【コロナウイルス】感染者が関西空港から逃走はデマ!新型ウイルスは食用ネズミが感染源か?感染力や防ぐ方法は?

(出典 : https://www3.nhk.or.jp)

新型肺炎・コロナウイルス

中国・武漢で発生、この数日で

患者が増加しています。

中国の保健当局の発表では、

600人近くが発症、17人が

死亡したと伝えています。

日本国内でも、武漢に渡航して

いた人がこの新型ウイルスに

感染していたことが分かり

ましたし、韓国やタイ、

アメリカでも患者が発見

されています。

スポンサードリンク

早くもデマが拡散

この新型肺炎・コロナ

ウイルスの脅威を象徴する

かのように、日本国内で

は24日に、「デマ」が

拡散しました。

中国から関西空港へ来た中国人観光客に、咳と熱の症状があり、病院へ搬送したが、「USJと京都に行きたいから」という理由で、検査前に脱走した

デマはツイッターなどを

介して、爆発的に広がった

ものの、24日中に関西空港の

検疫所が否定のコメントを

発表し、「そのような事案は

ない」としています。

新型のウイルスと聞くと

恐怖心があおられますが、

デマの流布は正しい情報を

得ることで防ぎましょう。

新型肺炎・コロナウイルスとは?

そもそも「コロナウイルス」とは

何なのでしょうか?

コロナウイルスを電子

顕微鏡で見ると、丸い

ウイルスの外周がぎざぎざに

なっており、それが太陽の

コロナのように見える、

というのがネーミングの

由来だそうです。

元は動物のウイルス

コロナウイルスはもともと

動物が持つウイルスでした。

動物と動物の間では感染

しますが、動物→ヒトの

あいだでは感染しないもの

だったのです。

それが、新たにヒトへも

感染するように変異した

ことで、「新型」と

呼ばれています。

新型コロナウイルス」は、

猛威を振るった

「SARS」(サーズ)と、

「MERS」(マーズ)が

発見されています。

SARSは、本来はコウモリが

持つウイルス、MERSは

なんとヒトコブラクダの

ウイルスだったそうです。

それがヒトに感染、風邪や

肺炎のような症状を起こし、

最悪の場合、死に至る病気と

なったのです。

スポンサードリンク

今回の新型は食用ネズミのウイルス?

そして今回、中国・武漢で発生した

「新型」は、武漢にある海鮮物市場が

発生源ではないかと見られています。

日本では考えられないことですが、

中国の市場では、食用の動物を

生きたまま売っていることが

普通です。

豚や牛は大きいのでさすがに

屠畜されてから市場に出ますが、

魚や鳥、果ては蛇までが生きた

まま、檻に入れられて市場に

並んでいます。

中国の専門家チームは、今回の

発生源を食用のタケネズミでは

ないかと推測しているそうです。

(出典 : https://togetter.com)

ネズミを食べるの?!と日本人は

思いますが、中国では珍しくなく、

市場で普通に売られています。

現時点ではまだ推測であり、

他の動物の可能性もありますが、

新情報待ちの状態です。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの感染力は?

ウイルスの感染は、動物→ヒトの

場合は少なく抑えられますが、

ヒト→ヒトへ感染するように

なると、爆発的に広まる可能性が

高まります。

今回の新型肺炎・コロナ

ウイルスも、患者に接触した

医療関係者に感染が認められた

ため、ヒト→ヒトの感染が

確認されました。

とはいえ、感染は患者と一緒に

生活するなどの「濃厚接触」が

原因とのことで、感染力自体は

高くないようです。

しかし、もともと呼吸器などに

持病がある人が感染した場合は、

重篤な状態になりやすいことから、

注意は必要です。

スポンサードリンク

新型コロナウイルスを防ぐには?

日本国内では、むしろインフル

エンザの方が感染力・死亡率ともに

高いので、今回の新型肺炎・

コロナウイルスを極端に恐れる

必要はないと言われています。

新型肺炎・コロナウイルス

防ぐには、人混みを避ける、

マスクをする、手洗いを徹底する、

など、インフルエンザや普通の

風邪の予防と同じ方法でよい

とのことです。

消毒は、消毒用エタノールを

使用し、手だけでなく、手が触る

ドアノブやスイッチやハンドルなど

も行うことが有効です。

春節の大移動が危険?

しかし、中国では25日が

「春節」にあたり、日本の

お正月と同様に、多くの人が

郷里へ帰ったり、海外旅行に

出たりする大型連休を迎えます。

発生地となった武漢は事実上の

封鎖状態だそうですが、

他都市からは、億単位の人々が

移動します。

もちろん海外旅行客も最も多く

なる時期で、観光客を迎える

日本も対応をしなければなりません。

スポンサードリンク

日本のウイルス対策は?

訪日観光客を迎える成田空港や

関西空港では、職員がマスクを

して勤務しています。

(出典 : https://www3.nhk.or.jp)

また、地理的に中国に近く、

中国人訪日客が多い岡山空港では、

注意喚起のポスターが日本語と

中国語で書かれ、貼り出されています。

(出典 : https://www3.nhk.or.jp)

外務省は、中国から帰国した

日本人に対しても、風邪に似た

症状や発熱があった場合には、

中国に滞在していたことを

医師に伝えたうえで治療を

受けるよう要請しています。

スポンサードリンク

デマの発生と未知の病

1月24日に、日本国内で発生した

デマは、ツイッターなどによって

あっという間に拡散され、

多くの人が恐怖心を抱きました。

デマは不安や恐怖、差別心から

生まれ、広がります。

すべての中国人を過剰に恐れる

必要はありません。

今後しばらくは、デマが出やすい

状況であることを意識して、

「もっともらしい情報」に注意する

ことが必要だと思います。

以上、新型肺炎・コロナ

ウイルスについてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする