岡村隆史の男尊女卑がひどい!男の不倫はOK、女はダメ発言が炎上でNHK降板の声も

(出典 : https://news.merumo.ne.jp)

(追記)

4月23日のラジオの発言で、

ナインティナインの

岡村隆史さんがまたしても

男尊女卑発言を飛ばし、今度は

公的に謝罪する事態になっています。

個人的には「またか」といいますか、

もう芯まで腐ってるなとしか思わない

のですが、もしかしたら岡村隆史さん

発言に影響されて、男尊女卑の考え方を

してしまう人も出てしまうのかなと、

いやな気持になります。

いったいどうしたら、この国の

男尊女卑は変われるのでしょうか。

アメリカという国が銃のない社会を

想像できないように、日本という国も

性差別をやめられないのでしょうか。

今回は謝罪という形で岡村隆史さん

ペナルティをくらったわけですが、

それだけでも前進であるとは思います。

差別のない社会は理想論かもしれませんが、

差別を許さないという建前だけは持ち

続けていかないといけませんね。

*********************

東出昌大さん不倫騒動で、

少なからぬ男性芸能人が

東出昌大さんを擁護する

発言をしています。

中には不倫を堂々と肯定したり、

あからさまな男尊女卑を公言する

人もおり、大炎上を招いています。

特に岡村隆史さんの発言は

男尊女卑がひどい!」と声を

上げる人が大勢出ています。

岡村隆史さんの発言に現れた、

昭和と見まごうばかりの

男尊女卑思想を私も糾弾

したいと思います。

スポンサードリンク

岡村隆史さんのアウツ語録

岡村隆史さんは、

東出昌大さん不倫騒動に

対し、東出昌大さんを擁護する

発言をしています。

さらに結婚全般に話題を広げ、

「結婚したらモテたらアカンの?」

と発言しました。

モテるのと不倫とは違うのです。

おわり。

というのも不親切なのでもう少々。

今回の不倫騒動がメディアで

起こる前から、杏さん

東出昌大さん不倫

知っていたと言います。

その時、杏さんは双子の妊娠・

出産と、第3子の妊娠・出産の

さなかにあり、母として

もっともたいへんな時期でした。

比喩でなしに、眠る間もない

ほどたいへんだったはずです。

そんな時に東出昌大さん

夫として父として杏さん

支えることなく放り出し、

外で未成年の女性と

「遊んで」いたのです。

当然、東出昌大さん

杏さんの怒りを買い、

一度は「唐田えりかさんとは

もう会わない」と約束しました。

にもかかわらず、結果として

交際を続けており、杏さんとの

約束を破ったのです。

これは「モテる」「モテない」の

次元ではありません。

モテるということを、

「魅力がある」と言い換えるなら、

東出昌大さんは家の外で

魅力を振りまいたけれど、

家の中ではまったく魅力のない

男性だったと言えるでしょう。

家の外と家の中。

どちらでより魅力的である

べきかはあきらかです。

岡村隆史さんは、男性の

魅力の定義を間違っています。

モテるのは相手からの肯定的な

評価ですが、不倫は自分が

蒔いた裏切りの結果です。

モテてもいいのです。

しかし、結婚したら越えては

いけない一線が引かれるのです。

それはパートナーとの

信頼関係なのです。

妻以外の女性にモテても、

妻にモテなかったら意味が

ないのです。

「しゃーないと思う、東出くんのって。ほんまにかっこええし」

前述したように、モテても

いいのです。

しかし、東出昌大さん

唐田えりかさんと体の関係を

持ち、それを3年も続けて

きたのです。

しかも、杏さんにバレて怒られ、

「もう彼女とは会わない」と

約束したのです。

にもかかわらず、約束を破って

唐田えりかさんと会い続けた

のは、かっこいい大人の

ふるまいではありません。

にもかかわらず、

東出昌大さんをかっこいいと

思うのなら、それは男性の

かっこよさの定義が間違って

います。

「こんなにアカンことやったっけね、不貞って」

はい、アカンのです。

昭和の時代は、「芸の肥やし」

いって男性芸能人の色恋沙汰を

称賛さえしていました。

しかし、その陰で、妻たちが

どれだけ泣いてきたか。

そして、そのことを考えない

男性と社会が幅を利かせる

時代は終わったのです。

正確に言えば、「昔はアカン

ことじゃなかったが、現在は

アカンのである」となります。

それが分からないと言うのは、

妻をどれだけ泣かせても

かまわないという、最低の

男性だけです。

スポンサードリンク

岡村隆史さんは「妻の不倫」には激しく拒絶反応する

上記のように、不倫に関して

肯定するかのようなことを

言っている岡村隆史さん

ですが、これが一転、女性の

不倫となると、手のひらを

返して激しく拒絶しています。

(出典 : https://snjpn.net)

「嫁が違う人と……って

なったら、無理かな」

「俺、想像したら震えるわ」

「嫁がやで? いつも寝てる

ところに、違う男寝てるって。

もうキャーも出ぇへん。

声出ぇへんって」

「俺はすぐにゲー吐くわ」

同じ口で、「こんなにアカン

ことやったっけね、不貞って」

言っておきながら、ここまで

激しく拒絶すると言うのは

どういうことなのでしょうか。

さらに、妻に不倫された男性に、

「そんなん絶対、離婚や。

許したらアカン。絶対またやり

よるから、絶対許さんほうが

ええ」と離婚を強く勧めたと、

みずから発言しています。

同じ口で、「こんなにアカン

ことやったっけね、不貞って」

言っておきながら、以下同文です。

つまり、岡村隆史さん

頭の中では、

「男性の不倫はOK、

 でも女性の不倫は

 絶対ダメ」

ということのようです。

このダブルスタンダード

激しさには、さすがに

ドン引きする人が続出。

ネット上では、

「岡村隆史の性差別が

ヤバすぎる」と糾弾され、

SNSでも怒りの声が

上がっています。

岡村隆史さんから離れる

ファン続出です。

「岡村隆史さんの結婚観がヤバい」は次ページに

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする