QuizKnockクイズノックで東大王に挑む!ファンレターは送れる?沼にハマってきいてみた

今回は東大王が立ち上げた

クイズ発信メディア・

QuizKnock クイズノック

についてクローズアップ

したいと思います。

今や芸能人並みに大人気の

東大王と、日本を代表する天才・

秀才が集まる

QuizKnockークイズノックー

活動はどんなものなのか

見てみました。

スポンサードリンク

QuizKnockークイズノックーとは?

QuizKnockークイズノックーは、

2016年に、伊沢拓司さんが

発起人となって立ち上げた

知識集団であり、そのWeb

メディアでもあります。

『東大王』チームメンバーの

水上颯さんや鶴崎修功さん、

鈴木光さんの他、京都大学、

早稲田大学、慶応大学、

東京理科大学、東京芸術大学

などの優秀な頭脳が、

クイズをとおして結集。

「身の回りのモノ・コトを

クイズで理解する」をテーマに、

初心者向けからマニア向けまで、

オールジャンルのクイズを

発信しています。

また、学校や自治体を対象に、

メンバーのイベント・セミナー

への招致や、勉強会などへの

出向依頼の窓口にもなっています。

2019年4月には、井沢さんを

CEOとして株式会社QuizKnock

なりました。

井沢さんはQuizKnock

活動をとおして、教育事業に

寄与したいと考えているそうです。

東大を「卒業」された現在は、

日常の疑問の他、勉強や受験に

関する質問も幅広く募集して、

答えていきたいと考えているとか。

また、「あなたの町にQuizKnock

行きます!」として、学校・自治体

からの出張依頼を受けています。

彼らからじかに勉強を教えて

もらう、すごい体験ができます。

スポンサードリンク

公式サイトやYouTubeチャンネルも大人気

↑まずは公式サイト。

2016年に、伊沢拓司さんが

立ち上げた、クイズと知識の

つまったサイトで、現在は

株式会社QuizKnock

公式サイトとなっています。

伊沢さんを筆頭に36名の

スタッフが「ライター」と

なり、様々なクイズを

出題しています。

謎解き、コラム、常識、理系、

スペシャル、ライフ、ことばの

各ジャンルの出題は、

ただ読むだけでもトリビア

満載です。

各種の学びイベントや、

セミナー、勉強を教える会、

クイズ大会そのものの開催など、

さまざまな依頼もこちらで

受け付けています。

↑こちらはツイッター。

もちろんいろいろなクイズが

日々出題されています。

↑こちらはYouTubeの

QuizKnockチャンネル。

公式サイトと合わせて、

QuizKnockを支える

情報発信メディアとして、

2019年4月現在でチャンネル

登録者数60万人を超える

人気を誇っています。

「東大王」のパロディー動画

「東大主」を作ってバズる

など、攻めた内容が特徴です。

東工大の福良拳さんを

言い出しっぺとして始まり、

現在は伊沢さんが

Webメディアの編集長、

福良さんがYouTubeの

責任者という分担制に

なっているそうです。

『東大発の知識集団QuizKnockオフィシャルブック』

こちらは紙媒体での発信

として、2018年に発行

されたものです。

書き下ろしのクイズ多数の他、

編集長のコラムや、

メンバーによるホンネの

座談会なども収録されて

います。

スポンサードリンク

芸能人並みの人気――ファンレターやプレゼントは送れるの?

その頭の良さで、

クイズの世界でも飛びぬけた

才能を誇る東大王たちですが、

実際、芸能人並みの人気も

獲得しています。

オフィシャルブックのアマゾン

コメント欄には「もっと東大王

たちのことを知りたかった」、

「クイズもいいけどQuizKnock

メンバーをもっと見たい」

という感想が多々。

人気はクイズだけには

とどまらない勢いです。

こういった、タレント的人気の

上昇は、当人たちにも伝わって

いるようで、公式サイトの

問い合わせ欄には、

こんな記載も。。。

Q. ファンレターはどこに

  送ればよいですか。

A. 現時点では郵送による

ファンレターやプレゼントの

お受け取りは行って

おりません。

将来的な受け取り窓口の

設置を検討しております。

これはちょっと期待できますね。

ただし、

Q. QuizKnockメンバーの

  年齢や身長を教えて

  ください。

A. QuizKnockのライター、

動画出演者の個人情報は

お答えできかねます。

ご了承ください。

と、こちらはちょっと引き気味の

お答えが。

今のところはタレントとしての

イメージを求めていないことが

分かります。

しかし、ファンにとっては

もはやタレントと同じ

「あこがれの人」。

ファンレターやプレゼントを

贈りたい気持ちも分かります。

今後の活躍がどの方向に向かう

のか、気になるところでは

あります。

スポンサードリンク

まとめ

東大生というとどこか遠い

世界の、とにかくアタマの

いい人たち、と思われがちです。

しかし、賢さは当然として、

どうやら遠い国の誰かでは

なくなっている感じがする

QuizKnockの人気ぶりを

今回実感しました。

ファンの気持ちも分かる

のですが、彼らの現在の

立ち位置は、

ちょっと有名になった一般人。

と、少なくともご当人たちは

思っているのではないでしょうか。

人気が過熱すれば、

今後、QuizKnock

知識人タレントの事務所的な

仕事を求められるかも

しれもませんね。

以上、QuizKnock

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする