横山令奈(ミステリーハンター)はバイオリニスト美人姉妹で彼氏と共演も病院屋上での演奏動画あり

(出典 : フェイスブックより)

今回は、6月27日オンエアの

『世界ふしぎ発見』で、初めて

ミステリーハンターを務めた、

バイオリニストの横山令奈

(よこやま・れな)さん

クローズアップしたいと思います。

バイオリンの名器・ストラディ

バリウスを生んだ町・イタリアの

クレモナで活動する横山令奈さん

どんな人なのか?

同じくバイオリニストの妹さんや、

イケメンの彼氏について、また、

今年4月に病院の屋上で演奏した

際の動画を見てみたいと思います。

スポンサードリンク

バイオリニスト・横山令奈さんの経歴

横山令奈さんは、

1987年生まれの33歳。

両親がともにバイオリニストという

音楽一家に育ち、7歳からバイオリンを

始めました。

高校を卒業した2006年に、イタリアの

クレモナへ留学し、国立クラウディオ・

モンテヴェルディ音楽院に入学しました

が、卒業の実技試験では審査員が全員

一致で満点を出したという逸話が

あります。

その後もクレモナを活動の拠点として、

バイオリニストとしてのキャリアを

築いてきました。

2012年には、ピアニストのディエゴ・

マッカニョーラ、チェリストの

アレッサンドロ・コピアと共に

トリオ・カノン」を結成し、

演奏活動をしています。

(出典 : https://www.triokanon.it)

2013年からは、クレモナのバイオリン

博物館が所蔵、展示しているバイオリンの

公開演奏者となり、17世紀につくられた

ストラディバリウスやアマーティと

いった名器を観客の前で実演する

大役を務めています。

妹・亜美さんも美人バイオリニスト

横山令奈さんの妹の亜美さんもまた、

イタリアに音楽留学しており、

美人姉妹のバイオリニストとして

同じ道を進んでいます。

↑妹の亜美さん

(出典 : http://ami-yokoyama-violino.com)

亜美さんは、ご両親が亡くなった後、

バイオリン教室を継いでおり、

そのかたわら、自身の演奏活動を

されています。

大阪出身ということで、しゃべりが

とても面白いと評判で、クラシックが

身近になると好評だそうです。

【全パート弾いてみた】ビッグブリッヂの死闘 FF5 【気分転換で単発多重録音動画シリーズ 第4弾】

また、YouTubeでは、

【全パート弾いてみた】動画を

アップしており、ゲーム『ファイナル・

ファンタジー5』のBGM

「ビッグブリッヂの死闘」を一人で

演奏しているなど、ユニークな活動を

しています。

スポンサードリンク

横山令奈さんの彼氏はイケメン

大学入学以来、ずっとクレモナにいる

横山令奈さんは、彼氏もイタリア人で、

同じく音楽家のイケメン男性と

付き合っています。

前述の「トリオ・カノン」のピアニスト

であるディエゴ・マッカニョーラさんです。

(出典 : https://www.triokanon.it)

なんと、2012年からずっと一緒に

音楽活動をしているのですね。

2人の公私にわたる熱愛ぶりが

うかがえます。

スポンサードリンク

病院の屋上で演奏

横山令奈さんが、クレモナだけ

でなく、世界的に有名になった

のは、今年4月。

新型コロナウイルス患者の治療に

追われるクレモナの病院の依頼を

受け、その病院の屋上で演奏、

映像がYouTubeで配信され、

世界中から大きな反響を得た

ことでした。

Coronavirus, Cremona: la violinista suona sul tetto dell'ospedale

下を見れば、コロナの患者を

収容している白いテントが

いくつも見えるところで、

患者と医療従事者に向けて

癒しの音楽を奏でた姿が

とても印象深い動画です。

横山令奈さんは、

「演奏家は、人の心に直接語り

かけられるからこそ、いま何が

できるのか、考えてきた。

マイナスなことを考えてもきりが

ないが、生の音楽が人の心に響き、

少しでも勇気を持ってもらえ

たらうれしい」

と、この演奏について語っています。

生死にかかわる医療の最前線に

立ち、美しい音楽を届ける姿は、

静謐でいっそう神聖に思えました。

クレモナの街で学び、活動する

横山令奈さんにとって、

この演奏はクレモナへの恩返し

だったのかもしれません。

以上、イタリアの美人ミステリー

ハンター、横山令奈さん

ついてでした。

ではでは~

他のミステリーハンターもチェック!

千葉雄大

中山卓也

篠原かをり

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする