吉田栄作のキャリア トレンディドラマ御三家~渡米~帰国後そして今

今回は、俳優・吉田栄作をクローズアップしたいと思います。

20代にトレンディードラマの顔として、「トレンディ御三家」「平成御三家」の一角をなしたあと、突然の渡米。

帰国後、新たな道を歩んで現在に至るまでを見てみました。

目次

プロフィール

トレンディドラマの顔・平成御三家

渡米――そして結婚

帰国後、今

これからの役どころ

吉田栄作とは・・・プロフィール

吉田茂と佐藤栄作を足して2で割った名前、なんて冗談もありましたが、それはさておき。

1969年生まれの神奈川県出身。

「若いころはツッパリだった」という吉田栄作青年ですが、1988年(19歳)に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でグランプリを獲得、俳優としてスタートします。

1989年には歌手としても活動を開始し、1990年・1991年には紅白歌合戦にも出場。

1990年代にはトレンディドラマに数多く出演。「トレンディ御三家」「平成御三家」の一人と言われ、人気絶頂でした。

1995年、日本での芸能活動を休止して、単身アメリカへと渡ります。

1997年にモデルの平子理沙と結婚。

1998年に帰国。芸能活動を再開、より多彩な役柄へとシフトしました。

2015年には、18年間連れ添った平子理沙と離婚。

2018年、フリーランスに転身し、現在に至ります。

トレンディドラマの顔・平成御三家

80年代末から90年代前半にかけて、平成の始まりとともに一世を風靡したトレンディドラマの世界で、吉田栄作は一気にスターの座をつかみました。

加勢大周、織田裕二とともに「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれ、一時代を築きます。

『君の瞳に恋してる!』(1989年)

『キモチいい恋したい!』(1990年)、
『クリスマス・イブ』(1990年)
『愛さずにいられない』(1991年)
『もう誰も愛さない』(1991年)
『徹底的に愛は』(1993年)

などなど、有名作品が目白押しです。

しかしその反面で、とんがった言動がたたったか、雑誌『an・an』の投票では「嫌いな男№1」の称号をいただいてしまったことも。甘いトレンディ俳優としての人気と、本人への評価が真っ二つであったことが、この頃の吉田氏の特徴になってしまったのも事実です。

渡米――そして結婚

そして、俳優・歌手ともに超売れっ子だった日々をバッサリと断ち切り、吉田氏は単身アメリカのロサンゼルスへと渡りました。

始めは英語もろくに話せなかったようで、のちのインタビューで「孤独だった」と語る日々を送ります。

俳優としても、「平成御三家」としてのキャリアをリセット。現地の養成所で学びなおし、新たな道を探っていたようです。

そんな中、1997年にモデルの平子理沙さんと結婚しましたが、吉田氏自身はアメリカに単身飛んでおり、「別居婚」がスクープされるようにもなりました。孤独を知ったからこそ、パートナーを選んだのでしょうが、それでもなお、そのパートナーを置いてストイックに自分と向き合うことを選んでいたのかもしれません。

帰国後――そして今

1998年に、3年間の渡米生活を終えて帰国した吉田氏は、ここから一転、新たなキャリアを築いていきます。それはトレンディドラマ一色の世界から、もっと広い世界へ、俳優・吉田栄作が羽化した瞬間でもありました。

当時、私の記憶に残ったのは、アメリカドラマ『ザ・ホワイトハウス』での吹き替え出演でした。

「え? 吉田栄作が声優?」「というか、吉田栄作って久しぶりに名前聞くわ」と驚いたものです。また、同年の大河ドラマ『元禄繚乱』にも出演され、「トレンディでない吉田栄作」がスタートした年でした。

さらに2001年には、『マネーの虎』で司会を務め、俳優と歌手にとどまらない活動を見せるようになります。

また、俳優としても、刑事ものや法廷ものなどで「堅い」役を次々とこなしていきました。

映画では、『亡国のイージス』(2005年)での海上自衛隊ミサイル護衛艦「いそかぜ」の副長役や、『ミッドナイト・イーグル』(2007年)での自衛隊三等陸佐役など、これまた堅い自衛官役を演じていきます。

2015年には、18年連れ添った「別居婚」の平子理沙さんと離婚、バツイチ、子なしの文字どおりの「一人」になったことが、彼の人間的な幅を広げたのかもしれません。

2018年には、それまで所属していた芸能事務所を退職し、フリーに転向しましたが、これもまた転機であったのではないかと思われます。同時に女優の内山理名さんとの交際も報道されました。

同18年には、それまでのビジュアルを一変させ、マンガの実写ドラマ化作品『天 天和通りの快男児』で、赤木しげる役を硬軟自在に演じられました。

トレンディドラマのさわやかな、甘々な世界観から180度転回し、伝説の博徒、男が惚れる男を演じた吉田さん。

個人的にこの原作マンガの大ファンである私としては、赤木役が吉田栄作と聞いて、正直「大丈夫なのか?」と思ってしまったのですが、人生紆余曲折し、離婚と独立を経て「ひとり」となった吉田氏にとって、象徴的な役になったのではないかと今は思っています。

これからの役どころ

2019年春スタートのドラマ『警視庁機動捜査隊216 10』では、第1話ゲストとして、ハゲタカファンドの代表という、クセのある役を演じられます。

また、5月24日公開の映画『空母いぶき』では、背広組の一人として、緊迫する政治世界で権謀術数をめぐらす人物にキャストイン、自衛官に続いて堅い役どころが見られるようです。

まとめ――幅広い演技へ

トレンディドラマの顔だった当時は、失礼ながらまったく興味がなかったのですが、渡米で人生を変えたのち、幅広い演技のできる「いい役者」になったのはうれしい限りです。むしろ、今の方が「ナイスガイ」なのではないでしょうか。

今後に注目したい俳優さんです。

以上、吉田栄作さんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする