防衛省F4ファントム戦闘機の部品売却か?軍事愛好家ミリオタのツイッター反応は?

(出典 :https://this.kiji.is)

退役するF4ファントム戦闘機

部品を一般の人に売却する検討を

している――。

1月5日に防衛省がこんな発表を

しました。

スポンサードリンク

F4ファントム戦闘機とは?

F4ファントム戦闘機はアメリカで

開発され、1970年代のベトナム戦争

時代から活躍し続けた「西側の顔」

とも言える艦上戦闘機でした。

日本でも、アメリカ同様

1970年代から航空自衛隊で

使用されてきた機体です。

漫画『ファントム無頼』や

『エリア88』でも登場していますね。

しかしさすがに古くなって、

今回、最新鋭のF35ステルス戦闘機の

導入と入れ替えで退役が決まりました。

なぜ売却?

これまで自衛隊では、不要に

なった戦闘機は解体して

鉄くずとして廃棄してきました。

しかし、今回売却を検討している

背景には、膨張し続ける防衛費に

対し、売れるものなら売って

少しでもお財布の足しにしたい

思惑があると言われています。

自衛隊では、軍事愛好家、

いわゆるミリオタが高く

買ってくれるのではと

期待しているようです。

では、その愛好家たちはこの

ニュースをどう受け止めて

いるのか。

ツイッターよりいくつか

意見を拾ってみました。

スポンサードリンク

ニュースへの反応

値段が気になる派

第一声はやはりこれ。

そう。問題はいくらになるのか、です。

それでも自衛隊の目論見どおり、

欲しいという人はけっこういるようです。

ぜひ欲しい派

小さい部品などはお安く

手に入るかもしれませんね。

キーホルダーはいい案だと

思います。

そして「欲しい派」は、今回を

良い前例として、今後に期待する

向きもあるようです。

そしてやっぱりロマン派も

できることなら1機丸ごと

というのはやはりロマンですよね。

庭に置きたいという猛者もいました。

スポンサードリンク

オタクの夢は叶うのか

他にも、航空機でなく、戦車が

欲しい人など、ミリオタの野望は

今回のニュースでおおいに

刺激されたようです。

深刻なデフレの中で、

唯一金に糸目をつけない者、

それがオタクだということが

認知されてきたと考えると、

両者の思惑はいい感じに

合致するかもしれませんね。

以上、F4の部品売却?の

ニュースについてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする