佐々木希がセックス依存症の妻を演じたドラマが現在の渡部建と同じ!離婚せず治療か?

(出典 : https://www.nikkan-gendai.com/articles)

アンジャッシュの渡部建さんが、

複数の女性と不倫行為に及んでいた

というニュースは、その密会の内容

など、生々しい証言が飛び出したり、

女性の数も4人かそれ以上かと、

日を追うごとに新しい情報がネットに

上がっています。

それらの情報を総合すると、

ただの浮気とは思えない状況が

明らかになり、

渡部建さんは、セックス依存症

なのではないか」

という意見が上がってきています。

セックス依存症は、正確には

性嗜好障害と呼ばれ、代表的な

ところではアルコール依存症や

ギャンブル依存症と同じく、

精神のコントロールが効かなく

なる病気として捉えるものです。

渡部建の複数不倫は

多目的トイレに呼出し?

実は、佐々木希さんは、渡部建さん

結婚した2017年に、くしくも野島伸司

脚本でこのセックス依存症をテーマにした

『雨が降ると君は優しい』というウェブ

ドラマに主演していました。

このドラマの経験が、現在の渡部建さんとの

関係に大きくかかわってくるかもしれません。

スポンサードリンク

佐々木希がセックス依存症の妻役『雨が降ると君は優しい』

(出典 : https://www.hulu.jp)

『雨が降ると君は優しい』は、

2017年に野島伸司氏ののオリジナル

脚本で制作された、hulu限定公開の

ウェブドラマです。

さすがに地上波ではムリだろうと

思わせるセックスシーンが多く、

ウェブ公開なのも納得なのですが、

このドラマで佐々木希さん

セックス依存症の妻を演じている

のです。

物語は、心から愛しあう新婚の

夫婦でありながら、妻が実は

セックス依存症で、不特定多数の

男性と肉体関係を持ってしまう

というもの。

夫にそのことがばれてしまうのですが、

2人はセックス依存症を病気であると

認め、治療することで試練を乗り越え

ようとする、その葛藤の物語です。

セックス依存症の妻を演じるにあたり、

当時自身も新婚だった佐々木希さん

体当たりで複数の男性との逢瀬を演じました。

(出典 : https://www.hulu.jp)

佐々木希さんは、この難役に対し、

次のようにコメントしています。

私が演じる彩は性嗜好

障害を患っていますが、

夫のノブちゃんを心の

底から愛している女性。

自分ではどうしようも

ない分、ものすごい

罪悪感にさいなまれ、

自分自身を嫌いになる

瞬間もあるからこそ、

ノブちゃんの前では

「いい妻」であろうと

します。
特に、症状が出た時や、

カウンセリングを受けて

いる時の彩は演じ方が

すごく難しいですが、

「すごくいい経験を

させていただいているな」

と感じています。

しかし、現在この物語を見ると、

男女を逆にすればまさに佐々木希さん

渡部建さんの今回の騒動を予見した

かのような内容です。

セックス依存症の妻を演じた

佐々木希さんが、セックス依存症

疑われている夫・渡部建さんと、

このドラマで得た経験をもとに

向き合っている、そう見えてしまいます。

渡部建の複数不倫!

佐々木希ほどの嫁がいてなぜ?

佐々木希さんと渡部建さんは離婚しない?

佐々木希さんは、セックス依存症

性嗜好障害というものについても、

もちろん知識を深め、役柄に生かして

います。

性嗜好障害は、社会的規範や

妻の存在とは無関係の激しい性欲に

翻弄され、その興奮や刺激を常習

するようになって、性的行動の

コントロールができなくなる

状態を指します。

アルコール依存や摂食障害と同様に、

患者1人の「がまん」でどうにかなる

ものではなく、「意志が弱い」から

なるものでもありません。

また、妻を愛していれば治るという

こともありません。

必要なのは病気に対する治療なのです。

そのことをドラマで学んだであろう

佐々木希さんは、現在の状況を

ある意味では冷静に受け止めている

かもしれません。

少なくとも「浮気したから即離婚」とは

ならないように思えます。

スポンサードリンク

佐々木希は渡部建に治療を受けさせるのか?

ドラマの中で夫婦がともに病気に

立ち向かったように、佐々木希さん

また、離婚はせず、夫に治療を受けさせ

ようとするのではないでしょうか。

性嗜好障害について知識のある

佐々木希さんなら、治療という

選択肢を選ぶ可能性は高いと思います。

また、現在は依存症専門のメンタル

クリニックも増えています。

投薬やカウンセリングを受けさせて、

病気に苦しむ夫を支える妻という

立ち位置を選ぶかもしれません。

しかしそれは、ドラマで描かれたように、

泥沼の修羅場でもあります。

小さなお子さんのいる佐々木希さん

とっては非常に難しいことにも思えます。

何より当の渡部建さんが、

自分は病気であるということを受け入れ、

治療に向かわなければ意味がありません。

きっかけとなる第一歩は、佐々木希さん

ではなく、渡部建さんが作るものだからです。

以上、佐々木希さんセックス依存症の妻役を

演じたことから、現在の状況を推察してみた

次第です。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする