巨大さくらんぼやまがた紅王とは?どこで買える?いくら?佐藤錦と比較『ケンミンSHOW』

(出典 : https://www.ajfarm.com)

今回は、7月23日オンエアの

『秘密のケンミンSHOW極』

紹介された巨大さくらんぼの

やまがた紅王(べにおう)

クローズアップしたいと思います。

お中元の季節にまるで宝石のように

美しく箱入れされて店頭に並ぶ

さくらんぼは、贈答用の

高級フルーツのイメージがありますね。

やまがた紅王とはどんな品種なのか、

どこでいくらで買えるのか?

もっとも有名なさくらんぼの佐藤錦と

比較してみました。

スポンサードリンク

やまがた紅王とは?

やまがた紅王は、さくらんぼの

生産量が日本一という山形県が、

2018年に世界最大のさくらんぼの

新品種として発表・登録したものです。

当初は「山形C12号」という記号で

呼ばれていましたが、2019年に

一般公募でやまがた紅王という

名前が決まりました。

(出典 : https://www.ajfarm.com)

やまがた紅王の特徴は、

なんといってもその大きさです。

直径3センチ前後で、500円玉の

26.5㎜よりもひとまわり大きい

ものになります。

さくらんぼの等級は大きさで

決められるのですが、

Mサイズで19ミリ以上のものから

3ミリきざみで、

L、LL、3Lとなっており、

有名な佐藤錦の大きさが

MからLLだそうです。

しかし、30ミリ以上の大きさを

持つやまがた紅王は小さくても3L、

大きければダントツの4Lとなります。

大型化した理由は、見た目もあり

ますが、海外輸出を想定している

ためといいます。

実が硬めであることも、海外への

輸送時に型崩れしないように、

日持ちするように作られているのです。

日本のフルーツはアジアなど海外で

たいへん人気があり、国内消費が

頭打ちする中、海外への輸出に

活路を開くための方針なんですね。

やまがた紅王はどこで買える?

やまがた紅王はもちろん、

国内でも高級さくらんぼとして

流通する予定です。

(出典 : https://www.ajfarm.com)

予定というのは、現時点ではまだ

市場に出回っていないからで、

先行販売が2022年、一般向け

販売は2023年に開始される

とのことです。

なので残念ながら、今はまだ

買えません。

3年後の初夏に千疋屋の店頭に

どかーんと並ぶのかもしれません。

3年後まで待ちきれないですね。

スポンサードリンク

やまがた紅王はいくらになる?

見た目の大きさどおり、

インパクトの大きいやまがた紅王

ですが、価格はいくらになるので

しょうか?

現在はまだ生産農家が限られている

こともあり、そのへんのスーパーで

普通に販売されるまでにはまだまだ

時間がかかりそうです。

なので、レアな逸品として

高級フルーツ市場に出てくると

思われます。

庶民にはちょっと手が出ないものに

なるとしたら、残念な気もします。

スポンサードリンク

佐藤錦と比較すると

山形のさくらんぼといえば、なんと

いっても佐藤錦が有名です。

国内シェアも72%と圧倒的ですし、

その8割近くは山形県で生産されています。

(出典 : https://www.ajfarm.com)

スーパーで売っているのは↑こんな

感じですね。

しかし、やまがた紅王は大粒の希少品。

となればやはり

(出典 : 楽天市場より)

↑こんな感じに整然と並んだ贈答用の

イメージでしょうか。

ちなみにこちらの佐藤錦は500g入りで

4,800円のものです。

さらにグレードアップすると。。。

(出典 : 楽天市場より)

↑こんな感じに箱も豪華になります。

こらちは同じく500g入りで5,700円。

写真を見る限りでは40粒入りのよう

ですので、1粒142円ですね。

さらに高級贈答用となると

(出典 : 楽天市場より)

出ました!桐箱入り!

こちらのお値段はなんと9,800円です。

やはり40粒入りのようですので、

1粒あたり245円です。

まさに食べる宝石ですね。

スポンサードリンク

やまがた紅王は、大きさも

希少性も佐藤錦をしのぎます

から、少なく見積もっても

お値段1万円は超えてくると

思います。

まさにフルーツ界のルビー、

初夏のお中元シーズンの王様に

なるのは確実です。

国内でも1万5千円程度、

海外富裕層向けの輸出品だと

2万円をつけてくるかもしれません。

ここまでくると恐れ多くなります。

フルーツといえば気軽に食べられる

ものから贈答用まで、幅広く販売

されていますが、やまがた紅王

最初から高級志向を狙っている

ようです。

なので、千疋屋とか高野フルーツ

パーラーといった有名高級フルーツ店で

しか目にすることのない品種になりそう

ですね。

気軽に食べられるようになる日は

来ないかもしれません。

以上、山形の巨大さくらんぼこと、

やまがた紅王についてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする