菅義偉内閣官房長官「令和おじさん」の愛称でネットで若者に大人気!

今回は「令和おじさん」の愛称で今や大人気の菅義偉内閣官房長官をクローズアップしたいと思います。

新元号の発表という大役をこなした菅さんですが、何やら「かわいい」と評判になっています。そんな珍現象を追ってみました。

スポンサードリンク




目次

プロフィール

「令和」発表のあれこれ

叩き上げの政治家なのに「かわいい」?

次は総理を狙う?

プロフィール

菅義偉(すが・よしひで)官房長官は1948年生まれ。

農家の長男でしたが、農業を継ぐのが嫌で、18歳の時に集団就職で上京します。

しかし、東京の工場に就職するも、数か月で退社。その後、朝は築地市場で働き、夜は新宿で皿洗いという苦労をしながら勉強し、法政大学法学部に入学しました。入学後も学費と生活費はアルバイトで捻出したそうです。

卒業後はいったん就職するものの、「人生は一度きり」と決心して政界に入ります。

小此木彦三郎衆院議員の秘書になり、その後11年間、秘書を続けましたが、この秘書時代に奥様と出会い、なんと一目ぼれで結婚したそうです。

1987年に横浜市議当選、1996年には衆議院選挙に当選します。

2006年、第1次安倍内閣で総務大臣として初入閣。

2012年、第2次安倍内閣の発足に伴い、内閣官房長官に就任しました。

2016年7月7日には、官房長官の在職期間が1,290日となり、最も長い在職日数を記録しました。

現在、安倍首相が最も信頼する側近として、激務をこなされています。

プライベートでは、朝4時半に起床して、朝刊をチェック。そのあと腹筋100回と40分の散歩をすることが日課だそうです。

趣味は渓流釣りとゴルフ、海外旅行だそうですが、釣りはなかなか行けそうにないですね。

また3人の息子さんたちは皆、政治には興味がないと一般企業に就職しているそうです。そのこともあって、議員の世襲には否定的と言われています。

「令和」発表のあれこれ

基本的には黒子であると話す菅さんですが、2019年4月1日には官房長官として最大の表舞台、新元号の発表に臨みました。

さすがに緊張したのでしょうか、硬い表情で新元号の額縁を手にする菅さんですが、掲げる前にちょっと持ちあげて「令」の字が見える「ちら見せ」をしてしまいました。

また、額縁を掲げた瞬間、テレビ画面では手話通訳の人の画像がかぶってしまい、数秒間新元号が見えないという痛恨の一幕も話題になりました。

それでもあわてることなく、2分ほど額縁をかざし、重責を全うされました。

しかし、フリー素材「いらすとや」には、こんな画像も作られてしまっています。

これを筆頭に、ネット界ではさまざまなパロディ画像が作られ、人気が高まってきました。

叩き上げの政治家なのに「かわいい」?

もともと、とても落ち着いた様子で会見などをこなすところから、「安定のガースー」、鉄壁の応対から「鉄壁のガースー」というあだ名をつけられていた菅さんですが、新元号の発表で注目されると、「令和おじさん」と呼ばれ、若い世代から「かわいい」という声が上がってきました。

ガールズちゃんねるでは、菅さんを語るスレッドがすでにpart4までできあがっているほどの人気です。

↑「菅義偉官房長官を語ろうPart4」

そして大の甘党で、パンケーキが大好物というエピソードはファン?をがっちり掴んだ鉄板ネタの一つです。

↓この投稿には実に32万以上の「いいね」がついたそうです。

それでも、過去には甘いもの好きがたたったか、激太りしてしまったことがあり、一念発起して14キロのダイエットに成功。しかし官舎から自宅に久々に戻ったら、インターホンを見た奥様に「見たことない人がいる」と驚かれてしまったという、これもまたほほえましいエピソードもお持ちです。

高まる人気はとどまることを知らず、去る4月27・28日に千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2019の2日目にゲストとして登場、ファンを狂喜させました。

過去には安倍総理も参加したニコニコ超会議ですが、今回は安倍さんが外遊中のため、菅さんの登場になったそうです。でも、今や菅さんの人気の方が盛り上がっている真っ最中のため、会場は大興奮。

菅さんは「一度来てみたかった。熱気がすごいですね」とコメントしつつも、大人気の件については顔を赤くして照れまくったとか。それがまたファンのハートをつかんだようです。

次は総理を狙う?

過去に平成の額縁を掲げた故・小渕恵三さんが、のちに総理大臣になったことを受けて、巷では菅さんが総理になるのではないかという憶測が飛んでいます。

既にこれだけの人気を得ている菅さんですから、それもまたアリかもしれません。総理になってもガースーと呼ばれて親しまれそうな気がしますね。

叩き上げで昇ってきた政治家として、七光りなく総理大臣に就任したら、それはそれでものすごいストーリーですが、パンケーキが大好きな総理というのも見てみたい気がします。

以上、ガースーこと菅義偉内閣官房長官の人気ぶりのリポートでした。ではでは~。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする