武田望さん こんまり一番弟子の気になるレッスン料は? プロフィール紹介

こんまり流片づけエグゼクティブコンサルタントの武田望さんとはどんな人なのか?

気になるコンサル料金は?

世界ブームに火がついたKonmariこんまりメソッドについて調べてみました。

スポンサードリンク





目次

プロフィール

セミナーのお値段は?

どうやって片づけるの?

コンサルタントになるには?

プロフィール

武田望さんは、世界でたった2人という、近藤麻理恵 “こんまり”さんの公認弟子の一人。

こんまり流片づけエグゼクティブコンサルタントとして、講演やワークショップ、個人コンサルなどをこなす、こんまり流片づけのエキスパートです。

大学で色彩学、インテリアデザインなどを勉強されたのち、美術の教員免許を取得したとのことで、美的センスは折り紙付き、教えることは得意そうですね。

大学卒業後に何をしていたかは不明ですが、30歳手前で自分の将来を考えていたとき、テレビでこんまりさんのことを知り、著書を読んで一念発起。こんまりさんのセミナーに参加し、本当にやりたいことに出会ったと語っています。

(↑アマゾンのページへジャンプします)

2011年にこんまりさんに師事。直接個人レッスンを受けたのち、公認弟子になった武田さん。

その後はこんまりさんに同行しながら、片づけを極め、こんまり流片づけ協会のエグゼクティブコンサルタントに就任。自身も講演やテレビ出演、個人レッスンなどを行っています。

↑師匠・こんまりさんとのツーショット。片づけ姉妹という感じですね。

プライベートでは千葉県在住の一児の母だそうです。

セミナーのお値段は?

何しろ一番弟子ということですから、セミナーや個人コンサルのお値段もさぞやお高いのでは? と思い、調べてみましたが・・・

団体や企業、ワークショップなどへの講演(約90分)5,400円だそうです。

他の集中講座や個人レッスンに関しては、ご本人の公式サイトでも料金に関して言及されていませんでした。しかし、他の片づけコンサルタントさんのサイトでは料金が掲載されていましたので、参考にしてみます。

・3か月集中講座(1回約2時間半、計3回)51,840円

・個人レッスン(1回約5時間)1回 32,400円+交通費

 一人暮らし(1LDK) 目安;3〜5回
ご家族同居(3LDK) 目安;4〜8回

これが基本料金のようですので、武田さんの場合はエグゼクティブ料金としてさらにアップするかと思います。

どうやって片づけるの?

さて、豪気に片づけ個人レッスンをお願いしてみたとしましょう。

レッスンは以下のように進みます。

1.ヒアリング 40分程度

2.お部屋チェック

3.カテゴリごとに片づけスタート

こんまりメソッドの手順は、「衣類→本→書類→小物→思い出」と進めていくそうです。

4.ときめきで選ぶ

「ときめきますか?」と問いかけながら決断!バッサリ!いきます。

5.収納スペースづくり

その家に最適な形になる収納をつくる。ある意味ここが教えを乞ういちばんの肝ではないかと思います。さらに、収納のコツも伝授。

6.こんまり流たたみ方を実践

→ときめくお部屋の出来上がり!です。

この過程を手取り足取り、励ましてもらいながら実践するんですね。1レッスンが約5時間で3~8回前後。なかなかに時間のかかるもののようですが、こんまり流のポイントは「リバウンドしない片づけ」ということなので、一念発起、一発集中でやっつける価値はありそうです。

コンサルタントになるには?

お部屋がすっきり片付いたあと、私も武田さんのようなコンサルタントになりたい!という方もいるかもしれませんね。

そんな人は、「こんまり流片づけコンサルタント養成講座」がお勧めです。

2019年の開催は日にちが未定とのことですが、メール登録で案内が来るそうですので、↓こちら↓から申し込みましょう。

こんまりさんの公式サイト 講座日程

受講にあたって必要な条件に「自宅の片づけをする」というのがあります。まずは自分から、ということですね。また、講座を修了すれば自動的にコンサルタントになれるのではなく、レポート提出の試験があるそうですので、それなりにハードルは高そうです。まさに片づけは1日にしてならず、ですね。

まとめ――私も片づけたい

コンサルタントになって全国を駆け回り、テレビに講座に出演しまくって大活躍、とまでいかなくても、とりあえず自分のうちを片づけたい、とみんな思っていることでしょう。私も片づけたいと思ってます。

いまや世界でKonmariがかたづけという意味の単語として定着しつつあるというのも、世界中の人が「片づけたい」と思っていることの証拠なのでしょう。

片づけの道に弟子入りする人がいることに素直に驚いてしまった私でした。

以上、武田望さんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする