ドラマ『極主夫道』第4話【ネタバレ感想】夫婦の危機到来、龍が交通事故に!

(出典 : https://www.ytv.co.jp/gokushufudo/

『極主夫道』第4話です。

なんと今回のゲストナレーターは

声優の津田健次郎さんでした!

津田健次郎さんは、『極主夫道』

ドラマが始まるより前、2019年

12月の原作コミックスの実写PVで

不死身の龍を演じられ、ファンに

絶賛された人です。

↓こちらが津田健次郎版・不死身の龍です。

『極主夫道』(著:おおのこうすけ)実写版PV

今回は、つながりでの登場で、

原作ファンも大喜びなのでした。

それでは本編のネタバレ感想

いきます。

これまでのネタバレ感想

このページの最後にまとめて

あります。

スポンサードリンク

美久の両親がガサ入れ!

美久の両親が突然来るとなって

あわてる

義両親にはいいとこを見せねば

ならん!と、手作りのカヌレ

お茶うけに出して主夫力を

アピールします。

お母さんにはめちゃくちゃ褒め

られるですが、お父さんは

なんだかもじもじ。

実はお父さん、息子とキャッチ

ボールがするのが夢だったのです。

公園で父念願のキャッチボールを

始める2人。

しかし、なぜかは、お父さんの

投げたボールを投げ返さずに

走って手渡しします。

「目上の人にタマ投げたらアカンと

教わったもんで」。

キャッチボールは心の交流なんだよ

というお父さんに、ならばと

投げると、思いもかけぬ剛速球に

お父さんがぶっ飛んでしまいました。

さすが元・極道。タマの投げ合いも

真剣なのでした。

主婦舐めんなバレーボール特訓

あくる日のは、町内会の婦人会

メンバーとともにバレーボールの

練習に参加します。

これまた隣町との因縁の勝負が

かかっていて、練習は過激に。

「声出して行けー!」と言われて

はなぜか「空気清浄機ィ!!」と

叫んでレシーブ。

婦人会の大会に主夫のを入れて

戦力アップをもくろむ会長でした。

スポンサードリンク

龍が美久の会社にカチコミ?

帰宅したは、美久の忘れ物を

見つけます。

筒の中に入っている大事な図面を

さっそく届けようとはケースを

背負って自転車で飛ばします。

が、爆走するを見かけた警官は、

背中のケースをライフルと勘違い。

しかも方向がライバル・大城山組の

事務所と気づき、あわてて抑えに

かかります。

それを見た雅と天雀会の会長・

菊次郎、雲雀夫婦は、が極道の

世界に戻ってきたものと勘違い

して大喜び。

不死身の龍がライフル担いで

大城山組にカチコミかける!?」

しかし、大人数で大騒ぎして

飛び込んだのは、美久の会社の

ビルでした。

図面は無事に美久に渡せたものの、

警察と極道が飛び込んできて

騒いだことで、美久の上司は

眉をひそめてしまいます。

美久は大きな仕事が決まって

いたのですが、夫が元・ヤクザ

ということで、クライアントの

心証が悪くなると上司に嫌味を

言われていたのです。

はおとなしく引き下がり、

帰宅するのでした。

スポンサードリンク

夫婦別居の危機!

会社での大騒ぎが原因で、

上司に小言を言われた美久は、

とけんかしてしまいます。

すると、娘の向日葵が、

「仕事がそんなに大事なら、

仕事場で寝泊まりすれば?」

と一言。

「じゃあそうする!」

美久は意地になって会社に

戻ってしまいました。

翌日、の手作りではなく、

コンビニ弁当を食べる美久は、

に電話しようか迷いながら

仕事を続けていました。

一方、は、DIYに挑戦するべく

材料を買い込んだ帰り道で、

大城山組のチンピラに絡まれて

いたを助けます。

材料の角材で頭を殴られたは、

血を流しながらすごんでみせて

チンピラを追い返しますが、

元・極道、不死身の龍の時代の

顔が見えるのでした。

ちなみに自作した椅子は

超ファンシーなくまさんチェア。

しかし子どもっぽすぎると

向日葵にあっさりだめだしされて

しまいました。

は、料理教室でからあげを覚え、

さっそくお弁当を作り、美久の会社に

届けに行きます。

入り口で美久の上司を見つけたは、

弁当の入ったジュラルミンケースを

美久に渡してほしいと差し出します。

しかし上司は、これから大きな

仕事をしていく美久にとって、

元・ヤクザのが夫としている

のはよくないと告げます。

足を洗ってもやはり極道は世間に

顔向けできないのか。。。

は静かに去るのでした。

スポンサードリンク

龍が交通事故に?!

の手作り弁当を受け取った

美久は、ついにに電話をかけます。

しかし、は電話に出ません。

不審に思って、向日葵に電話すると、

はまだ帰ってきていないとのこと。

すでに夜遅くなっているのに、

いったいどうしたのか・・・美久

急いで帰宅します。

一方その時、は・・・なんと

車にはねられ道路に倒れていたのでした。

まさかの交通事故!

・・・というところで第4話は終了した

のでした。

今回は夫婦のすれ違いもあってか、

シリアス路線に傾いた感じの展開

でしたが、元・極道の美久

上司から受けた冷たい視線は、

2人の関係をほほえましく描く

だけではない、ビターな要素でした。

そして、まさかの交通事故。

もちろん原作にはない話なので、

がどうなってしまうのか、

非常に気になるところです。

第4話はの受難の回、という

感じになりました。

今後、コメディ要素が減ってしまう

のか気になるところですが、

『極主夫道』は明るく軽く笑える

作品であってほしいと思いつつ、

次週の展開が重いものにならない

ように願うものです。

以上、『極主夫道』第4話の感想でした。

ではでは~

これまでのネタバレ感想はこちら↓

第1話

第2話

第3話

第5話

第6話

第7話

第8話

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする