香川照之のたくさんの顔 俳優 歌舞伎役者 実業家 そしてカマキリ?

今回は、俳優の香川照之さんをクローズアップします。

俳優・香川照之は名バイプレイヤーであり、歌舞伎役者・九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)でもあります。

どちらか一つでもモノにするのは非常に難しいのに二足のわらじを履いています。

また、東大卒の「頭いい人」であり、ボクシングの解説者であり、昆虫について熱く語る「カマキリ先生」であり、アランチヲネ株式会社を経営する実業家でもあります。

こんなにたくさん極めているっていったいどんな人なのでしょうか。やることなすことすべてが人並み以上の活躍ぶりです。

ただし、そんな香川さんでも、家族関係には複雑なものがあるようです。

二代目市川猿翁の息子であり、浜木綿子の息子であり、五代目市川團子の父であり、元キャビン・アテンダントの女性と結婚しましたが、離婚したことが報道されています。

いろんな顔を持つ香川さんの実像について、見てみました。

目次

プロフィール

名バイプレーヤー・香川照之とは

歌舞伎役者・九代目市川中車とは

複雑な家族との関係は?

プロフィール――たくさんの顔

1965年生まれ。

二代目市川猿翁と浜木綿子の息子として、芸能一家に生まれますが、1968年(3歳)に両親が離婚、以降父親とは長く断絶が続きます。

1988年(23歳)東京大学文学部社会心理学科を卒業。「親の七光り」で俳優になることを決意したそうですが、ここからすでに「家族」への思いが複雑に存在しているように見受けます。

1989年(24歳)、大河ドラマ『春日局』で俳優としてのキャリアをスタート。

1995年(30歳)、元・日本航空のキャビンアテンダントの女性と結婚します。

2011年(46歳)、歌舞伎の世界に飛びこみ、九代目市川中車を襲名、「俳優・香川照之」と「歌舞伎役者・市川中車」の二つの世界を歩むことになります。

ボクシングの熱狂的なファンであり、雑誌『ボクシング・マガジン』に連載を持ち、解説者としても活動。2011年の映画『あしたのジョー』で丹下段平役を好演した際は感慨深かったようです。

大の昆虫マニア。カマキリの着ぐるみ姿で教育テレビでの番組化を熱望し、みごと『香川照之の昆虫すごいぜ!』に主演。「カマキリ先生」として昆虫の世界を熱く解説しています。ちなみに着ぐるみは「メスのカマキリ」なので、「『お母さん』と呼びなさい」とのことです。

2018年には、会社アランチヲネを設立。昆虫のイラストを使ったアパレルなどの事業を起こしています。

名バイプレーヤー・香川照之とは

大河ドラマだけでも6作に出演している香川さんですが、私が遅まきながら香川さんを初めてじっくり見たのは、2009年の映画『カイジ 人生逆転ゲーム』での利根川幸雄役でした。

大人気漫画の実写映画化として、すでにファンの間には明確なビジュアルがあったわけですが、香川さん演じる利根川は、原作とは見た目が違うけれど間違いなく利根川!という「蛇」のオーラをみごとにまとっていたのを覚えています。映画の後半に登場するギャンブル「Eカード」では、狂気の沙汰を怪演され、原作ファンををも圧倒しましたが、メイキングシーンでは撮影の合間に「Eカード、もうやらん! 絶対やらん!」と宣言?されており、たいへんな演技だったようです。

ドラマでは、2013年の『半沢直樹』で演じた、主人公に敵対する大和田常務役が白眉でしょう。最後に渾身の土下座シーンをこれまた怪演され、変幻自在の表情とともに、なんだかただならぬ演技のできる怖い名バイプレーヤーぶりを世にしらしめました。

映画、ドラマに八面六臂の出演をこなされ、2017年までには国内外の各賞で助演男優賞を26個、主演男優賞も2つ受賞と、俳優として輝かしい業績を積んでおり、まちがいなく現代の名優と言える方でしょう。

歌舞伎役者・九代目市川中車とは

2011年(45歳)の時に、歌舞伎の世界に入り、九代目市川中車(くだいめ・いちかわ・ちゅうしゃ)を襲名した香川さん。お父さんが歌舞伎役者・二代目市川猿翁であることから表面的には父親の跡を継いだことになります。

2018年(53歳)には、市川中車として第34回浅草芸能大賞奨励賞を受賞しており、その実力は折り紙つきですが、歌舞伎の世界に入ることは、決して平たんな道ではなかったようです。

複雑な家族との関係は?

両親の離婚後、幼少期から父・猿翁とは関係が断絶していた香川さんですが、1990年(25歳)に、猿翁の元を訪ねたことがあったそうです。しかしその時は「息子でも父親でもない」と辛い言葉をかけられたとか。これはそうとうに哀しい経験だったのではないかと思います。

その後、20年を経て歌舞伎の世界に入られた香川さんの胸中には、長く続いている歌舞伎界の血のつながりの中に自分も入りたいという思いがあったのかもしれません。2004年(39歳)に授かったご長男・政明くんの誕生も、歌舞伎界入りへの大きなきっかけであったそうです。両親の離婚による断絶を、父と自分と息子という世代のつながりとして回復し、歌舞伎の世界の中に生かしたかったのではないでしょうか。

父親と、父親の背負っている歌舞伎の歴史から切り離されてしまったこと、「息子でも父親でもない」と冷たく拒絶されたことが、いっそう血のつながり、歴史のつながりを強固に求めた結果に見える気がします。

ただし、その選択は、香川さんの結婚生活に離婚という結果をもたらしてしまったと言われています。

歌舞伎界では、役者の妻は、内助の功としての働きを強く求められます。香川さんが歌舞伎役者の道を選んだことが、自動的に奥さんの仕事をも大きく変えてしまったということになります。憶測の域ではありますが、元キャビンアテンダントという自立した女性にとって、古い慣習に引き込まれ、自分を変えねばならなかったことが重荷になり、それが離婚に至った原因ではないかという推察は、当たらずとも遠からじという気がします。夫に従い、夫を立てて、古い伝統の中で強固なしきたりに従う生活は、なかなか難しいものがあったのでしょう。

また、香川さんのみならず、息子さんもまた歌舞伎界に入っていることを考えると、香川さんの決断が、結果的に妻と子両方の人生まで規定してしまったように思えます。血のつながりは同時に家のつながりでもあった、その結果が離婚であったとすれば、それはひとつのつながりを得て、ひとつのつながりを失った、そんなふうに見える気がするのです。

まとめ

香川さんのキャリアどれもすでに十分すぎるほど輝かしいものです。普通の人は努力してやっと一つ掴めるかどうかというところを、香川さんはいくつも得ています。それでもさらに血のつながりをも求めた、というところに、拒絶され、のちに和解を得たというお父さんとの関係の影が色濃くあるようにみえてしまうのは、無責任な想像かもしれませんが、今回強く感じたところです。

一観客として、香川照之/市川中車をドライに楽しめばいいのかもしれませんが、ちょっと切なくもなった次第です。

以上、香川照之さんのご紹介と無粋な想像でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする