろぼうヒゲ」に見えるんですが、悪い人かどうかはまだ分かりません。

また、この作品の番宣で、『FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦』に、「ミラーツインズ」チームの一人として参加しました。

専用の控室の前での一コマ。うれしそうですね。

もう1本はWOWOWの『連続ドラマW 絶叫』です。

こちらはちょっと理知的なお顔です。主人公と関係を持つ男、と紹介されていますが、もしかしてラブシーンとかあるのでしょうか。濱津さんがキャストインしたということは、あるいは途中から狂気をのぞかせたりするかも? 何かしでかしてくるんじゃないか、とあらぬ予感がするのも、濱津さんの役者としての面白さですね。

まとめ――怪優誕生?

有名になったばかり、といっても、すでに怪しい俳優としての雰囲気十分な濱津隆之さん。

春ドラマはどちらも謎めいた役なのも納得です。

これからどんな演技を見せてくれるのか、期待が膨らむ注目の俳優さんです。

以上、濱津隆之さんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする