さいとうたかをの母・姉・3人の妻・3人の娘に孫娘女ばかりの家族と女性観『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』

(出典 : https://matome.naver.jp)

今回は、12月21日オンエアの

『SWITCHインタビュー

達人達(たち)』に登場した、

あの漫画『ゴルゴ13』であまりにも

有名な、さいとう・たかをさん(83)を

クローズアップしたいと思います。

『ゴルゴ13』の連載を50年間一度も

休まず続けているさいとう・たかをさん

クールでニヒルな男の世界を描き、

女性の登場人物は非常に少ない、

硬派な漫画を描かれています。

ですが、幼少期に父親が出奔、

お兄さんが一人いるほかは、

母、姉、3人の妻、3人の娘と、

孫娘・・・みごとに女性に

囲まれたプライベートを送っています。

そんなさいとう・たかをさん

人生に関わってきた女性たちを

調べてみました。

スポンサードリンク

母――絵を憎み、燃やした

さいとう・たかをさん

お父さんは、さいとう・

たかをさんがまだ幼かった

ころに芸術家を目指して家を

飛び出し、行方不明になったため、

お母さんが理髪店を経営しながら

5人の子どもを育て上げました。

そのため、お母さんは絵を描く

さいとう・たかをさんに対し、

厳しく当たったそうです。

中学時代に絵画展で金賞を

受賞した絵を、無言でかまどに

ほうりこんで燃やし、

「男が芸術で食べていける

わけがない」と一喝したといいます。

夫が芸術家を夢見て家族を

捨てたことがつらかったために、

息子にはそうなってほしくない

気持ちがあったのでしょう。

さいとう・たかをさん

漫画家になることを決意して

家を出ようとした時も、

お母さんはもちろん大激怒。

漫画家として成功した後も、

息子の漫画は一切読まなかった

そうです。

お母さんに最期まで認めてもらえ

なかったのは、さいとう・

たかをさんにとってつらいこと

だったのではないでしょうか。

姉――理容室をともに切り盛り

さいとう・たかをさんは、

中学卒業後、年の離れた

お姉さんとともに実家の

理髪店を営んでいた時期が

あります。

しかし、仕事の合間に漫画を

描き続けたことで、理髪店の

仕事は姉任せになってしまった

のですが、お姉さんは特に

反対しなかったようです。

3人の妻――1人はセツコ・山田さん

お父さんは家出してしまい、

お母さんには絵を否定されて

育ったさいとう・たかをさん

とって、家族というものは

「わからないもの」だったようです。

自身の結婚についても、一生涯に

一人の女性とだけ添い遂げるなんて

ありえない、と思っていたといいます。

結局、3人の女性と結婚・離婚を

繰り返したわけですが、その元・妻の

一人が、漫画家のセツコ・山田さんでした。

セツコ・山田さんにとって、

さいとう・たかをさんは「あこがれの

人」であり、19歳の時に結婚しています。

さいとう・たかをさんとの間に

2人の娘さんがおり、そんな家族の

様子をモデルにして、

別冊『ゴルゴ13』の巻末に

『ゴルゴさんち』という、

ホームコメディを連載していた

ことがありました。

離婚後はネコ漫画を中心に

描いて活動しているようです。

スポンサードリンク

3人の娘と孫娘――娘たちも漫画描き

さいとう・たかをさんには、

合計3人の娘さんがいて、

1人が還暦を迎えたと語っています。

前述のセツコ・山田さんとの間の

2人の娘さんは、コンビで漫画を

描いているそうです。

確実に絵描きの血筋ですね。

お孫さんに関しては、残念ながら

情報がありませんでしたが、

女の子ということです。

スポンサードリンク

女性観――男は女のついで

父親が出奔した上に、見事な女系家族に

育ったさいとう・たかをさん

どんな女性観を持つようになったのか、

いくつかのエピソードが語られています。

お姉さんと理髪店を営んでいたころ、

店が「青線」(非合法の売春地帯)に

あったため、お客にも娼婦が多かった

そうです。

10代のさいとう・たかをさん

彼女たちと毎日話をし、時には

ラブレターの代筆もしていたとか。

「10代の自分が言うのは生意気だった

けど、彼女たちはかわいかった」と

振り返っています。

ゴルゴが娼婦しか抱かないのは、

そんな思い出がにじんでいるの

かもしれません。

また、女性観についても、

「男は女のついでにいるもの」

「女あっての男」といい、

女性への敬意があるというのも、

女性に囲まれて生きてきた

さいとう・たかをさん

忌憚ない実感なのだそうです。

女性のすごさ、あるいは

かわいさを知り尽くしている

のかもしれませんね。

以上、ニヒルなゴルゴ13を描く

さいとう・たかをさんの、女性に

囲まれたプライベートについてでした。

ではでは~

さいとう・たかを賞の記念撮影が

豪華すぎる!記事はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする