ワイドショーが炎上!「女性専用車両は臭くて汚くてあぶらとり紙散乱」はデマ!偏見と女性蔑視がひどい

(出典 : https://j-town.net)

1月13日の『羽鳥慎一モーニング

ショー』で特集された、電車の

女性専用車両に関する内容があまりにも

女性蔑視・女性嫌悪に満ちていて

ひどすぎると、SNSで炎上しています。

ツイッターのトレンドワードにも

ランクインしたことを受けて、

Jタウンネットや、ライブドア

ニュースなども「意見を募集します」と

後追い特集を仕掛けています。

なぜそれほどまでに女性専用車両

敵視するのでしょうか。

また、なぜ女性専用車両に乗る

女性を蔑視するのでしょうか。

この社会の女性嫌悪が噴出した

今回の炎上事件を見てみました。

スポンサードリンク

女性専用車両についてワイドショーが特集

今回の炎上の発端は、テレビ朝日

系列の情報番組「羽鳥慎一の

モーニングショー」で、1月13日に

放映された、

「女性専用車両に乗らない女性が

増えている理由」というコーナーです。

「女性専用車両で起きている女たちの

バトルに迫ります」として、

「香水の匂いがきつくて臭い」

「女性専用車両はとにかく汚い。

一番多いのは使用後の丸めた、

あぶらとり紙が散乱していること」

「ブランド品のマウンティングが起きる」

など、「女性ならでは」の困った状況を

紹介しました。

(出典 : https://togetter.com)

しかし、中には、

「スマホに没頭して周囲に気を遣わない」

(出典 : https://togetter.com)

「座席の奪い合いが起きる」

「ファーやポニーテールが顔にかかる」

「ハイヒールを履いている人が多く、

揺れに耐えられず次々にもたれ

かかってくる」

など、女性専用車両に限らない

問題も、

女性専用車両の弊害として

紹介されました。

さらに、女性専用車両に乗りたく

ない女性の本音として、

『利用するのが怖い』

『おじさんに埋もれた方がマシ』

『香水や化粧品のにおいが

入り乱れて頭が痛くなる』

などが紹介され、

アシスタントの斎藤ちはる

アナウンサーも、

「(女性専用車両に)乗ると

ストレスが溜まるので乗らない」

とコメントして女性専用車両

マイナス面を提唱しました。

とどめには、他のコメンテーターから、

「女性の方が我が強いから」

「男性の目がないから周囲に配慮しない」

などといった、女性蔑視の発言が次々と

出るひどい内容になりました。

この報道を受けて、SNSでは、

女性嫌悪をここまで堂々と

放送するとは」

「臭い人、どかない人等は通常

車両でも頻繁にいるのに、

それがあたかも女性専用車両

特有の問題かのように描写する

こと自体が女性蔑視

と怒りの書き込みが爆発しています。

女性専用車両にはあぶらとり紙が散乱している?

ところがこの報道が馬脚を現したのが、

「あぶらとり紙が散乱している」

という文言です。

あぶらとり紙など散乱していない、

そもそも今は使わない、という

反対意見が次々とつぶやかれ、

「男性ライターによる捏造記事」説が

浮上しました。

つまるところ、

と、女性に罪を着せるために

「女性特有の」問題を捏造した

結果、およそありえない

「あぶらとり紙」が出たのだろうと、

非難が集中しました。

スポンサードリンク

女性専用車両と女性への偏見

こうした女性蔑視に対し、

女性からは悲痛な意見が

挙げられています。

そして冷静な結論は以下の

ようにまとめています。

スポンサードリンク

女性専用車両に見る女性蔑視

このように女性専用車両

おとしめる報道の裏には、

男性の、女性専用車両に対する

鬱屈があると言えるでしょう。

これらは、はっきり言って

「八つ当たり」です。

八つ当たりを女性に対し

ぶつけているのです。

電車が、混雑しきった不快なもので

あるのは、女性のせいではありません。

スポンサードリンク

諸悪の根源は不快な満員電車に

結論として、おおもとの原因には、

見ず知らずの人間とごちゃまぜに、

ぎゅうぎゅうに詰め込まれる、

不快極まりない満員電車への不満

あるのです。

その根本が解決されないから、

よけいにストレスがたまり、女性嫌悪

転嫁されている、というメカニズムが

あるとみるべきでしょう。

問題は女性や、女性専用車両にある

のではありません。

女性の民度を下げて「これだから女は」と

一時の留飲を下げるのではなく、

本質の問題を自覚することが必要なのです。

つまりおよそ人間性を無視した、

非人道的な扱いを受ける満員電車の、

一向に改善されない不快な状況に

対して、怒りの声を上げるべきなのです。

戦う相手は鉄道会社や、政治です。

しかし鉄道会社の力は非常に大きく、

事態は解決困難な「社会問題」なので、

乗客が一致団結して立ち向かうにしても、

勝算が低い。

ならば、女性を攻撃しよう、という

まちがった方向に行ってしまって

いること、そこをしっかり見定めて

ほしいと思います。

以上、女性専用車両に対する

ワイドショーの女性蔑視報道に

関してでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする