今泉忠明「ざんねんないきもの」著者は家族がスゴイ『林修の今でしょ講座』

(出典 : https://www.shosetsu-maru.com/hontowatashi/5-1)

今回は、『ざんねんないきもの事典』シリーズが大ヒットした動物学者の今泉忠明さんをクローズアップしたいと思います。

動物の本というとだいたい「この動物はこんなところがスゴイ」という書き方になるところを、「こんなところがざんねん」という新しい切り口で書いた今泉さん。確かにその発想はなかったと、子どもだけでなく大人にも大いに売れました。

しかも今泉さんの一家はみんな動物学者という驚きのご家庭で、そのエリート教育?にはすごいものがありました。

今泉さんとそのご家族を、見てみたいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール

今泉忠明(いまいずみ・ただあき)さんは1944年生まれ。

お父さんの今泉吉典さんが動物学者だったことで、家には標本として持ち帰られたコウモリやヘビなど何かしらの動物がいつもいる環境に育ちました。

小学生時代には、お父さんに連れられて山へ入り、わなを仕掛けてネズミを捕まえ、さらに剥製にする技術まで教わったそうです。

父直伝でフィールドワークを叩きこまれたんですね。

読む本も、お父さんが監修した動物図鑑や動物関連の物語が家にたくさんあったので、それらを読んでいたそうですから、まさに動物づけです。

大きくなってからも、父に誘われて動物の生態調査に行き、動物にますますのめりこむ青春時代だったとか。

そんな動物三昧のまま、大学へ進学、動物学を学んで卒業。

1967年に国立科学博物館特別研究生となり、哺乳類の調査や、分類学・生態学を学びました。

文部省の調査や、環境庁の生態調査などにも参加。イリオモテヤマネコの生態などを調べます。

ある時は、北海道に世界最小のトガリネズミというのがいて、生きたまま捕獲した人がいないという話を聞き、挑戦心を燃やして現地入り。

1999年になんと本当に生きたままの捕獲に成功したといいますから、すごい行動力です。

上野動物園では動物解説委員を務めました。

現在は、伊豆高原の「ねこの博物館」の館長となっています。

70歳を超えても、月に2回はフィールドワークに出掛けるそうです。

動物を知ることが人間自身を知ることになる、というのがモットー。

ちなみにいちばん好きな生き物は、「孤高なチーター」。

苦手な生き物は毛虫だそうです。

スポンサードリンク

「ざんねんないきもの事典」シリーズが大ヒット

2016年。動物たちのすごいところではなく、残念なところを紹介して、動物たちのヘンな魅力を伝えた『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』は、児童書としては異例の大ヒットを飛ばし、今泉さんは一気に有名になりました。

一応、小学生の男子をターゲットとした事典として出版されましたが、結果は大人にも読まれて大人気作に。

2017年には『続ざんねんないきもの事典』、2018年には『続々ざんねんないきもの事典』が続けて出版されました。

毎年1冊ずつ、順調に発行されて、シリーズの売り上げは累計で290万部を突破

そして2019年6月には第3弾の『もっとざんねんないきもの事典』が発売されます。300万部突破は確実でしょうから、印税も億単位かと思われます。まさに前代未聞、空前のヒットです。

2017年には、サンシャイン水族館で『ざんねんないきもの展』が開催され、大盛況に。

2018年には、NHKのEテレでショートアニメ化もされました。

アニメは、2019年の夏休みにも新シリーズの放映が決定しています。

「ざんねん」シリーズは今年も大人気確実ですね。

アニメ「ざんねんないきもの事典」紹介ムービー

さらに、ざんねんシリーズに続いて、『わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑』も、今までにないコンセプトでヒットを飛ばしています。

もう題名からして面白い!私も書店で表紙を見て思わず手に取ってしまいましたが、今泉さんの視点はなんでこんなに面白いのか、一般的な学者のイメージを変えるキャラクター性を感じます。

スポンサードリンク

家族もすごかった

そして今回調べて仰天したのが、今泉さんのご家族です。

お父さんは動物学者の今泉吉典さん

主に小型哺乳類の研究をなさっていた方で、1965年に発見されたイリオモテヤマネコの研究でも有名だそうです。

さらに、お兄さんも動物学者の今泉吉晴さん

専門は動物生態学で、お父さん同様、小動物の研究をしているそうです。

すごいことに、山梨県都留市の森に小屋を建てて、東京から引っ越すほどの行動派です。

動物を捉えて研究室に持ち込むのではなく、自分が研究室ごと、動物の間に入ってしまったのです。

1975年には、お父さんと共著で『ネコの世界』(写真左)という本を出版していますが、これも普通の事典とは大きく異なり、巻頭カラーのページには詩が掲載されています。

ネコはネコである バラの咲いている午後の庭 ネコはネコらしく 円い ちいさなからだをのばしたり ちぢめたりしながら ゆっくりと うごく (略)

お堅い本なのに、抒情的な詩を書いてしまうあたり、他の学者さんとはちょっと違いますね。

そのあたりの感覚が、忠明さんの「ざんねん」シリーズに通じるのかもしれません。

1977年発行の『ネコの探求』(写真中)という本とともに、ネコ愛に満ちた本となっています。

忠明さんも、2015年に『猫はふしぎ』(写真右)という本を出して、「猫に愛される人」になる方法を伝授しています。

「ねこの博物館」の館長でもあるので、どうやら親子そろって大のネコ好きのようです。

さらにさらに、息子の今泉勇人さんも動物学者になっており、2004年に父の忠明さんと共著で『カラス狂騒曲 行動と生態の不思議』 を出版しています。

忠明さんが2018年に『気がつけば動物学者三代』という本を出版しているとおり、学者が三代続いて、しかも3人とも動物学者というのはかなり珍しいのではないかと思います。

スポンサードリンク

まとめ

研究者でありながら、今までにないユニークな視点でヒットシリーズを飛ばす今泉さんは、動物愛がこじれておかしなことになってしまったのでしょうか。

ともあれ、本も順調に出版され、ネタ切れの心配もなさそうです。

これからもますます面白い、動物のトリビアを紹介してくれるでしょう。

動物の世界は、親子三代かけても果ての見えない不思議に満ちているのですね。

以上、今泉忠明さんの紹介でした。ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする