あおり運転のエアガンは改造銃?エアガンの威力はどのくらい?

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

9月8日、東名高速道路の愛知県

日進市にある東郷パーキング

エリア付近で、あおり運転

した車が、エアガンを連射し、

車体にへこみをつけたという、

驚きのニュースがありました。

凶悪なあおり運転に関しては

先月も茨城県の常磐道で事件が

起きたばかりですが、

またしても常軌を逸した

運転者が現れ、驚くばかりです。

あおり運転はなぜ起きるのか、

心理学の観点から見た

記事は↓こちらです。

背後からクラクションを鳴らして

あおったあげく、エアガン

発砲する犯人の心理状態は、

異常とも思われます。

薬物を使用していた可能性もみると、

飲酒運転より恐ろしいものがあります。

スポンサードリンク

事件の映像から分かること

あおり運転「エアガン乱射」犯人逮捕!顚末は説明欄

(出典 : https://youtu.be/iCK2Tc_g_m4)

こちらの映像を見ると、

今回使われたエアガンは、

ハンドガン、いわゆる拳銃の

サイズですが、改造の疑いも

ネットなどでは噂されています。

まず、一般的なエアガンの威力は

どのくらいなのか、調べてみました。

ハンドガンとBB弾を使い、

室内で空き缶を撃った画像が↓こちらです。

(出典 : https://www.youtube.com/watch?v=lnM_Kbzyl2w)

意外に思われるかもしれませんが、

BB弾は、プラスチック製で

直径6mm~8mm程度と小さく

軽いため、空き缶をへこませは

しますが、基本的には貫通しません。

↑BB弾。

(出典 : http://www2u.biglobe.ne.jp/~cgi/airgun_crime.htm)

しかし、目に当たればケガをして、

最悪失明する場合もあり、

また、近い距離で歯に当たると

歯が折れることもあるそうです。

それでも10メートルも離れて

しまえば、「あ、当たったかな」

くらいに衝撃は軽減されるそうです。

また、小さく軽いということは、

屋外で撃った場合、風が吹いて

いると流されます。

今回の事件は、高速道路の

追い越し車線で起きましたから、

車はそうとうなスピードが出て

いたはずですが、弾が前方の車に

当たっているのがまず疑問です。

BB弾では風に流されて前方の

車には当たらないのではない

かと思われるからです。

☆9/13 追加☆

ニュースによると、

現場でBB弾が発見された

そうです。

しかし、車体がへこむ

ほどの威力を考えると、

銃の方に改造が加えられている

可能性はまだあるようです。

改造銃か、金属弾か

こうした状況を見ると、

今回の事件で使われたエアガンは、

通常使うフロンガスでは

なく、よりパワーのある

炭酸ガスを

使用した改造銃だった

可能性が考えられます。

↑丸いへこみが付いた車体。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jpi)

スポンサードリンク

エスカレートするあおり運転

世間でこれだけ騒がれている

にもかかわらず、あおり運転

とどまることを知りません。

日本人の多くが日常的に重大な

ストレスにさらされ、それが

運転の時に爆発するのでしょうか。

それでも運転していて

なおかつ銃を乱射する

というのは、正直正常な

神経だったか疑ってしまいます。

しかもあおられた車には、

これといった落ち度がないなど、

一種の通り魔的な犯行と

言える恐ろしさがあります。

すでにツイッターでは、

今回の車のナンバーが公開・

拡散されており、逮捕は時間の

問題かと思われますが、

高速運転中の車に発砲するなど

前代未聞のこの事件に厳罰が

処されることを願います。

以上、東郷PA付近で起きた

あおり運転と発砲事件、

それに絡んでエアガン

威力などの紹介でした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする