西山朋佳三段初の女性棋士逃す子ども時代の逸話と休日のパフェ巡り姉は囲碁棋士

(出典 : https://www.asahi.com)

今回は、将棋界初の女性棋士

誕生をかけた三段リーグで、

惜しくもプロ入りを逃した

西山朋佳(にしやま・

ともか)三段をクローズアップ

したいと思います。

スポンサードリンク

将棋の世界では、女性は

女流棋士となり、男性棋士とは

異なる道を歩くのが普通でした。

しかし、2020年3月、男性の

社会だったプロ棋士の世界に、

初めての女性棋士誕生が

かかった大勝負がありました。

その女性こそ西山朋佳三段

女流棋士にはならず、奨励会と

呼ばれる、プロを目指す

グループに入り、半年にわたる

三段リーグ戦を勝ち上がって

きました。

三段リーグを制すると、晴れて

プロ入りがかなうシステムですが、

30人が入り乱れる中、プロへの

切符はたったの2枚。

その厳しい戦いを、初めて

女性が勝ち上がり、将棋

史上初の女性プロ棋士

誕生か?と熱い期待が

あつまりました。

しかし、西山朋佳三段

勝敗数で同率2位になり

ましたが、同率の際には

前リーグの成績が良い方が

勝ちとなる規定により、

惜しくも3位に転落、

女性棋士の誕生にはなり

ませんでした。

それでも、女性がプロ入りを

狙える位置まで上がってきた

ことに、将棋界の歴史の大きな

変化が感じられる結果となった

のは確かです。

西山朋佳三段の子ども時代

西山朋佳三段

1995年生まれ。

小学1年生の時に、父親と

姉の静佳(しずか)さんが

将棋を指しているのを見て

将棋に興味を持った

西山朋佳三段は、すぐに

二人を追い越して、町の

将棋教室に通い、男の子に

混じって腕を上げると、

小学2年生でアマ初段に

なります。

ところが、さらに上を

目指して関西将棋会館の

道場に通うようになった

ものの、小学4年でアマ

三段になった頃には、

他の遊びに目が行って

道場を辞めてしまった

そうです。

それでもご両親は

西山朋佳三段に将棋を

あきらめてほしくなかった

ため、折よく近くにできた

伊藤博文七段の教室に

通わせました。

「伊藤先生が優しかったです。

怒られたこともないですし、

体調が悪くて突然休んでも、

何もいわれませんでした。」

と振り返るように、将棋の

楽しさを思い出して

西山朋佳三段は将棋の

世界に戻ります。

中学2年では、選抜将棋大会の

女子の部で優勝。

そこで自信をつけた西山朋佳

三段は、さらにアマの有段者が

戦う研修会で連勝したことも

あって、師匠の伊藤七段には

女流棋士を勧められたのを

蹴って、男性が棋士を目指す

奨励会に入り、自分の実力を

試すことにしたそうです。

スポンサードリンク

女流棋士ではなく、奨励会を選んだ理由

(出典 : https://www.sankei.com)

女流棋士ではなく奨励会の道に

入ったことの理由の一つに、

インターネットの将棋対局を

ずっと続けていたことがあった

西山朋佳三段は語っています。

ネットなら男女の性別は

関係なく勝負ができ、

純粋に勝ち負けが競える環境です。

今回、西山朋佳三段は惜しくも

棋士になれませんでしたが、

今後はネットの世界から

西山朋佳三段に続いて

女性棋士を目指す人が出てくる

可能性があるのではと思いました。

スポンサードリンク

休日はパフェ巡り

プロ棋士は脳をフル回転させる

ためか、甘いものをバクバクと

食べる印象があります。

対局中におやつタイムがある

のも面白いですよね。

西山朋佳三段も甘いものが

大好きだそうで、友人と

「パフェ巡り」をするそうです。

(出典 : https://bunshun.jp)

スポンサードリンク

お姉さんは囲碁棋士

西山朋佳三段のお姉さんの

静佳さんは、小学生時代に

マンガ『ヒカルの碁』に

はまって囲碁の世界に進み、

現在では囲碁棋士となって

いるそうです。

(出典 : https://mainichi.jp)

姉妹で将棋と囲碁のプロに

なったらスゴイですね。

実はお母さんが「姉妹で同じ

習い事はさせない。下のほうが

伸びるから、上の子どもに

とってあまりよくない」という

ポリシーだったというのですが、

みごとそれぞれの道でのびのびと

戦っているので、お母さんの

読みが当たったといえるでしょう。

スポンサードリンク

今回は、惜しくも棋士になれ

なかった西山朋佳三段ですが、

現在の年齢は24歳とのことで、

まだチャンスはあります。

次回こそ勝って、将棋の歴史に

名前を刻んでほしいと思います。

「女性初」の呼び名は重いかも

しれませんが、西山朋佳三段なら

つかみ取ってくれると信じています。

以上、西山朋佳三段

ついてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする